古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AKB48 チーム8 倉野尾成美、ウーマン村本に不信感 「本当、人として無理」

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/21 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の12月21日放送分では、AKB48メンバーによる『私服ファッション対決』が行われた。同企画は、審査員にAKB48から入山杏奈、カリスマショップ店員のぺえ、元パリコレモデルのIVANを招きクリスマスコーデによるファッション対決を行うもの。 (関連:指原莉乃、グラビアでの“ギリギリな境界線”を明かす 「TバックNG、丸出しOK」)  小栗有以、樋渡結依による妹キャラ対決では、「好きな男の子の家でクリスマスホームパーティー」がファッションテーマとなった。先攻の小栗は、テーマのクリスマスに合わせたダッフルコート、ホームパーティーで動きやすいチェックのボトムス、ニットとイヤリングには“ふわふわ”で合わせ、ヘアーにはカチューシャを身につけた。後攻の樋渡は、ガーリーさを演出するミルキーピンクのコートを着衣。コートを脱ぐと、“純白の雪ウサギ”に変身する被りものアイテムを備え、ホームパーティーでのコスプレスタイルに変身した。  審査前には、小栗が樋渡に向かい「普通の高校生はこの服は着てこない」と主張。対する樋渡は小栗に「『赤』は自信がある人じゃないと着られない」とアピールするも、樋渡の大胆なコスプレスタイルにほかメンバーから総ツッコミが入った。審査に入ると2対1で樋渡が勝者に。MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔が罰ゲームである炭酸ガスのホースを手に持つも、推しメンである小栗に向けて放出することができず、メンバーからクレームが上がった。  以前から小栗をひいきする村本に対してただならぬ不信感を持つ倉野尾成美は、村本に対して「本当、人として無理と思いました」と人間性を否定。村本はショックを受けたのか黙り込んだ。  IVANは小栗のファッションに「テーマが『サンタ』だったらこの服装でOK」と述べ、樋渡には「自身を貫いていて、オールホワイトでスタイリングは完璧」とコメントした。ほかにも、岡部麟、中西智代梨による「地方出身対決」、込山榛香、谷口めぐの「15期生同期対決」が行われた。次週は「島崎遥香卒業スペシャル」が放送される予定だ。 (向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon