古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ACIDMAN、新井浩文が新曲「愛を両手に」MV出演 “父親を亡くした男”演じる

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/01 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 ACIDMANが、2017年2月8日にリリースするシングル表題曲「愛を両手に」MVを使用したトレーラーを公開した。 動画はこちら  同曲はバンド史上初となるドラマ仕立てのMVとなっており、主演を務めるのは、数多くの映画、ドラマに出演する俳優・新井浩文。ACIDMAN大木伸夫と新井浩文は15年来の友人で、大木のオファーに新井も即快諾したという。その新井が演じるのが“父親を亡くした男”で“父親”を演じるのは俳優・石橋蓮司。監督は、2010年以降ACIDMANの楽曲全てでMVを手がける盟友・柿本ケンサクが担当している。(リアルサウンド編集部) <新井浩文コメント> 友達の作品ということで気合いが入りました。

次はオーちゃん(大木伸夫)と一緒に演技してみたいですね。

<ACIDMAN/大木伸夫コメント> 新井浩文は、言葉やセリフもないのに一つの演技だけで絵になる、本当に凄い役者だとあらためて思いました。

実際は、自分の祖母が亡くなった時に作った楽曲ですが、監督と相談して、父親が亡くなったというシチュエーションに変え、なんと石橋蓮司さんまで出演して頂き、これまでのACIDMANになかったドラマ仕立ての素晴らしいMVになっています。

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon