古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

3月末の家計の金融資産は1809兆円、前年比2.7%増=日銀統計

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/27

[東京 27日 ロイター] - 日銀が27日に発表した2017年1─3月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は3月末時点で前年比2.7%増の1809兆円となった。現金・預金の増加や株高・円安を受けた株式など保有資産の評価額が上昇したことが背景。企業の金融資産、現預金残高は過去最高を更新した。

3月末の家計の金融資産残高は、昨年12月末の1815兆円に次ぐ過去2番目の規模となる。内訳をみると、全体の51.5%を占める現預金が同2.3%増と過去最高の伸びを記録し、残高は932兆円となった。現預金の増加は41四半期連続で、普通預金など流動性の高い資産が選好される傾向が続いている。

投資信託は同7.2%増の99兆円となり、過去最高を更新。株式も株価上昇による評価額の上昇を受けて同7.9%増の181兆円となった。

一方、家計の負債は318兆円と17四半期連続で増加。借り入れが296兆円を占めており、このうち住宅関連の借り入れが198兆円と過去最高を更新した。

企業の金融資産は同6.9%増の1153兆円。このうち現預金は同5.1%増の255兆円で、いずれも過去最高。現預金は33四半期連続で増加しており、手元資金を厚めに確保する動きが継続している。株式等も同12.5%%増の349兆円と過去最高となった。

国庫短期証券や財融債を含めた国債残高は同0.3%増の1083兆円。保有者別では、金融緩和の推進で大規模な国債買い入れを続けている日銀が427兆円と引き続き最大の保有主体。国債残高に占める保有割合は39.5%と約4割に達している。

金融機関が引き続き残高を減らす一方、海外は積み増しを継続。残高は116兆円、保有割合が10.8%となり、いずれも過去最高となった。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や共済年金など「公的年金」は1─3月期に長期国債(財融債含む)を3366億円買い越した。一方、株式を3466億円、外国証券を690億円それぞれ売り越した。

3月末の家計の金融資産は1809兆円、前年比2.7%増=日銀統計 © REUTERS 3月末の家計の金融資産は1809兆円、前年比2.7%増=日銀統計

*内容を追加します。

(伊藤純夫)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon