古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AMD、単精度最大13.7TFLOPSの処理能力を実現したハイエンドGPU「Radeon RX Vega 64」

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/07/31 16:28
AMD、単精度最大13.7TFLOPSの処理能力を実現したハイエンドGPU「Radeon RX Vega 64」: 【その他の画像】 © ITmedia PC USER 提供 【その他の画像】

 米AMDはこのほど、「Vega」GPUアーキテクチャを採用した新「Radeon RX Vega」ファミリー3製品の発表を行った。

 Vegaアーキテクチャの最上位となる「Vega 10」を採用するグラフィックスカードで、ラインアップは56基の新型Compute Unitを備える「Radeon RX Vega 56」、64基のCompute Unitを備える「Radeon RX Vega 64」「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」の3製品を用意。単精度の浮動小数点演算性能は、Radeon RX Vega 56が10.5TFLOPS、Radeon RX Vega 56が12.66TFLOPS、Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Editionが13.7TFOPSをそれぞれ実現している。

 販売開始は2017年8月14日で、グラフィックスカード単体販売のほか、液晶ディスプレイ割引クーポンなどを含むセットパックの「Radeon Pack」も用意される(上位のRadeon RX Vega 64 Liquid Cooled EditionはRadeon Packでの販売のみとなる)。

 単体カードの販売価格はRadeon RX Vega 56が399米ドルから、Radeon RX 64が499米ドルから。セットパックモデルの販売価格は、Radeon RX Vega 56を備える「Radeon Red Pack」が499米ドル、Radeon RX Vega 64を備える「Radeon Black Pack」が599米ドル、Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Editionを備える「Radeon Aqua Pack」が699米ドルとなっている。

 このほか、ハイエンド市場向けとなるRyzen Threadripperプロセッサ3製品もあわせて発表した。ラインアップは、16コア(32スレッド)搭載の「Ryzen Threadripper 1950X」、12コア(24スレッド)搭載の「Ryzen Threadripper 1920X」、8コア(16スレッド)搭載の「Ryzen Threadripper 1900X」の3製品で、2017年8月10日より販売開始の予定となっている(Ryzen Threadripper 1900Xのみ8月31日の予定)。米国販売価格はそれぞれ999米ドル/799米ドル/549米ドルだ。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon