古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

2017春のトレンド。小田切ヒロさんが教える40代のヌードな艶肌のつくり方

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/03/30 cafeglobe編集部
2017春のトレンド。小田切ヒロさんが教える40代のヌードな艶肌のつくり方 © cafeglobe 提供 2017春のトレンド。小田切ヒロさんが教える40代のヌードな艶肌のつくり方

春を迎え、メイクアイテムも季節にあわせた"衣替え"を考える時期になりました。

今年の春のベースメイクは、マットを脱して、透明感のあるヌードな艶肌が主流。顔の骨格を活かした、抑えた輝きのある素肌メイク。そして、つくりすぎないポイントメイクで全体のバランスをとるのがキーのようです。

キャリア女性のオン&アフターワーク・メイク

キャリア女性にも参考になるのが、先日ラドンナ所属の人気メイクアップアーティスト小田切ヒロさんが披露した、ヌードな艶肌のオン&アフターワークのメイク

モデルの道端ジェシカさんに施された、知的でナチュラルなオンタイムのメイクと上品な華やかさをまとうアフターワークのメイク。わたしたちもデイリーにとりいれられ、トレンドもおさえています。

© cafeglobe 提供

オンタイムのメイクは、透き通るような艶肌からほんのりと自然な血色がのぞき、内面からくる健康美を感じます。ナチュラルなピンクの口元も清潔感にあふれ、自然体で知的に仕事をこなすビューティーキャリアという印象を与えます。

© cafeglobe 提供

アフターワークは、同じ艶肌でもセミマットよりの、しっとりと落ち着いた華やかさに仕上げています。顔の骨格、輪郭が際立ちよりシャープな印象に。

目元をハッキリさせ、口元には色味と艶感が加わります。ハイエンドのレストランやホテルラウンジでも、堂々とした存在感をかもしだすメイクです。

艶肌をつくる鍵はファンデ選び

ヌードな艶肌をつくるためには、自分の肌色、肌質にマッチするファンデーション選びがキーとなります。アジア人の肌色にマッチする10色がそろう『ベアミネラル』の「ベアプロ パウダー ファンデーション」(SPF15/PA++ 、全10色 4,200円、税抜) 。

ピンク、ピンクオークル、オークル系のバリエーションから、自分の肌色が黄味がかっているか青味がかっているかを認識してから、濃淡を選びます。

© cafeglobe 提供

自分の肌にぴったりの色味が選べることに加え、特筆すべきは、重ね塗りをするほど艶やかでナチュラルにみえるヌード肌がかなう機能。パウダーを肌に塗布したときにパウダー1粒1粒の間にエアスペースができるというベアミネラル独自のフォーミュラで、重ね塗りをしたときに厚塗りにみえないのです。

オンタイムのメイクに重ね塗りするだけ

じつは小田切さんが披露したアフターワークのメイクは、オンタイムのメイクの上に「ベアプロ」を重ね塗りしています。メイク直しの時間がゆっくりととれないタイトなスケジュールに追われることも多いわたしたちには、マストハブなアイテム。

わたしも愛用していますが、成分のほとんどがミネラルとビタミンで構成されたパウダーが肌に溶けこむようになじみ、朝のベースメイクが軽い着け心地のまま 崩れることがありません。

ふっと息抜きをするときにさっとパウダーを重ねるだけで、乾燥が気にならないナチュラルなヌード肌が持続します。

トレンドをおさえつつやりすぎ感のないヌードな艶肌で、新年度をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

[ベアミネラル]

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon