古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Apple、iOSやMacなどの深刻な脆弱性を多数修正

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/03/28
Apple、iOSやMacなどの深刻な脆弱性を多数修正: 「iOS 10.3」では計70件の脆弱性を修正した © ITmedia エンタープライズ 提供 「iOS 10.3」では計70件の脆弱性を修正した

 米Appleは3月27日に公開したiOSやmacOS、Safariなどの更新版で、深刻な脆弱性を多数修正したことを明らかにした。

 Appleのセキュリティ情報によると、iPhoneやiPad向けの「iOS 10.3」では計70件の脆弱性を修正した。細工を施したWebページや音声ファイルなどのコンテンツを使って任意のコードを実行できてしまう深刻な脆弱性も多数含まれる。

 Apple Watch向けの「watchOS 3.2」と、Apple TV向けの「tvOS 10.2」でも、iOSなどと共通する脆弱性が修正された。

 Mac向けには「macOS Sierra 10.12.4」のほか、OS X El Capitan(10.11.6)とYosemite(10.10.5)向けの「セキュリティアップデート2017-001」が公開された。脆弱性は、ApacheやPHPなどのコンポーネントに存在するものも含めて計127件に対処している。

 Webブラウザ更新版の「Safari 10.1」では、WebKitの脆弱性を中心に38件が修正された。macOS SierraおよびEl CapitanとYosemite向けのセキュリティアップデートには、Safariの更新版も含まれる。

 他にも「Pages 6.1」「同 3.1」、「Numbers 4.1」「同3.1」、「Keynote 7.1 for

Mac」「Keynote 3.1 for iOS」が公開され、iWorkから移植されたPDFのパスワード保護に脆弱な暗号が使われていた問題に対処している。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon