古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AIですべてのSaaSがスマートに、先端技術が簡単に使えるOracle Cloud

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/10/04
AIですべてのSaaSがスマートに、先端技術が簡単に使えるOracle Cloud: Huskies TicketBotのデモ画面 © ITmedia エンタープライズ 提供 Huskies TicketBotのデモ画面

 米国時間の10月3日、「Oracle OpenWorld San Francisco 2017」は、日曜夕方のオープニングイベントから3日目を迎え、IaaSからPaaS、SaaS、さらにはData as a Servicea(DaaS)に至るまで幅広いサービスを提供する「Oracle Cloud」にスポットライトが当てられた。また、午後には恒例となっているラリー・エリソン会長兼CTOが再登場する基調講演も行われ、AIを活用し、高度に自動化されたセキュリティとマネジメントのためのクラウドサービスを披露した。

●だれでもブラウザさえあればソフトウェアのパワーを

 午前の基調講演では、製品開発を統括するプレジデント、トーマス・クリアン氏が登場、「だれでもどこでもブラウザさえあれば簡単にソフトウェアのパワーを活用できるようにするのがOracle Cloudだ」とし、40年の歴史を誇るデータベースやアプリケーションこそがAmazonを筆頭とするライバルたちへの差別化ポイントだとアピールした。より高速なCPUやGPU、ストレージ、ネットワークといった優れたインフラをサービスとして提供するのはもちろんだが、AIのPaaSやそれが組み込まれたビジネスアプリケーションこそが、企業にとっては最先端のテクノロジーでビジネスを変革し、競争力を高め、成果を上げていく近道だ。

 クリアン氏の基調講演は、架空のプロバスケットチーム、Huskiesがファンとの絆を深め、チケット売り上げだけでなく、食事やグッズの販売でも成果を上げていくというストーリーに沿って進められた。

 Huskiesは「TicketBot」と呼ばれるチケット予約のためのチャットボットを導入している。熱心なHuskiesファンのジェーンがテレビで試合を観戦中、次はホームのアリーナに出掛けて応援したくなる。

ジェーン「次のゲームはいつ?」

TicketBot「ジェーンさん、金曜日です。今なら150ドルから200ドルで良いシートがあります」

 AIが機能し、試合の日時だけでなくプロファイルに応じてチケットまで提案、さらに「VIPの顧客には、10ドルの追加で食事をシートまで届けます」と畳みかける。

 ワイン好きの彼女は、どんなワインがあるのか聞き、提案された幾つかのリストから好みを見つけ、チケットと合わせて注文する。

 こうしたAIによる自然言語処理やレコメンデーションの機能は、PaaSとして活用できるほか、ERPからSCM、HCM、CRMと幅広いアプリケーションに組み込まれ、SaaSとして最先端のテクノロジーを簡単に利用することもできる。

 「アプリケーションはビジネスルールに基づいてプロセスを自動化するが、AIで機械学習させることによってビジネスルールを補完したり、入れ替えたりすることができる。調達先の選定や価格の設定はアルゴリズムによって賢くなり、人事においても最適な雇用と配置がアドバイスされる。OracleのSaaSはAIがシームレスに組み込まれ、どんどんスマートになっていく」とクリアン氏。

 もちろん、AIが正しいレコメンデーションを導き出すには、高い品質のデータが必要だ。

「ソーシャルで何を話し、どんなサイトを閲覧し、何を購入しているのか、ジェーンさんに似た女性がどんなパターンで行動しているのか、AIが魅力的なオファーを行うにはそうした質の高いデータが欠かせない」(クリアン氏)

 Oracleは、1500のデータプロバイダーと200以上のデジタルメディアからデータ提供を受け、30億人の個人と4億社のプロファイルを作成、プライバシーを侵害しない形で利用できるようにしたData as a Service(DaaS)の「Oracle Data Cloud」にも力を入れている。

 「アプリケーションはいずれコモディティになるとみている。それが扱う中身、つまりデータこそが競争優位の源泉になる。意味のないデータではAIも上手く機能しない。ビジネスの成果を上げる質の高いデータを提供するのが、Oracle Data Cloudだ。膨大なデータを上手く扱えるのもOracleだけ」とクリアン氏。

 明日水曜日が、買収に伴って今年から傘下に入ったNetSuiteの基調講演ということもあり、この日の午後の基調講演は、事実上のクロージングセッションとなった。オープニングに続き、2度目の基調講演となったエリソン氏は、サイバー攻撃から大切なデータを守るには、初日にぶち上げた自律型のデータベースと高度に自動化されたセキュリティサービスが必要だとし、膨大なログデータをクラウドで統合し、解析する業界初のクラウドセキュリティサービスを売り込んだ。

 「国家が関与した大規模なサイバー攻撃によって米国民の約半数の個人情報が流出、また、2000万人に上る連邦職員のデータも盗まれた。Amazon vs. Whole Foods Marketのような同業同士の戦いではない。もはやサイバー戦争だ。企業のリーダーは深刻に受け止め、優先度を上げてサイバーセキュリティ対策に取り組むべきだ」とエリソン氏。

●米国はサイバー戦争に負け続けている

 この日、エリソン氏が披露したのは、高度に自動化されたサイバーセキュリティとマネジメントのためのスイート、「Oracle Identity Security Operations Center」と「Oracle Management Cloud」だ。いずれも既に提供されているものだが、さまざまな機器のログを管理するSIEM(Security Informaiton and Event Management)や、ユーザーとシステムの振る舞いを監視するUEBA(User and Entity Behavioral Analytics)の機能が強化された。オンプレミスやAmazonのクラウド環境も含む、すべてのログデータをクラウドに統合、正規化やカテゴリー化を行い、それらを機械学習させてコンテキストに沿った形で不正をリアルタイムに検知する。自律型データベースのOracle Database 18cとの組み合わせでは、修正パッチをすぐに適用、人手を介さず自動で脆弱性を塞ぐところまで行えるようになるという。

 「米国はサイバー戦争に負け続けている。企業リーダーはサイバー攻撃の脅威を深刻に受け取め、セキュリティ対策の優先順位を上げて取り組むべきだ。修正パッチが公開されても、次の定期メンテナンスまで放置しているようでは、大切なデータは守れない。今こそこれまでの戦略を見直すべき時であり、さらなる自動化が求められている」(エリソン氏)

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon