古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AKB48グループで胸キュンバトル制したのは? 渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、宮脇咲良ら激突

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/15 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の2月15日放送分にて、「AKB48グループ対抗 Kyun-1グランプリ 後半戦」の模様がオンエアされた。 (参考:「AKB48グループ対抗 Kyun-1グランプリ」前半の模様はこちら)  先週に引き続き放送された「Kyun-1グランプリ」では、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の代表メンバーが出演し、カワイイNO.1をグループを決める胸キュンバトルを開催。MCをウーマンラッシュアワーの村本大輔と中川パラダイス、同企画の審査員をGO!皆川、武井壮、光文社エンタテインメント編集部編集長・青木宏行が務めた。  はじめに、「バレンタインデー 胸キュンタイムアタック」と題して、憧れの先輩の家でのホームパーティーという設定で、先輩が思わず胸キュンする行動や発言をする企画にAKB48・入山杏奈、SKE48・須田亜香里、NMB48・渋谷凪咲、HKT48・朝長美桜、NGT48・加藤美南が挑戦。企画への意気込みを聞かれた渋谷は「1つ技があって、誰をも虜にするウィンク」とウィンクを披露し、会場を沸かせた。実際に、企画がスタートすると須田が「私、恋愛禁止なんです。だから、これ(お酒)飲んで酔ってる間だけ、恋人のフリしてくれませんか」と胸キュンするセリフを発言するも、審査員からは不合格の札が上がり、村本から「場生のスナックじゃないんだから」と言われ、笑いが起こっていた。  続いて「ささやき アオッキーチャンス」と題して、審査員を務める編集長・青木の耳元で胸キュンするひと言をささやく企画を実施。最初の挑戦者であるAKB48・小嶋菜月が「今日もみんなに可愛い可愛いって言って、嫉妬しちゃうよ? だって私、青木さんのこと大好きだもん」とささやくと、青木から「これヤバイ」と高評価を獲得。NGT48・高倉萌香は「おじいちゃん、お金ちょうだい」と耳元でささやき、その言葉にショックを受けた青木が椅子から転げ落ちたものの「でも、かわいい」と評価し、スタジオに笑いが起こった。  最後の企画は「エースが狙う!! 百獣の王に胸キュンアタック」。武井壮が考えたシチュエーションで最もキュンとさせたメンバーを決める企画で、各グループのエースが出演。AKB48・渡辺麻友、SKE48・松井珠理奈、NMB48・山本彩、HKT48・宮脇咲良、NGT48・山田野絵が紹介されると、山田の前に来た村本は「何しとんねん! エースは北原(NGT48・北原里英)さんじゃないの」とツッコみ、北原は「妥協です」と回答。すると、山田は「底力をみなさんにぶつけたいと思います」と宣言し、「ねぇ、恥ずかしい」と抱きつかれた宮脇は困った表情に。この最後のステージでは、48ポイントの得点が与えられることがアナウンスされ、北原は「終わった」とすでに諦めモードに入っていた。  武井が考案した「タイムが伸びなくて落ち込んでいる時の陸上部マネージャーのひと言」というシチュエーションでは、山本が「大丈夫、100m4秒は十分早いって」というセリフにスタジオメンバーからも笑いが起こり、「自信がない時こそ自信をつけさせてあげたい」とその発言の意図を説明。すると、中川が「本当に100m4秒出てたんですか」と尋ね、山本は「冗談ですよ! そういうところがNMB48なのかなって。NMB48らしい戦い方をしたいなって思って」と話し、渋谷が「今年で1番笑いました」とコメントした。  最後に挑戦した山田は、武井の胸ぐらをつかみ、殴りとばす仕草をしたあとに、うつ伏せになった武井の上に足を乗せ、「テメェ、そんなんで百獣の王って言えんのか。大丈夫だ、俺に任せろ、心配ないさ〜」と発言する。村本から「山田、今の気持ちはどうですか?」と聞かれた山田は「緊張した〜」と涙をこぼすも、その後笑いながら「頑張った!」と笑顔になり、中川から「情緒不安定やん、情緒どうなってんねん」と突っ込まれ、笑いが起こった。  番組では、見事、山田が1位に輝き、NGT48が優勝する結果となった。次回2月22日放送回では「人気芸能人が本気で友達探し」をオンエア予定だ。 (向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon