古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AKB総選挙、指原断トツ、高橋3位・小嶋4位、W松井は苦戦?ネット調査より予想

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/05/26 Cyzo
© Cyzo 提供

 人気アイドルグループ・AKB48の37枚目シングル曲(8月発売予定)の選抜メンバーなどを決める「第6回AKB48選抜総選挙」の投票受付が5月20日からスタートし、翌21日には投票速報(中間発表)が発表された。速報では昨年の総選挙で首位だった指原莉乃が首位に立ち、2位には渡辺麻友(昨年3位)、3位には松井珠理奈(同6位)がランクイン。一方、昨年選抜メンバー(1~16位)に選ばれた小嶋陽菜(同9位)が17位、渡辺美優紀(同15位)が25位と選抜メンバー圏外になるなど、早くも波乱の様相を呈しつつある。

 昨年の総選挙でも、速報結果と最終結果で順位の一部に大きな差が生まれたが、最終的に選抜メンバーに選ばれるのは誰になるのだろうか。そこで今回、インターネット調査最大手・マクロミルの協力の下、速報結果を踏まえてどのメンバーを最も支持するか、全国の1000人にアンケートを実施した。その調査結果から最終順位を占ってみよう。

 ・調査期間:5月22日(木)~5月23日(金) ・調査方法:インターネット調査 ・調査対象:マクロミルモニタ会員 合計1000人(20代~60代の各年代層男女100人ずつ) <調査結果>

Q.アイドルグループ・AKB48のシングル曲の選抜メンバーを投票で選ぶ「AKB48選抜総選挙」の投票受付が5月20日に始まり、21日には速報が発表されました。あなたはどのメンバーを最も支持しますか?

※()内順位は速報順位

 1位:指原莉乃 356票(1位) 2位:渡辺麻友 140票(2位) 3位:高橋みなみ 106票(13位) 4位:柏木由紀 61票(4位) 4位:小嶋陽菜 61票(17位) 6位:二村春香 49票(14位) 7位:山本彩 41票(7位) 8位:島崎遥香 40票(5位) 9位:峯岸みなみ 27票(41位) 10位:宮澤佐江 24票(16位) 11位:松井珠理奈 23票(3位) 12位:松井玲奈 15票(6位) 13位:横山由依 14票(12位) 14位:塚本まり子 11票(立候補せず) 15位:川栄李奈 7票(45位) 16位:渡辺美優紀 6票(25位) 16位:須田亜香里 6票(18位) 18位:兒玉遥 4票(10位) 19位:梅田彩佳 3票(36位) 20位:北原里英 2票(15位) 21位:高城亜樹 1票(64位) 21位:柴田阿弥 1票(8位) 21位:松村香織 1票(9位) 21位:森保まどか 1票(11位)

<解説>

●1位:指原莉乃 356票(1位)

 本調査でも指原が速報と同様に1位を獲得。しかも、こちらの調査では2位の渡辺麻友にダブルスコア以上の差をつけており、一般層からの支持は圧倒的。特に60代男女においては過半数の支持を獲得しており、高齢者からの支持が抜きん出ている。

 支持の理由については「九州出身で憎めない性格、少しボケている感じが好感」(40代男性)と指原のキャラクターを挙げるコメントのほかに、「メディアの影響力が大きい」(40代男性)、「メディアでの登場が多く、親しみを感じるから」(40代女性)、「テレビの出演が多くて、人気者で、センターを任せられる」(40代男性)と、メディアでの活躍を評価するコメントがみられている。

●2位:渡辺麻友 140票(2位)

 これまで総選挙で1位を獲得したことがない渡辺麻友。「今年こそは」というファンの期待は年々膨らんでいくが、6回目となる今回の総選挙も2位からのスタートに。一般層からは、20代女性で22%と高い支持率を獲得している一方、60代からの支持に苦戦している様子だ。

 渡辺を評価する意見として最も特徴的なのは、彼女の持つ「アイドルらしさ」。「アイドルとして完璧。熱愛報道もなく、アイドルを突き通しているから」(20代女性)、「品があるし、このメンバーの中で一番華がある」(50代女性)、「センターに最もふさわしい人物であり、いいかげん1位になってほしい」(20代男性)などというコメントが見られている。また、そのかわいさに胡座をかくことなく、「努力している感じがある」(40代男性)という姿勢も評価を集めるポイントだ。

●3位:高橋みなみ 106票(13位)

 今回の調査で、最も一般層からの支持と速報結果が食い違っていたひとりが高橋みなみ。速報結果では13位と、やや苦しい滑り出しとなったが、一般層からの支持率では3位にランクインしている。特に、40代女性で23%、50代女性で16%と、女性層からの支持が高くなっているようだ。

 支持の理由としても、やはり総監督としてのリーダーシップを評価する声が圧倒的。「AKBの総監督としてがんばってきたのだから、1位を取らせてあげたい」(40代男性)、「中心的な存在感があり、メンバーからの信頼もある」(50代女性)、「今のAKB48をつくってきた初期メンバーでありキャプテン。たかみな【編註:高橋の愛称】には1回は1位になってほしい」(20代男性)などと、これまでの彼女の活動に敬意を払ってセンターポジションに立ってほしいという気持ちがにじみ出ている。

●4位:柏木由紀 61票(4位)

 AKB48の中でも「アイドルらしさ」という点では渡辺麻友と双璧をなす柏木。しかし、一般層のうち、60代男女で10%を超える支持を得ていながら、20〜40代女性では2〜4%と、渡辺麻友とは真逆の結果になっている。

 支持理由としては「競争心を見せずにがんばっている」(20代女性)、「プロ意識が高い神対応の元祖」(50代男性)といったアイドルとしての姿勢を評価する声に加え、「これまで不祥事を起こしたことがないから」(20代女性)と、クリーンなイメージを評価する意見もみられた。

●5位:小嶋陽菜 61票(17位)

 例年、速報から最終結果で順位を大きく上げていく「スロースターター」として知られており、今年も速報では17位という位置につけている小嶋陽菜。本調査でも5位にランクインしており今後の伸びには十分期待できるだろう。美容専門誌「MAQUIA」(集英社)の専属モデルとしても活動しているため、20~30代女性の支持も多い。

 支持理由でも、やはり小嶋の美しさを魅力として支持する声が多数。「男性だけでなく、女性にとってもすごいキレイに見える」(20代女性)、「美人だしいろんな場面で活躍してる。女性からも好かれている」(20代女性)といった意見がみられている。

●その他

 速報結果では3位を獲得している松井珠理奈は今回の結果では11位、速報6位の松井玲奈も12位と、SKE48の顔となる2人の魅力は、一般層にはまだ浸透していない様子。また、今回の総選挙には立候補していないが、「大人AKB」として期間限定で活動する塚本まり子さんが14位にランクインし11票を獲得。「主婦パワーを見せつけてほしい」(30代女性)、「2児の母親で頑張ってるから」(40代男性)と同世代からの支持を集めており、AKBの新たなファン層を広げているようだ。

 6月7日の開票まではあと2週間を切り、速報結果を受け、自身が推すメンバーの順位を上げるためにファンたちの動きも活発化している様子だが、果たして最終順位はどのようになるのか、ファンのみならず多くの人々の注目を集めている。

 投票権は、総選挙の候補対象となるAKB48とその姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48の各種ファンクラブ会員に加え、AKB48の36枚目シングルCD『ラブラドール・レトリバー 』(キングレコード)購入者などに与えられる。

 6回目となる今年の「AKB48選抜総選挙」は、昨年に続いて立候補制度が採用され、史上最多の総勢296人が参加。得票数1位となったメンバーは37枚目シングル曲でセンターポジションを務めることになり、1~16位のメンバーは同曲を歌う選抜メンバーとなる。なお、投票受付の締め切りは6月6日午後3時で、翌7日には味の素スタジアム(東京)で開票イベントが行われ、順位付けは昨年の64人から80人に拡大される。(文=加茂萩太/ライター、協力=マクロミル)

※画像は昨年の「第5回 AKB48選抜総選挙」開票イベント後の会見(撮影=岡崎隆生)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon