古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

5~7万円台で買いたい! 最新のインテル第7世代CPU搭載のPCを選ぶ

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/20
5~7万円台で買いたい! 最新のインテル第7世代CPU搭載のPCを選ぶ © KADOKAWA CORPORATION 提供 5~7万円台で買いたい! 最新のインテル第7世代CPU搭載のPCを選ぶ

 この夏、PCを買いたい人のために、今最もお買い得だと思われるPCを紹介する本特集。 今回は、せっかく選ぶなら最新性能のマシンがいい! という人のために、インテル Core プロセッサーの最新世代である“Kaby Lake”こと第7世代のCPUを搭載した機種を選んでみたい。 CPUは型番よりも世代で選ぶ!  PC選びの際、「Core i5がおすすめ」などと書いてある店をよく見るが、Core i5と言っても幅広く、2010年ごろのCore i5もあれば最新のものもある。実際は世代によって性能に大きく差があり、同じCore i5で同じような動作クロックであっても、新しければ新しいほどいい。  少し古い世代のCore i7と、最新ながらエントリー向けのCore i3では、古いほうが処理性能で優位になることもあるが、「できること」という点では新しいほうがよく、実際に長く快適に使える可能性がある。  たとえばCPU内蔵GPUは、最新世代では4K解像度の表示に対応するが、少し古いものでは非対応となる。このように、CPUの処理性能以外の部分で進化しているため、できればより新しい世代のものを選んでおきたい。  そこで、少しでも新しい世代がいいということで、今回は現時点での最新世代である開発コード“Kaby Lake”こと第7世代Core プロセッサーを搭載するPCに限って選んでみたい。  Kaby LakeのCPUは、Core i3/i5/i7では7000番台が該当する。たとえばCore i3-7100UであれあればKaby Lakeとなる。 6万円台で買えるKaby Lake搭載2in1ノートデル「Inspiron 11 3000 2-in-1」 デル「Inspiron 11 3000 2-in-1」 デル「Inspiron 11 3000 2-in-1」 ディスプレー背面。デルのロゴが中央にあるが、基本的にシンプル ディスプレー背面。デルのロゴが中央にあるが、基本的にシンプル  ノートPCと言えばモバイルマシンという人にとって、今は本当に選択肢が多く、コレという機種のない時代になってしまった。  ライトなウェブの閲覧程度ならタブレットPCでいいのだが、外で何らかの作業をするならキーボードが欲しい。常にテープルのあるところで作業する人はタブレット派生の2in1ノートPCを、電車移動中に膝の上で作業するならクラムシェル型ノートPCを選ぶのがいいだろう。  その上で、性能が必要ならCPUはKaby LakeのCoreプロセッサーという具合だ。  デルの「Inspiron 11 3000 2-in-1」は、ディスプレーを360度開くことでタブレットとして使うことができ、電車の中で膝乗せ利用もできるPC。  すでに2016年に旧Atom派生のCeleron N3060を搭載して登場しているが、後からKaby Lake世代のCore m3-7Y30(デュアルコア 1GHz、最大2.60GHz)を搭載して性能アップした機種が追加された。  しかも、価格はCore m3、4GBメモリー、128GB SSDを搭載して6万3480円(2017年7月19日現在。クーポン利用、税・配送料込)と、最新プロセッサー搭載機としては手軽に手を出しやすい価格だ。 インターフェースはInspiron 11 3000とほぼ同じ。フルサイズのHDMIやUSB 3.0、microSDカードスロットなどがある インターフェースはInspiron 11 3000とほぼ同じ。フルサイズのHDMIやUSB 3.0、microSDカードスロットなどがある 左にあるのが電源ボタン。やや分かりにくい場所にある 左にあるのが電源ボタン。やや分かりにくい場所にある キーボードの並びは一般的なもの。タブレット変形したときはディスプレーの背面側に露出する形になるため、キーが無効となる キーボードの並びは一般的なもの。タブレット変形したときはディスプレーの背面側に露出する形になるため、キーが無効となる  実際にはInspiron 11 3000 2-in-1は、第1回で紹介した「Inspiron 11 3000」をベースとしているようで、360度開き以外の外見はほぼ同じ。  機能面では、タッチパネルを搭載する点が異なるのと、CPUにCore m3-7Y30が搭載できるのは2in1モデルとなる。  もともとエントリー機種なので、外見に高級感というものはないが、コーナーに丸みを帯びたところなどは愛らしさと優しさも感じられ、好みという人もいるはずだ。カラーは赤と白が選べるが、どちらもポップな印象で悪くない。  性能はCore m3-7Y30を搭載するだけに、旧Atom派生のCeleron N3060やPentium N3710よりも動作が軽い印象。  もちろん、Core m3-7Y30は高性能というほど性能が高いわけではないが、その反面ファンレスの本体で発熱も少なく利用できる。 「Inspiron 11 3000 2-in-1(3179)」の主なスペック CPU Core m3-7Y30 メモリー 4GB ストレージ 128GB SSD ディスプレー(解像度) 11.6型(1366×768) グラフィックス インテル HD グラフィックス 620 インターフェース HDMI、USB 3.0、USB 2.0×2、microSDメモリーカードスロットなど 本体サイズ/重量 幅291.3×奥行き201.9×高さ20.9mm/1.21kg フルHDの15.6型液晶+光学ドライブ搭載で約7万円!日本HP「Pavilion 15-au100」 日本HP「Pavilion 15-au100」 日本HP「Pavilion 15-au100」  買いやすい価格帯のノートPCだからこそ、最新CPUを選んでおきたい。日本HPの「Pavilion」シリーズのノートPC「Pavilion 15-au100」は15.6型液晶を搭載するスタンダードノートPC。   Core i3-7100U(デュアルコア 2.40GHz)、4GBメモリー、500GB HDDを搭載したモデルが6万9660円(2017年7月19日現在。税・配送料込)となっている。 USB×2(2.0と3.1)、ヘッドフォン端子、スーパーマルチDVDドライブを搭載 USB×2(2.0と3.1)、ヘッドフォン端子、スーパーマルチDVDドライブを搭載 SDメモリーカードスロットとUSB 3.1、HDMI出力、有線LAN端子を装備 SDメモリーカードスロットとUSB 3.1、HDMI出力、有線LAN端子を装備 キーボード部。テンキーも搭載している キーボード部。テンキーも搭載している  ディスプレーは高精細なフルHD(1920×1080ドット)解像度で、15.6型の大画面も有意義に利用できる。  また、光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)が内蔵となっているのはありがたい。せっかくPCを購入する以上、過去のデータやCDやDVDでしか供給されないデータ、市販のCDやDVDソフトの視聴など、光学ドライブの内蔵はぜひおさえておきたいポイントだ。  なお、ボディカラーはホワイトとゴールドの2色が選択可能。購入は同社の直販サイトのほか、価格比較サイトなどからそのサイトからだけで頼める特別仕様なども用意される。 「Pavilion 15-au100(15-au101TU)」の主なスペック CPU Core i3-7100U メモリー 4GB ストレージ 500GB HDD ディスプレー(解像度) 15.6型(1920×1080) グラフィックス インテル HD グラフィックス 620 インターフェース HDMI、USB 3.0×2、USB 2.0、有線LAN、SDメモリーカードスロットなど バッテリー駆動時間 約7時間15分 本体サイズ/重量 幅384×奥行き250×高さ24.5mm/2.14kg デスクトップPCにもお買い得機がありレノボ「ideacentre 510S」 レノボ「ideacentre 510S」 レノボ「ideacentre 510S」  これまでノートPCばかり紹介してきたが、最新CPUであれば、しっかりと机に座り、大きな画面、さらに複数の画面、そしてお気に入りのキーボードでガンガン使いたい、という人もいるだろう。  そうなるとデスクトップPCもおススメだ。最近はノートPCに対して価格の優位性もあり、ビデオカードなどの拡張性などを求めるならデスクトップPCになる。  デスクトップPCの選び方としては、ノートPC以上にCPU、メモリー、ストレージのスペックでだいたい相場が決まっているものなので、その中からブランドの信頼度を加味して選ぶのがいいだろう。  中でもレノボの「ideacentre 510S」(90GB0046JP)は、Core i5-7400(クアッドコア 3GHz、最大3.50GHz)、8GBメモリー搭載で 5万5577円(2017年7月19日時点、クーポン利用、税込)となかなかお得。  コンパクトなボディーは置き場所にあまり困らない上、PCI Express x16やPCI Express(×2)といった拡張スロットも搭載。 ビデオカードの増設も可能だ。  ただし、高性能GPUを搭載するビデオカードを増設する場合は、拡張スロットのサイズや電源容量が問題になる。そして、電源容量もただ数値が大きいだけでなく、信頼できる電源かどうかも問題になる。  高性能のビデオカードを希望する場合は、最初から搭載しているPCを選ぶのが無難だ。 「ideacentre 510S(90GB0046JP)」の主なスペック CPU Core i5-7400 メモリー 8GB ストレージ 1TB HDD 最大出力解像度(HDMI/VGA) 4096×2160ドット/1920×1080ドット グラフィックス インテル HD グラフィックス 630 インターフェース HDMI、VGA、USB 3.0×4、USB 2.0×4、有線LAN、7-in-1メディアカードリーダーなど 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ 本体サイズ/重量 幅90×奥行き297×高さ344mm/5.2kg この夏、PCを買い替えてみては?  ここまでで紹介してきたとおり、意外と高性能なPCが手の出しやすい価格になってきている。もし、3年以上前のPCをいまだに使い続けていてパフォーマンスに不満がある、というのならこの夏はPCを買い替えるチャンスかもしれない。

5~7万円台で買いたい! 最新のインテル第7世代CPU搭載のPCを選ぶ

5~7万円台で買いたい! 最新のインテル第7世代CPU搭載のPCを選ぶ
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon