古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Apple、開発者向け会議「WWDC 2017」を6月5日〜9日に開催

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/02/17
Apple、開発者向け会議「WWDC 2017」を6月5日〜9日に開催: WWDC 2016はサンフランシスコで開催された © ITmedia Mobile 提供 WWDC 2016はサンフランシスコで開催された

 Appleは、開発者向け会議「WWDC 2017」を、2017年6月5日から9日に開催する。2017年はサンフランシスコでなく、サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターでの開催となる。

 開発者向けのチケットは今春から申し込みを開始する。イベントの様子は、開発者向けWebサイトや、iPhoneやApple TV向けのWWDCアプリからライブストリーミングで視聴できる。

 WWDC(World Wide Developers Conference)は、Apple製品の開発者向けに開催されているイベントで、基調講演、交流会、セッションなどで構成される。ここで毎年、Apple製品の次期OSや新プラットフォームなどが披露される。2016年のWWDCでは、Apple Watch向け「watchOS 3」、Apple TV向け「tvOS」、Mac向け「Sierra」、iPhoneやiPad向け「iOS 10」、またiPadでSwiftのプログラミングを学べる「Swift Playgrounds」が発表された。

 Appleはプレス向けの案内で「お客様がiPhoneやiPad、Apple Watch、Apple TVそしてMacで毎日使うアプリケーションを生み出すインスピレーションを与える場となります」と述べており、上記デバイスの新OS発表が期待される。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon