古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

31年間の集大成――「dynabook V」に込められた開発者の“魂”

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2016/12/09
31年間の集大成――「dynabook V」に込められた開発者の“魂”: dynabook Vシリーズの最上位モデル「dynabook V82」 © ITmedia PC USER 提供 dynabook Vシリーズの最上位モデル「dynabook V82」

 東芝クライアントソリューション(以下「東芝CS」)は12月9日、新型の2in1ノートPC「dynabook V」シリーズの販売を順次開始した。

 同社(旧:東芝情報機器)が東芝からPC事業を承継してから初めてのdynabookの新モデルには、一体どのような思いが込められているのだろうか。

●31年の技術の集大成

 東芝は1985年、世界初のラップトップPC「T1100」を世に送り出した。これが、dynabookの「ルーツ」である。それ以来、「人に寄り添い、人を支える、真の『パーソナル』な存在でありたい」(東芝CSの柏木和彦取締役)という思いをベースに、dynabookは進化を続けてきた。

 dynabook Vシリーズは、2013年に発売したクラムシェルタイプのノートPC「dynabook KIRA」シリーズ、2014年に発売した7つのスタイルを持つノートPC「dynabook KIRA L93」、そして2015年に発売したピュアタブレット「dynaPad」の製品コンセプトを、今まで蓄積してきた技術をもって1台で実現したものであるという。まさに、「31年の技術の集大成」(柏木氏)なのだ。

●モビリティ

 3機種のコンセプトを1台で実現するために、dynabook Vシリーズは「モビリティ(可搬性)」と「ユーザービリティ(使いやすさ)」の大きく2点に力を注いで開発されている。

 モビリティ面で一番重要な課題となったのが、「薄く・軽く」するためのマザーボードの小型化だ。dynabook Vシリーズは、より高性能化したCPUや、最大40Gbpsで通信する「Thunderbolt 3」の実装など、マザーボードの小型化には“不利”な要素を取り入れた。それにも関わらず、2013年発売のdynabook KIRAと比較してマザーボードの面積を14%削減できている。

 部品の配置、配線の効率性、剛性――さまざまな要素のシミュレーションを重ね、3D-CTを活用しつつ3次元モデリングも実施し、よりシミュレーションの精度を高めた上でバラツキ(個体差)を含む実測確認を行うことで、Thunderbolt 3利用時の高周波信号の品質確保を実現している。

 持ち歩いて使うことが多いモバイルノートPCは、「強く」することも重要だ。そのため、設計においては主要な部品に対する応力シミュレーションも実施している。結果、CPU周辺部に物理的に大きな負荷がかかっていることが判明した。そこで、マザーボード裏側のCPU直下の部分に小さなL字板金を配置することで振動・衝撃に対する信頼性を向上した。

 持ち歩くからには、ボディーの丈夫さと軽さの両立も重要な課題となる。dynabook Vシリーズでは、100kgf(重量キログラム)の面加圧テストや、76cmの高さからの落下テストにも耐える丈夫さを実現している。また、強いストレス環境下において短期間で経年劣化の検証を行えるHALT(Highly Accelerated Life Test)を実施した上で、経年劣化で問題を起こしやすい部品を事前に改善する対策も行っている。

 この前段階でも、シミュレーションが重要な役割を果たしている。部品単位はもちろん、部品を組み合わせて製品としてくみ上げた状態での「まるごと解析シミュレーション」を実施することで、全体で丈夫さを最適化している。

 まるごと解析シミュレーションによって改善した部分の1つが、キーボードプレートとキーボードカバーだ。キーボードやパームレスト部分の剛性改善の要望は、ユーザーから多く寄せられるという。そこで応力シミュレーションを実施し、キーボード裏面のネジ止め位置を最適化し、キーボードカバーに補強リブを挿入した。この結果、キーボードやパームレスト周辺部のたわみが大幅に少なくなったという。

 外出先では、バッテリーを充電できないことも多い。そのため、バッテリーだけで「長く」使えることが重要だ。また、充電できたとしても短時間で次の場所に移動しなければならないこともある。そこで、dynabook Vシリーズではマザーボードなどの回路設計の段階から電力消費の効率化を図り、JEITA 2.0基準で17時間のバッテリー駆動を実現した。

 また、バッテリーの充電時間を確保しづらい場合の対策として、「急速充電」機能を独自実装していることも見逃せない。バッテリー残量が0%の状態から、30分で容量の約40%(駆動時間ベースでは約7時間分)まで充電できるという。

 ただし、急速充電の多用は、一般的にバッテリー寿命を短くするという“悪影響”もある。そこで、dynabook Vシリーズでは充電量に合わせて電流量をコントロールすることで、急速充電によるバッテリー寿命への影響を軽減している。

 なお、この急速充電は「汎用(はんよう)のUSB Power Delivery(PD)対応電源でも、45W以上の電力を安定して供給できるものなら利用できる」(関係者)。

●ユーザービリティ

 もう1つの柱であるユーザービリティ面も、並々ならぬこだわりがある。

 dynabook Vシリーズは、企画の初期段階から「(超低電圧版ではない)高性能なCoreプロセッサーを搭載する」(柏木氏)ことを最優先課題にしていたという。通常、コンパクトなモバイルノートPCでは、発熱や消費電力を抑えるためにTDP(熱設計電力)が4.5Wの「Yプロセッサ」を採用することが多いが、dynabook Vシリーズでは一般的なノートPCと同じTDPが15Wの「Uプロセッサ」を採用した。

 そのため、CPUなどから出る熱の処理が重要な課題となった。そこで、dynabook Vでは、HDD用の軸受技術を応用した薄型ファンを新たに開発し、本体の底面に加えて背面からも冷却用の空気を吸い込む「W吸気」とすることで放熱効率を向上した。この結果、Uプロセッサを問題なく搭載できるようになったのだ。

 また、ノートPCにおいてスピーカーの利用頻度が高まっていることもあり、内蔵スピーカーにもこだわっている。harman/kardonとバスレフ型ステレオスピーカーを共同開発し、その形状・向きやボディー内での配置に工夫を凝らした。結果、薄いモバイルノートPCとしては聞こえの良いスピーカーに仕上がっている。

 dynabook KIRA L93やdynaPadのコンセプトも合わせ持つdynabook Vシリーズの画面には、ワコムと共同開発したデジタイザーが内蔵されている。画面の表面処理とデジタイザーペン(上位機種には付属、下位機種は別売)の芯の両方を改善することで、数値上は「紙とボールペンとほぼ同等なレベル」(柏木氏)の摩擦係数を確保した。筆者も実際に書き味を確かめてみたが、確かに紙と同じ感覚で字を書いたり絵を描いたりできた。

 また、画面は映り込みの少ないノングレア(非光沢)処理となっており、特に屋外での利用時の画面の視認性が向上している。タッチ操作した際に指紋が目立ちにくくなる加工も施されている。

 文字を多く入力する職業の人間にとって“命”ともいえるキーボードは、薄型ボディーながら1.5mmのストローク(押し込み幅)を確保している。また、キートップ形状の工夫や、先述のネジ止め位置の最適化によって、良好な打ち心地を実現した。さらに、キートップの印字フォントをより見やすいものに変更している。暗所で利用する際に便利なLEDバックライト(3段階)も搭載している。

 ログインを簡略化する手段として重宝する生体認証は、全モデルで指紋認証(タッチセンサー式)に、最上位機種である「V82」はそれに加えて顔認証に対応している。特に顔認証については、Vシリーズのために薄型のカメラモジュールを新規開発している。

 東芝のPC事業が分社してから初めての新モデルであるdynabook Vシリーズは、そこかしこに開発者(技術者)の“魂”が感じられる意欲作だ。「一台で、かなえてみせる」というキャッチフレーズの通り、1台で何でもこなせるパワフルなモバイルノートPCに仕上がっている。

 一部の家電量販店では、dynabook Vシリーズの実機を展示するという。dynabookの31年間の集大成を、ぜひともその手で触れてみてほしい。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon