古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Apple直営店のロゴが赤く染まる

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2016/12/01
Apple直営店のロゴが赤く染まる: リンゴが赤く染まる日 © ITmedia PC USER 提供 リンゴが赤く染まる日

 エイズデー支援10年目となる今年は、世界エイズデーの認知度を上げるため、12月1日から12月5日の5日間に渡り、表参道、銀座、名古屋栄、心斎橋、福岡天神の各ストアでロゴがライトアップされます。

 また、アクセサリの(PRODUCT)REDカラーを購入すると、売上の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に直接寄付されることはご存じでしょうか? 今回iPhone 7 Smart Battery Case、iPhone SE Case、Beats Solo 3 Wireless、On-Ear Headphones、Pill+ Portable Speakerの4製品で新たに(RED)カラーが加わり、本日販売が始まりました。

 それらを含め、もしApple製品や関連アクセサリを買う予定があるなら、Apple直営店でApple Payを使って購入してみてはいかがでしょうか? 12月6日までの期間限定で、合計100万ドルに達するまで、1項目あたり1ドルが寄付されます。Apple Payデビューのきっかけにもぴったりです。

 さらにApp Storeでは特設ページが公開され、12月6日まで限定版のカスタム(RED)コンテンツが対象のゲームアプリ内で提供されます。アプリ内課金の収益もすべて「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付されるとのこと。

 Apple銀座では世界エイズデーを記念し、フォトウォークイベントが開催されました。コースはApple銀座から築地川銀座公園、銀座四丁目を回る往復約3キロの行程。6名の参加者はゆっくり街歩きをしながら、(RED)カラーの赤にあわせた「赤いもの」を撮影しました。

 撮影した写真はSNSでシェアすることで、世界エイズデーの認知向上に貢献します。私も取材しながら、松屋銀座入り口のポインセチアを撮ってシェアしました。みなさんも今日赤いものを見つけたら、ハッシュタグをつけてぜひSNSにあげてみてくださいね。

 (RED)に集まったお金は、母親から胎児へのHIV感染を予防するARV治療を提供するプログラムを始め、カウンセリングや検査、予防の資金となります。Appleが(RED)とのコラボレーションを始めた10年前、毎日約1200人の赤ちゃんがHIVに感染した状態で生まれていましたが、2020年までにはこの数がゼロ近くになり、2030年までにはエイズの撲滅が可能だと予測されています。

 命を救う治療に必要な費用は、1日たった30セント(約34円)。1ドルあれば、命を救う医薬品を3日分届けられます。対象のゲームで遊んだり、Apple StoreでApple Payを使って支払いをしたり、PRODUCT(RED)のアクセサリを買ったりすることで、エイズとの戦いに参加してみませんか?

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon