古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

auのジュニアスマホ「miraie f」が1月20日発売 “子供っぽくないデザイン”でGoogle Playも利用可能

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/01/11
auのジュニアスマホ「miraie f」が1月20日発売 “子供っぽくないデザイン”でGoogle Playも利用可能: 画像:ITmedia © ITmedia Mobile 提供 画像:ITmedia

 KDDIと沖縄セルラー電話は1月11日、京セラ製Androidスマートフォン「miraie f(ミライエ フォルテ)」を1月下旬から全国で発売することを発表した。

 miraie fは、ジュニア(小学校高学年〜中学生)向けスマートフォン「miraie KYL32」の後継機種で、約2年ぶりの新モデルとなる。

 Web・アプリのフィルタリング機能は、学齢を合わせるだけで自動設定できるようになった。端末の利用時間制限設定もバージョンアップし、利用制限中も利用できるアプリを設定できるようになった。アプリの利用状況を見やすい画面で確認できる「アプリ利用チェッカー」も新たに搭載した。

 防犯ブザーボタンはユーザー(子供)からのフィードバックをもとに位置を変更し、より押しやすく調整を施している。防犯ブザー機能は新たに「ココセコム」の通報サービスに対応した。

 子供が成長しても引き続き使えるように、ボディーはあえて「子供っぽくない、大人が持っても違和感のないデザイン」(関係者)とし、「『Pokemon GO(ポケモンGO)』を始めとするゲームアプリを追加したいという声に応える」(同)ため、新たに「Google Play」にも対応した。Google Play自体に利用制限をかければ、従来のmiraieと同じように使うこともできる。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 425」(CPU部は1.4GHz 4コア)メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBを備える。外部ストレージはmicroSDHC(最大32GB)に対応する。ディスプレイは4.7型HD(720×1280ピクセル)のTFT液晶を搭載している。

 バッテリー容量は2600mAhで、Quick Charge 2.0に準拠した急速充電が可能だ。外部接続端子はUSB Micro-Bとなっている。アウトカメラには1300万画素、インカメラには200万画素のCMOSセンサーをそれぞれ備えている。

 OSはAndroid 6.0をプリインストールしている。

●実機画像

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon