古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

7つのスタイルで楽しめる変幻自在なPC「dynabook KIRA L93」

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2014/06/13 (C)KADOKAWA CORPORATION
7つのスタイルで楽しめる変幻自在なPC「dynabook KIRA L93」 © KADOKAWA CORPORATION 提供 7つのスタイルで楽しめる変幻自在なPC「dynabook KIRA L93」

独特の構造が特徴の「dynabook KIRA L93」 独特の構造が特徴の「dynabook KIRA L93」  折りたためるクラムシェル型でありながら、ヒンジの動きを変化させてタブレット的に使えるコンバーチブルノートPCという分野がある。さらに、ディスプレーとキーボードではなく、タブレットとキーボードをクラムシェル風に使えるデタッチャブルPCという分野がある。この双方の特性を持ち合わせた独特の構造を持つ「dynabook KIRA L93」は、7つのスタイルに変化するPCだ。  なお、今回は発売前段階で作られたサンプル機を試用している。基本的な構造は販売されるものと共通するはずだが、細かな部分は販売版と違っている可能性もあるのでご注意いただきたい。 キーボードを使うノートPC風とデスクトップPC風  形状が変化するマシンの中でも、「dynabook KIRA L93」の7スタイルはかなり多い。どういう形で7つのスタイルを主張しているのか、まずは1つずつ追って見ていこう。最初にチェックするのは、キーボードの役割が重要な2スタイルだ。  1つ目は、キーボードを接続したまま使うノートPCスタイルだ。このまま閉じればクラムシェル型の端末と同じ雰囲気になる。試用機ではヒンジの動きが固くしっかりしており、キーを強めにタッチしてもディスプレーがぐらつくことはなかった。  ヒンジ部がキーボード側に残ってタブレットが分離する形ではなく、キーボード奥の平らな部分までがディスプレー側、つまり本体側の延長パーツとなる。分離する時にはキーボードそのものだけが外れる形だ。そのためヒンジ部は純粋なヒンジであり、華奢さもゴツさもない。折りたたんで持ち運ぶ際も、サイズが約幅319.9×奥行き227.0×高さ16.9mmとスリムなため扱いやすかった。 ノートPCスタイル。ディスプレーを閉じればスリムなクラムシェル型になる ノートPCスタイル。ディスプレーを閉じればスリムなクラムシェル型になる  2つ目は、その分離部分からキーボードを取り外して使うデスクトップスタイルだ。キーボード側は別途充電池を搭載しており、本体から切り離してもある程度の距離まで通信を保つ。つまりタブレットとワイヤレスキーボードという組み合わせだ。  ヒンジが360度回転するため、キーボード奥のパーツを逆方向へ軽く折り曲げると、そこを足としてタブレット部が立ち上がる。ヒンジが適度に固く、自由な角度で設置できる。キーボードを手前側に離して置き、利用するというイメージだ。これをデスクトップPCスタイルとしている。  小型ノートPCの場合、画面の小ささやキーボードの狭さが問題になるが、小さな画面と狭いキーボードがくっついているというのも使いづらい要因のひとつ。ディスプレーが低く近い位置にあるせいで、不自然な形で覗き込むようになってしまうからだ。しかしこのデスクトップPCスタイルならば、見やすい位置までディスプレーを離し、ほどよい角度で設置できる。しかもキーボードは自分に近く、楽な姿勢で利用できるというわけだ。 キーボードとディスプレーを離して設置するデスクトップPCスタイル キーボードとディスプレーを離して設置するデスクトップPCスタイル (次ページ、「人に見せるための3スタイル」に続く) 人に見せるための3スタイル  キーボードをつけたままではあるが、キーボードそのものの使い勝手はそれほど重視せず、相手にディスプレーを見せる使い方を想定するスタイルが3つある。  1つ目は、本体をテーブル等に置いたままヒンジを180度開いて、キーボードとディスプレーをひらくフラットスタイルだ。ディスプレーを見せつつ、自分で何か操作したい時に利用したい。タッチディスプレーのため、相手に適宜タッチで操作してもらいつつ細かな操作はキーボード側から行なう、というような使い方だ。 誰かに見せながら操作するのに便利なフラットスタイル 誰かに見せながら操作するのに便利なフラットスタイル  2つ目は、そこからヒンジを持ち上げるようにしてディスプレーを回し、端末の両端をテーブルにつけて置くテントスタイルだ。映像再生時など、見ることを主体にしたスタイルだろう。キーボードは支えるためのパーツでしかなくなるが、安定感があり、タッチ操作もしやすい。 映像再生等に向いた安定感のある置き方のテントスタイル 映像再生等に向いた安定感のある置き方のテントスタイル  3つ目は、デスクトップPCスタイルと同じ本体の置き方だ。キーボードを切り離した状態で、キーボード側のパーツを足として使うスタンドスタイルということになる。用途はテントスタイルと同じだろうが、置き方としてはこちらの方がよりスリムでスマートだ。狭いスペースで利用したい場合によいだろう。キーボードを必要としないため、キーボードを持ち歩かない場合も手放しで安定した置き方ができるのが良い。 キーボードなしでもしっかり置けるスタンドスタイル キーボードなしでもしっかり置けるスタンドスタイル (次ページ、「タッチで使うタブレットスタイルと、ペンを使うキャンバススタイル」に続く) タッチで使うタブレットスタイルと、ペンを使うキャンバススタイル  当然のことながら「dynabook KIRA L93」にも、ディスプレー部のみを使うタブレットスタイルがある。キーボードを切り離し、キーボード側に残ったパーツを裏側に折りたためばタブレットというわけだ。ディスプレー部背面には当然段差ができる。この段差を残念ととるか、便利なものととるかはユーザー次第だろう。実際に使ってみると、持つための手がかりにもなり、段差はそれほど気にならなかった。 キーボード側に残ったパーツを裏側に折りたためばタブレットスタイルに キーボード側に残ったパーツを裏側に折りたためばタブレットスタイルに  最後の1スタイルは、タブレットにする時折りたたむ部分を短い脚として使う置き方だ。ちょうど、スタンドスタイルをひっくり返して置くというイメージになる。これはキャンバススタイルと名付けられている。たしかに低い位置でゆるい角度がつけられた状態は、画板のような感覚だ。タッチ操作もしやすいが、付属のデジタイザーペンで細かな文字を書いたり、絵を描いたりしたい時にはこのスタイルが向いているだろう。 付属のデジタイザーペンを使って細かい文字を書いたり、絵を描いたりしたい時向きのキャンバススタイル 付属のデジタイザーペンを使って細かい文字を書いたり、絵を描いたりしたい時向きのキャンバススタイル  タブレットを使っていると、べったりと平らに置いた状態では意外と使いづらいことに気づく。スタンドで支えるか、手で軽く起こした状態で使う人が多いのではないだろうか。ヒンジ部で切り離さず、キーボード側の中途半端な部分で切り離す「dynabook KIRA L93」だからこそ可能なスタイルだが、タッチ対応でありデジタイザー搭載という特性に合った置き方だ。  7つもスタイルがあると「実際に使い物になるのは数個のみ」なんてこともありうる。しかし「dynabook KIRA L93」の場合はきちんとそれぞれに使い道があった。  次回からは具体的な使い勝手やインターフェース周り、付属アプリケーション等について紹介しよう。 製品の主なスペック 製品名 dynabook KIRA L93 CPU Core i5-4210Y(1.50GHz) メモリー 8GB(8GB×1) ディスプレー タッチ対応13.3型WQHD(2560×1440ドット)LED液晶 グラフィックス インテル HD グラフィックス 4200 ストレージ 128GB SSD 通信機能 IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0 インターフェース USB 3.0×2、HDMI出力端子(4K対応) 光学式ドライブ ― バッテリー駆動時間 約9時間/JEITA2.0、約10.5時間/JEITA1.0 本体サイズ/重量 約幅319.9×奥行227.0×高さ16.9mm/約1.75kg(キーボード非装着時:1.35kg) OS Windows 8.1 Update(64ビット) Office Office Home and Business 2013 ■関連サイト 東芝ダイレクト Toshiba Direct×ASCII.jp

7つのスタイルで楽しめる変幻自在なPC「dynabook KIRA L93」

7つのスタイルで楽しめる変幻自在なPC「dynabook KIRA L93」
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon