古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

3~5万円で買える、4GBメモリー+64GBストレージのノートPCはこれがおススメ!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/18
3~5万円で買える、4GBメモリー+64GBストレージのノートPCはこれがおススメ! © KADOKAWA CORPORATION 提供 3~5万円で買える、4GBメモリー+64GBストレージのノートPCはこれがおススメ!

 この夏、PCを買いたい人のために、今最もお買い得だと思われるPCを紹介する本特集。お買い得PCと言えば価格のために何らかの妥協をしなければならないものだったが、それも次第に変わってきている。  安くていいものが出てきているため、少しの投資で満足行くコストパーフォーマンスの高いPCが購入できるのがこの夏の特徴だ。  本特集では、4GBメモリー+64GBストレージ以上のPC、グラフィックス機能にアドバンテージがあるPC、第7世代の新しいCPUを搭載したお買い得PC、という3つの視点でPCをピックアップ。今回は4GBメモリー+64GBストレージ以上のお買い得PCを紹介していく。 4GBメモリー、64GBストレージは“使えるPC”の最低ライン  今、売られているPCの中にはいまだにストレージが32GB以下しかないものがある。もちろん、ストレージが少なくても比較的新しいCPUが備わればWindows 10は動作し、ある程度快適に使える。  しかし実際のところ、定期的にアップデートされるという宿命を持たされたWindows 10は、ストレージが32GBや16GBという機種には大変に厳しい。  CPUの性能がいまひとつだったとしても時間をかければ更新自体はうまくいくのだが、ストレージの空き容量が足りなければ最初から更新プログラムがダウンロードできず、ぎりぎりの場合は途中でエラーになって止まってしまうこともある。  そして経験上、32GBではデータや一部のプログラムをアンインストールしても大型アップデートができないことがあった。  そこで、現時点でWindows 10のアップデートにも耐えるスペックというとストレージは64GBは欲しい。  これだけあれば数GB程度のデータの格納や、新規プログラムのインストールした程度では、大型アップデートが適用できないということはないだろう。 コスパ最強! 3万円アンダーで14型液晶搭載内部にHDD増設可能のドスパラ「Altair VH-AD3L」 ドスパラ「Altair VH-AD3L」 ドスパラ「Altair VH-AD3L」 ディスプレー背面は「Diginnos」(デジノス)のロゴが小さくあるが、真っ白でシンプルだ ディスプレー背面は「Diginnos」(デジノス)のロゴが小さくあるが、真っ白でシンプルだ  最近の最安で買えるPCの中では、まずこれを選んでおきたいのがドスパラの「Altair(アルタイル) VH-AD3L」だ。  ショップブランドということで甘く見ている人もあるかもしれないが、注目すべきはその仕上がりだ。  税込で3万円代のノートPCというと、11.6型でスペックにやや難のあるものが各社から出ているが、Altair VH-AD3Lは税込2万9999円で少し大きめの14型(1366×768ドット)の液晶ディスプレーを搭載し、しかも4GBメモリー、eMMCではあるが64GBのストレージと、筆者が考える快適に使えるスペックラインを維持している。 左側面にはフルサイズのHDMIにUSB 3.0端子が2つ、SDメモリーカードスロットなどを搭載する 左側面にはフルサイズのHDMIにUSB 3.0端子が2つ、SDメモリーカードスロットなどを搭載する 右側面はほとんど何もない。スリムに見せるデザインだ 右側面はほとんど何もない。スリムに見せるデザインだ  そして、直線的なラインと高い剛性感のあるボディーの仕上げは、低価格PCにありがちなプラスチック感がない。  14型液晶と相まって、パッと見はもう少し上のランクのPCだと思われるだろう。  プロセッサーもインテルの低価格シリーズの最新版で、開発コードがApollo Lakeこと「Celeron N3450」(クアッドコア 1.10GHz、最大2.20GHz)を搭載しており、処理性能的に大きな不満を持たずに使えるだろう。 2.5インチ HDDやSSDを内蔵できる。購入時は空っぽで、中の金属トレーが付属する 2.5インチ HDDやSSDを内蔵できる。購入時は空っぽで、中の金属トレーが付属する  特筆すべきは、サブストレージ用に2.5インチHDD/SSD(7mm厚サイズ)を追加できるベイを備えていること。たとえばデータディスクとして大容量のHDDを搭載しておけば、本体内の多くのデータを収納できる。  もちろん、バッテリーの持ちという面ではマイナスになるが、家に置いておくPCとしての利用なら問題ない。  OSやプログラムはeMMCで高速起動し、写真や動画のデータはHDDで大量保存とったことを単体でできてしまうのだから便利。画像をたくさん保存したいという高齢者のPCにも適しているのではないだろうか。 キーボードのレイアウト。日本語キーボードだが並びが少し違う キーボードのレイアウト。日本語キーボードだが並びが少し違う  ひとつだけ気になる点があるとすれば、キーボードの並び。「|」「¥」のキーが右上でなく左下にあるなど配置が普通の日本語キーボードと少し違うのだ。  スペースキーの長さなどから、一部に存在するEnterキーの形が日本語に近い英語キーボードの形状を使い、日本語キーボード化したものではないだろうか。  とはいえ、日本語キーボードのユーザーでこの並びに違和感を感じない人も多いはずで、普通の安価なノートPCとしては十分だ。 「Altair VH-AD3L」の主なスペック CPU Celeron N3450 メモリー 4GB ストレージ 64GB ディスプレー(解像度) 14型(1366×768) グラフィックス インテル HD グラフィックス 500 インターフェース HDMI、USB 3.0×2、SDメモリーカードなど バッテリー駆動時間 7.9時間 本体サイズ/重量 幅340.6×奥行き237×高さ25.5mm/1.6kg 約5万円でもスペック充実なモバイルPCデル「Inspiron 11 3000」 デル「Inspiron 11 3000」 デル「Inspiron 11 3000」 液晶背面。中央にDELLのロゴがあるが、比較的小さめ 液晶背面。中央にDELLのロゴがあるが、比較的小さめ  デルのコンシューマー向けの普及ランクのPCとして認知されている「Inspiron」シリーズ。  いつでも手頃な価格で提供されているが、その最新の11.6型ディスプレー搭載モデルが「Inspiron 11 3000」だ。 液晶が開くのはここまで。膝の上などで使う場合でも、ここまで開けば十分だろう 液晶が開くのはここまで。膝の上などで使う場合でも、ここまで開けば十分だろう  外観は丸みを帯びた形状で愛らしい印象だが、11.6型ディスプレー搭載PCとしてはちょっとだけ大きく見える。画面解像度は1366×768ドットだ。  プロセッサーはインテル「Celeron N3060」(デュアルコア 1.60GHz、最大2.48GHz)や「Pentium N3710」(クアッドコア 1.60GHz、最大2.56 GHz)といった低価格PC向けのCPU(開発コード Braswell)を搭載している。 ちょっと厚みを感じる側面。左側にはHDMI端子とUSB端子を装備 ちょっと厚みを感じる側面。左側にはHDMI端子とUSB端子を装備 右側にもUSB端子を搭載。USB 2.0となるがマウスなどをつなぐのに便利だ 右側にもUSB端子を搭載。USB 2.0となるがマウスなどをつなぐのに便利だ  本体にはフルサイズのHDMI出力を搭載。USB 3.0端子を1つ、USB 2.0端子を1つ搭載するなど、最低限の端子類も搭載しているので実用上も問題ない。 キーボードはファンクションキーも備え、ごく普通の配置だ キーボードはファンクションキーも備え、ごく普通の配置だ  同社のサイトではさまざまなスペックのものが用意されているが、おススメは4GBメモリー、128GB SSDにPentium N3710を搭載した仕様のモデル。  7月14日現在の価格は5万2898円(ウェブの割引クーポン適用で配送料と税込)。スペックや価格は曜日や時期によって変化するので若干上下すると思われるが、ストレージが高速で128GBの容量があることから、安心して快適に使うことができるだろう。  また、デルの特徴として納期が少しかかるがカスタマイズも可能。ボディカラーを赤にしたり、Microsoft Officeを搭載するなど自分用にカスタマイズが可能だ。  なお、Inspiron 11 3000には2-in-1タイプもある。Braswellの低価格CPU以外に「Core m3-7Y30」が選べるが、こちらは本特集3回目で紹介する。 「Inspiron 11 3000(エントリー・プラス)」の主なスペック CPU Pentium N3710 メモリー 4GB ストレージ 128GB ディスプレー(解像度) 11.6型(1366×768ドット) グラフィックス インテル HD グラフィックス 405 インターフェース HDMI、USB 3.0×1、USB 2.0×1、microSDカードスロットなど バッテリー駆動時間 10時間 本体サイズ/重量 幅292×奥行き196×高さ19.88mm/約1.18kg 3万円台で買える2in1の10.1型小型PCレノボ「ideapad MIIX 320」 「ideapad MIIX 320」 「ideapad MIIX 320」  画面が多少小さくても、持ち運び重視、しかもキーボードも欲しいという希望があるなら、10.1型の2in1ノートであるレノボの「Miix 320」がある。  タブレットにもなる本体とキーボードを分離でき、本体だけなら1920×1200ドット液晶で約550gのWindowsタブレットとして利用できる。  キーボードは小型化のためファンクションキーの列がなく、「ESC」と「全角/半角」が横並びで数字の並びが詰まってるなど人によっては慣れが必要だが、キーそのものはしっかり感もあり、慣れさえすれば快適に入力できると思われる。  こちらもスペック違いでさまざまなモデルがあるが、おススメは4GBメモリー、64GBストレージ搭載の「80XF0007JP」。市場価格は3万円台後半といったところだ。  CPUには Atom x5-Z8350(クアッドコア 1.44GHz、最大1.92GHz)を採用。本体(タブレット)側にはUSB Type-CやmicroHDMIといった端子を装備。キーボード側にもUSB端子が2つ用意されているので拡張性もバッチリだ。  ただし、現在のところ本製品は直販サイトで扱っておらず、極端な品薄か生産が終了している可能性がある。ただし市場在庫はまだあるようなので、量販店などをチェックしてみよう。 「ideapad MIIX 320(80XF0007JP)」の主なスペック CPU Atom x5-Z8350 メモリー 4GB ストレージ 64GB ディスプレー(解像度) 10.1型(1920×1200ドット) グラフィックス インテル HD グラフィックス 400 インターフェース USB Type-C、microHDMI、USB 3.0×1、USB 2.0×1(キーボード側)、microSDカードスロットなど バッテリー駆動時間 11.3時間 本体サイズ/重量(キーボード装着時) 幅249×奥行き184×高さ17.6mm/約1.02kg 次回はグラフィックス重視のお買い得PC  次回はグラフィックス重視の大画面ノートPCをのお買い得機種を紹介。お手頃価格でゲーム環境を整えたい、という人は注目してほしい。

3~5万円で買える、4GBメモリー+64GBストレージのノートPCはこれがおススメ!

3~5万円で買える、4GBメモリー+64GBストレージのノートPCはこれがおススメ!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon