古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Apple Watch Series 3発売先行レビュー

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/09/20
Apple Watch Series 3発売先行レビュー: 新たにセルラー通信モデルが追加されたApple Watch Series 3。セルラーモデルはデジタルクラウン(リュウズ)の先が赤くなっているのが特徴だ(Photo by 保井崇志) © ITmedia PC USER 提供 新たにセルラー通信モデルが追加されたApple Watch Series 3。セルラーモデルはデジタルクラウン(リュウズ)の先が赤くなっているのが特徴だ(Photo by 保井崇志)

 Apple Watchに第3世代目となるSeries 3が登場した。より高性能で、それでいて省電力坂の上り下りなどで上下移動が分かる新センサーの搭載も目を引くが、最大の目玉はやはりセルラーモデルが追加されたことだろう。

 これはApple Watchにとって大きな転換点だ。スマートフォン依存を軽減し、iPhoneなしでもほぼ1日過ごせる。さらにはあなたの健康状態を学習し、見過ごしていた身体の危険信号を教えてくれるかもしれない。既に腕時計業界で売上高世界1位となったApple Watchだが、これからはますます手放せない人が増えていきそうだ。

●スマホ漬けからの解放:デジタルダイエットを提案するApple Watch

 Apple Watch Series 3は、この製品のターニングポイントとなるモデルだ。だからこそ、まずは改めて製品の元来のコンセプトを振り返りたい。

 初めての携帯電話を手にして「いつでも、どこでも」つながることの便利さと安心感を知ったとき、多くの人はもう後戻りはできないと思ったのではないだろうか。しかし、時代は流れ、これが世界の日常になると少し変化が出てくる。仕事でも遊びでも1日中、スマートフォンの画面を見ている人が増え、恋人や友だちとの食事中もスマホをいじっている人、「歩きスマホ」で人に迷惑をかける人、自ら怪我をしてしまう人たちもいる。

 便利だったはずの「いつでも、どこでも」は、いつのまにか情報中毒を引き起こし、我々の日常から「何もしない時間」の豊かさを奪っていった。

 Apple Watchは、元々、そうした情報への過剰依存から人々を解き放ち、精神と肉体のバランスを再調整しようと誕生した。既にあった他社のスマートウォッチの多くは、さらなる「便利さ」と「新機能」の追加を売りにしていたが、Apple Watchはその逆でむしろ便利さと情報を間引くことが目的だったのだ。

 iPhoneがとなりの部屋やカバンの中にあっても、大事な連絡があればApple Watchが腕をトントンと叩いて教えてくれる。だからこそ、iPhoneと少し距離をおいた状態でも安心していられる。そんな適度な距離感を助けてくれる製品として作られている。もちろん、それ以外にも役割はある。

 どうせ腕につけっぱなしにするなら、日々の生活の中で運動量やそれに対する身体の反応(心拍数)を記録し、悪影響のある座り過ぎを注意したり、ストレスが溜まる前に深呼吸を促したりと、身体のメンテナンスも行なってくれる。

 Apple Watchの画面は小さいが、マイクやスピーカーを内蔵し、Bluetoothヘッドフォンにもつながるので、電話がかかってきたときに慌ててiPhoneを探さなくても、いったんApple Watchで電話を受けて、必要ならiPhone経由に通話を切り替えられる。Apple Watchを使っている人は、部屋から部屋へ移動するときに、いちいちiPhoneを充電ケーブルごと持ち歩く必要から解放され、必要な時だけ取りに戻るという使い方に徐々に移行しているはずだ。

 iPhone依存度がさらに低くなってくると、iPhoneを自宅に置いたままApple Watchだけを腕にはめてジョギングや散歩に出かける人も出てくるかもしれない。Apple Watchは、Wi-FiやBluetoothでiPhoneと接続できなくなっても、単体で運動量を記録したり、あらかじめApple Watchにダウンロードしていた音楽を(ワイヤレス)ヘッドフォン経由で再生したり、Apple PayのSuicaで飲み物を買ったりすることはできる。

 ただ、これまでのApple Watchでは、大事な仕事の電話は帰宅して着信履歴を見ないと分からないし、ジョギングで遠出しすぎて道に迷っても単体ではインターネット接続ができないので、地図の表示や帰宅ルートの検索ができなかった。そこで切望されていたのが、iPhoneに頼らず単体でも通話・通信ができるセルラーモデルだ。Apple Watch Series 3では、まさにそれが追加された。

 例えば、家にiPhoneを置きっぱなしで、Apple Watchだけを身につけて出かけたジョギング先でも、腕を上げて「Hey Siri、自宅までのルート」と話しかければ、腕に現在位置を表示してどの方向に向かえばいいかを示してくれる。そして自宅に向かって走り始めると、画面を見なくても、腕をトントンっとノックするそのリズムで曲がる方向を教えてくれるのだ。

 バッテリー動作時間は平均的使用で18時間。そのままどこかへふらりと旅に出かけて1泊する、というわけにはいかないが、いつも通りきちんと家に帰るつもりならiPhoneなしでも、とりあえず重要な用事はApple Watchでこなすことができる。

 長文メールには向かないものの、音声認識などを使ってメールの返信を書くこともできるし、SMSやiMessage、LINE、Facebookメッセージの送受信も可能だ。Twitterもツイートすることこそできないが、気になるツイートの表示ならできる。凝ったインターネット検索は、製品の本来の目的に反するのであえてできなくしてあるが、Siriを使った音声命令で画像検索やWikipediaで概要を調べることはできる。

 画面も小さいし、見る姿勢も辛いからこそ、やり過ぎない程度に、適度に今日のデジタルコミュニケーション社会につながっていられる――それがApple Watchだ。

 最近、情報への浸かりすぎをやめるために、スマートフォンやパソコンから離れて数日を過ごす「デジタルデトックス」が流行っている。だが、無理して一時期だけやめてみても、その間、心配やストレスが溜まるし、終わったらすぐまた情報漬けのリバウンドが起きてしまっては意味がない。それよりは、Apple Watchを使って日々のスマートフォンとの距離感そのものをリバランスしていったほうが精神的にも肉体的にもいいのではないか。

 登場直後のiPhoneには、そんな側面が少しあった。画面も小さかったし、性能も劣っていたので、できることが限られていた。だから、長々としたメールに短文で返信をしても、その末尾に「iPhoneから送信」と入っていれば、それが1つの免罪符になっていた。しかし、今ではスマートフォンも画面が巨大化し、人々は1日中メッセージを送り合って長文の入力に慣れてしまった人も多い。

 Apple Watchは腕につけるという利用形態からして、今後もそれほど画面が巨大化することはない。そういう意味では、人の身の丈に寄り添ったデジタルデバイスだからこそ、適度なデジタルとの関係性、つまり「デジタル完全カット」ではなく、低デジタルな生活を促す「デジタルダイエット」で、日々の生活のバランスを取り戻してくれる。

 セルラーモデルの登場で、この情報依存度を抑えた低デジタル量生活の提案が、ますます大きな安心感と説得力を持つようになった。

●背景にはIoTのあり方に一石を投じる通信方式

 ここまで説明してきたように、Apple Watch Series 3最大の目玉はセルラー通信機能だ。

 実はセルラー通信内蔵のスマートウォッチは決して新しくはない。既にAndroidWear技術の製品ではたくさんの先例がある。だが、そうした製品の多くは、ただスマートフォンを小型化したようなものだ。「小さくして腕につけられるようになったからスマートフォンの2台持ちも楽でしょう」という提案になっている。

 もちろん、最近のスマートフォンで利用されるほとんどのデータは、クラウドに保存されているので、連携はきちとんとできているし、それ以外にも相互の連携機能はある。しかし、どのAndroidスマートフォンとも併用ができる(ものによってはiPhoneとも連携できる)ために、よく言えば柔軟性があるが、悪く言えばツギハギのような連携になっていることが多い。

 特にそう感じるのはセルラー通信の部分だ。基本は小型化したスマートフォンなので、携帯電話同様にSIMカードを入れて個別の電話番号、個別の回線契約を割り当てる。月々の電話料金も2回線分支払うことになり、スマートウォッチだけで外出するときには、スマートフォンへの着信を、スマートウォッチの電話番号に転送設定して使う。

 これに対してAppleは通信業界的に見ればかなりユニークな、でもユーザーの目から見れば真っ当なアプローチを取っている。

 Apple WatchはiPhoneとペアリングをして使う分身のような存在なので、1つの電話回線の契約、つまり同じ電話番号でiPhoneとApple Watchの両方で通話/通信ができるようになっている。

 Appleは日本の御三家を含む世界の主要電話会社20社とこの交渉をし話をまとめた。これにより日本では、ユーザーは月々のiPhoneの通信料金に数百円の追加料金を加えるだけで、Apple Watch Series 3単体でiPhoneと同じ番号で電話を受けられるようになる。

 面倒な転送設定も不要ならば、2つ電話番号分の電話料金を払う必要ももない(この特殊な通信方式のため、格安SIMなどで3社以外の電話会社でiPhoneを使う人は、電話会社の対応を待たねばならない)。筆者は今回試用したApple Watchをソフトバンク契約のiPhoneとペアリングした。

 新iPhoneでは、AirPods同様にApple Watch本体をiPhoneに近づけるだけで自動的にBluetooth接続が行われ、そこから両者のペアリングを開始する。ペアリング作業の1ステップにモバイル通信の設定があるが、これを行うとiPhone画面上にソフトバンクの特設Webページが表示され、そこで電話番号とパスワードを入れ、いくつかの項目に答えると設定が完了する、という流れだった。Apple Watch Series 3の中にはeSIMと呼ばれる書き換え可能なSIMカードが入っており、先の操作でソフトバンクのiPhone用のSIM情報がApple Watchに複製されているのだろう。

 ちなみにモバイル通信機能を内蔵したApple Watchではあるが、BluetoothやWi-Fiでの接続に比べて、遠くまで電波を飛ばす3G通信やLTE通信はバッテリーの消耗が大きい。そこでBluetoothやWi-Fi通信でiPhoneと接続されている間は、極力モバイル通信をせずにiPhone経由で通話/通信を行う仕様になっている。この接続方法の振り分けは基本全自動でユーザーがどの方式で接続するか指定することはできない(iPhone側で機内モードやWi-Fi、Bluetoothのオン/オフを切り替えて強制するしかない)。

 いずれにしても、Appleはこうした形でApple Watchのバッテリーにも、通信事業者の回線にも、そして利用者の月額利用費にも負担の小さい形で、1回線契約の複数端末利用というIoTの新しい利用形態をグローバルな形で実現した。

 ただ、ハードとソフトを作るだけではなく、ユーザーの使い勝手を何よりも優先し、時には世の中の仕組みにまでメスを入れるという、まさにAppleならではの大きな視点のものづくりを目指したのがApple Watch Series 3セルラー通信機能なのだ。

●デジタルダイエットで変わる生活。人生が変わる人も

 短いレビュー期間、実際にSeries 3を試せたのはほんの数日だが、iPhoneを使わず、Apple WatchとBluetoothヘッドフォンだけで過ごす1日はどこか清々しい。

 最初は少しだけ不安もあるが、標準機能で急ぎの電話やメール、メッセージへの簡易な対応も一応できるし、Suicaを使った電車の乗車も、周辺施設の検索や目的地までのナビも利用できる。

 さらに、App Storeから追加した愛用アプリ「駅.Locky」で、次の電車が発車するまでの残り時間を確認したり、航空会社アプリで飛行機に搭乗したり、Keynoteプレゼンテーションのスライドをめくったり、Shazamで街で耳にした気になる音楽の曲名を調べたり、Yahoo!防災速報で今あった地震の震度を確認したり、Siriを使って「今日の日没時間」や「次の予定」などを調べることもできる。

 ちなみに、Siriについては高性能なS3プロセッサを搭載したおかげで、これまでのような文字表示だけでなく、一部だけだが音声でも教えてくれるようになった。なのでジョギング中にいちいち腕をのぞき込まなくても、AirPodsをちょんと叩いて(他のヘッドフォンではSiri呼び出しボタンを押して)質問し、そのまま音声で答えを知ることができる。

 もちろん、あらかじめApple Watchにダウンロードしておいた音楽をヘッドフォンで楽しむこともできる(ちなみに、しばらくすればダウンロードしていない曲もApple Music登録利用者は同サービスに登録された4000万曲を好きなタイミングでセルラー通信経由で聴けるようになる)。

 Apple Watch Series 3によって、iPhoneがあったからこそ可能だと思っていたデジタルライフスタイルの快適さを一通り満喫しながら、画面を見る回数は明らかに減り、周囲の景色や人々の姿を楽しむ余裕もあるのだ。

 座り過ぎていると1時間に1回「立ちましょう」と促してくれるし、黙って仕事に集中し続けていると「ひと息つきましょう」と深呼吸を提案してくれるし、さらにそのときに心拍数がどう変化したかも記録してくれる。

 Apple Watch Series 3で標準の基本ソフト、watch OS 4では、この心拍数の記録がさらに細かくなり、10分毎の心拍数の記録に加え、数分間安静にしているときの安静時心拍数や歩行時の心拍数、ワークアウト中、深呼吸中の心拍数を区別して記録し、心拍変動(HRV)という心臓の鼓動の間隔の変化も記録をつける。心拍の鼓動は常に変化し続けるものだが、急激な変化があった場合は、それが脳梗塞など生命の危機につながる可能性もある。Appleは現在、スタンフォード大学医学部と連携し、Apple Heart Studyというイニシアチブをスタート。世界で最も売れている腕時計、Apple Watch利用者の情報を元に心疾患をなくそうと取り組み始めている。

 ちなみにwatch OS 4では、安静時に突然心拍数が高まった場合に、それを身体の異常としてユーザーに危険信号の通知を行う機能が既に搭載されている。

 Apple Watchと言えば「アクティビティ」機能、つまり座り過ぎを防いだ回数を指標とする「スタンド」の他、歩いた歩数や消費カロリーが指標の「ムーブ」、身体にある程度の負荷がかかる動きを測る「エクササイズ」の3つを計測し、それを毎日完成すべき3つのリングとして表示する機能が人気だ。watch OS 4では「あと10分早起きすれば達成できます」と言った具合に、リング達成を励ます機能や友だちとリングの状態を共有して競い合う機能が追加されている。また、リングが完成したときついつい見たくなるかっこいいアニメーション表示が加わり、精神だけでなく肉体の健康をもたらす腕時計としてもさらなる進化を遂げている。

 もちろん、さらに積極的に自分を鍛えたい人のために、GPSと新たに搭載した高度計センサーの組み合わせでランの記録をつけたり、最近、流行しつつある高強度のインターバルトレーニング(HIIT)の記録にも対応した。ランやトレイル、サイクリング、水泳などさまざまなエクササイズの経過をそのときの心拍数とともに記録してくれる。

 また、しばらくすればトップブランドのジム用マシンとタッチ操作で連携し、マシン側で測定したデータをApple Watchに取り込めるようになる。車椅子の利用者も、設定を変えればきちんとセンサーの計測方法を最適化して運動量を測定してくれる。

 Apple Watchは世界トップクラスのスポーツウォッチでもあるのだ。

 精神と肉体の両方の健康を促し、時には命に関わる状態を通知して知らせてくれる。Apple Watchは多くの人々の一生を変えるデジタル機器としての可能性を秘めている(Apple Heart Studyが成果として機能に組み込まれ始めればなおさらだろう)。

 iPhone同様に、さまざまな障がいを持つ人にもしっかりと寄り添う設計で、旧製品でも視覚障害者らの生活には大きな変化をもたらしている(参考記事:iPhoneよりも人生を変える、Apple watch)。

●Series 3は、まだファッショナブルか!?

 Apple Watchと言えば、有名なエルメスとのコラボモデルの他、米国のCOACH、日本でもsacaiやANREALAGEといったファッショニスタが注目するブランドと本数限定のコラボバンドを展開して、ファッションアイテムとしても注目を集めている。

 人気の秘密は、1本の時計が、その日の気分やスタイルに合わせて、フェース(文字盤)の見た目を変えたり、バンドを簡単に取り替えたりすることができる点だ。

 会社へはドレッシーな革バンドをはめて出社し、夜のジムではエクササイズ用のスポーツバンドに着替える、といったことが簡単にできるため、最近ではエルメスのコラボモデルも全バンドにペアのスポーツ用バンドを同梱している。

 Apple非公認のバンドもかなりあり、筆者もパリの有名セレクトショップ、コレットで数種類買ったものを含めると、既に金属バンドのミラネーゼループから、レザーバンド、3色のスポーツバンドと2色のナイロンバンドなど10種類を超えるバンドのコレクションができあがりつつある。ドレスコードで色が指定されているパーティーなど、TPOに合わせてバンドを着替えられる点も、Apple Watchを身につける楽しみの1つだ。

 今回Appleは、Series 3と同時に新しいスポーツループというバンドを発表した。これは通気性が高いソフトなナイロン製で、金具を使わず(Appleはこう呼ぶのを嫌っているようだが)ベルクロと同じ機構で留める構造になっている。このため従来のスポーツバンドよりもフィット感は高く、はるかに軽量だ。明るい蛍光色からシックな色まで8種類のカラーバリエーションが用意され、価格もこれまでのスポーツバンドと同じ5800円と手ごろなので1本持っておいても損はない。

 ただ、Apple Watchをファッションアイテムとして見たとき、少し気になるのがSeries 3セルラーモデルのリュウズ(デジタルクラウン)だろう。セルラーモデルでは、それを示すためにリュウズの先が赤く塗られている。かなり主張の強い赤なので、それが自分のそろえたバンドに馴染むか否かは気になるところだろう。もっとも、エルメスもあの赤いリュウズを受け入れてセルラーモデルを販売しているし、何本か試して見た筆者のバンドでもアクセントにはなっているが、それほどじゃまになっているとは感じなかった。

 どうしても気になる人は、ぜひともApple Storeやその他の販売店に愛用のバンドを持ち込んで相性を試してみるといいだろう。

 一方、文字盤もwatch OS 4では、さらに種類が増えている。大人気の喋るミッキーマウス、ミニーマウスの文字盤で衣装のカスタマイズが可能になったのに加えて、同じディズニーキャラとしてトイストーリーの人気キャラクターがアニメーション表示される文字盤も追加された。ちょっとサイケデリックな万華鏡の文字盤も加わっている。

 だが、実用性重視でいうと注目すべきはSiri文字盤だろう。これはAppleがMac、iPhone、iPadそしてApple Watchを横断する形で開発しているAIベースのインテリジェントなアシスタント機能で、ユーザーが今、必要としているであろう情報を予測して表示してくれる。短期間のレビュー中に目にしたのは、現在地周辺の天気や次の予定、その次の予定、日没時刻や明日の天気といった感じだが、今後、ここにどんな情報が表示されるようになるのかがなんとも楽しみだ。

 Apple Watchは、10年前に始まったスマートフォン普及の波によって、行き過ぎてしまった情報過多なデジタルライフスタイルをもう一度見直し、精神や肉体が持つ本来のキャパシティに適した形へ整える“デジタルダイエット”のデバイスだ。Series 3では、セルラー通信の内蔵により、デジタルダイエットをさらに大勢の人々に浸透させるターニングポイントとなることだろう。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon