古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AI、天海祐希主演刑事ドラマ『緊急取調室』に主題歌書き下ろし

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/22 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 AIが、4月20日よる9時より放送の木曜ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)第2弾の主題歌を担当する。 (関連:「みんながみんな英雄」ヒット、武道館公演成功…AIの充実した1年 2017年は新たな“伝説”作る?)  AIが天海祐希の主演ドラマに主題歌として楽曲を書き下ろすのは今回が初。また、刑事ドラマの主題歌を担当するのは、2010年に木曜ドラマ『警視庁継続捜査班』(テレビ朝日系)の主題歌を担当して以来、7年ぶりとなる。  同ドラマは、天海祐希が“真実を追い求めるプロの取調官”を演じ、好評を博したドラマ『緊急取調室』の連続ドラマ第2弾。「魂のこもった、心に響く内容に相応しい女性ボーカルを求めている」というドラマサイドのイメージを元に、今回の主題歌が実現した。主演の天海祐希の姿を重ねあわせ書き下した楽曲「最後は必ず正義が勝つ」は、世の中の理不尽さを感じながら、それでも立ち上がる勇気を後押しする社会派アンセムに仕上がっている。  なお、AIは、昨年末に総勢36組に及ぶコラボアーティストとの楽曲を収録したベスト盤『THE FEAT. BEST』リリースを記念した『AI Presents “伝説NIGHT Ⅱ”』の開催を控えており、久保田利伸、Zeebra、AK-69、THE BAWDIES、加藤ミリヤ、青山テルマなどのアーティストのほか、今後も追加出演者を発表する予定だ。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon