古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

3月米貿易赤字、予想外の縮小

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/04

[ワシントン 4日 ロイター] - 米商務省が4日発表した3月の貿易収支の赤字額は前月比0.1%減の437億0600万ドルだった。輸出入ともに減ったことが背景。市場は赤字額が445億ドルに拡大すると予想していた。

2月の数字は当初発表の435億5700万ドルから437億6000万ドルに改定された。

3月米貿易赤字、予想外の縮小 © REUTERS 3月米貿易赤字、予想外の縮小

3月のインフレ調整後の貿易赤字は599億9100万ドルで、2月の599億4400万ドルからやや増えた。

3月はモノとサービスを合わせた輸出が0.9%減の1909億8600万ドルだった。中国への輸出は1.8%減。一方、カナダとメキシコに対する輸出は、それぞれ15.8%と17.9%の増加だった。

モノとサービスの輸入は0.7%減の2346億9200万ドル。原油の値上がりを背景に輸入額はここ数カ月増えている。

地域別では中国からのモノの輸入が4.4%増の342億0500万ドル。携帯電話の輸入が増えた。政治的に問題になることが多い対中貿易赤字は7.0%増の245億7900万ドルだった。

4月27日に発表された速報ベース統計によると、年率換算で前期比0.7%増となった第1・四半期の米国内総生産(GDP)に対する貿易の寄与度はプラスでもマイナスでもない中立だった。

トランプ政権は経済成長を年率で4%まで押し上げると公言しており、貿易を重視している。

トランプ大統領はロイターに対して、北米自由貿易協定(NAFTA)を破棄することが「楽しみだ」と話していた。しかしその後に、カナダとメキシコからの再交渉の要請を受けて考えを変えた。

1994年に米国とカナダ、メキシコにより締結されたNAFTAは、3国間の関税をほとんど取り除いた。トランプ大統領や評論家は米国の雇用の大幅減少につながったと批判してきた。

*カテゴリーと写真を追加して再送します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon