古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AWSを突き動かした「なぜVMwareといっしょにやらないのか?」の声

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/01
AWSを突き動かした「なぜVMwareといっしょにやらないのか?」の声 © KADOKAWA CORPORATION 提供 AWSを突き動かした「なぜVMwareといっしょにやらないのか?」の声

 VMwareは、Amazon Web Servicesとの協業により、VMware Cloud on AWSのサービスを開始すると発表した。2017年8月28日から、米ラスベガスで開催された「VMworld 2017」における最大のトピックスであり、VMwareのパット・ゲルシンガーCEOは、「顧客が本当に望むクラウドを、望む手法で構築できるようにする。両社の協業はまだ始まりにすぎない」と語った。VMworld 2017では、報道関係者を対象に、VMwareのゲルシンガーCEOとAmazon Web Servicesのアンディ・ジャシーCEOによるQ&Aセッションが行なわれた。その様子をレポートする。(以下、敬称略) VMwareのゲルシンガーCEOとAmazon Web Servicesのアンディ・ジャシーCEO VMwareのゲルシンガーCEOとAmazon Web Servicesのアンディ・ジャシーCEO AWSに移行するために既存の資産をすべて捨てなければならないのか?  今回のVMware Cloud on AWSの発表は、2016年10月に発表された戦略的提携をもとに進められたもので、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、セキュリティのすべてを単一スタックとして統合したVMware Cloud Foundationを活用し、柔軟性に優れたAWSインフラのベアメタル上で稼働させる。エンタープライズ向けのSoftware-Defined Data Center(SDDC)ソフトウェアをAWS上に展開することで、顧客はVMware vSphereベースのプライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドの環境において、AWSサービスを利用しながらアプリケーションを稼働させることができる。■関連記事究極のハイブリッドクラウド「VMware Cloud on AWS」がいよいよ開始 サービスはまず米オレゴンにあるデータセンターを活用し、米国西部リージョンで提供が開始される。日本では、来年のサービス提供が見込まれている。VMware Cloud on AWSは、VMwareのパートナーを通じて販売・サポートされることになり、企業のIT担当者は、慣れ親しんだVMwareのツールを用いて、クラウドベースのリソースを管理できる。――VMwareとの新たな関係において、AWSにはどんなメリットがあるのか。AWS ジャシー:この協力関係はAWSでも熟考を重ねた結果、スタートしたものである。AWSには顧客が求めているものを提供するという基本姿勢がある。Netflixが、すべてのシステムをAWSに移行するなど、エンタープライズ企業でも全面的にクラウドを活用する例が出ているが、クラウド環境におけるエンタープライズアプリケーションの活用はまだ始まったばかりだ。クラウドへの移行プランを策定している企業が増えるなか、彼らから言われるのは、「なぜ、VMwareと一緒にやらないのか」というものであった。多くのリソースを割いて、エンタープライズアプリケーションのさまざまなツールを開発し、さらに運用もしてきた。しかし、AWSに移行させるために、これらのすべてを捨てなくてはならないのか。それができないので、AWSに移行できないという声も上がっていた。AWS アンディ・ジャシーCEOAWS アンディ・ジャシーCEOこうした声に対応するため、VMware Cloud on AWSを発表した。もちろん、最初はどうなるのかわからなかった。しかし、これを発表するまでの間、プライベートベータ版を動かしたりといった数々の取り組みを行なうなかで、予想以上のポジティブなフィードバックを得ることができた。もちろん、このトランジションは、ユーザーにとって1年で終わるようなものではなく、数年かかるだろう。しかし、これまで活用していたツールを、そのままAWS上で利用できることは大きなメリットがあるはずだ。それは、われわれとっても大きなメリットがある。――VMwareはパブリッククラウドサービスであるvCloud Air事業をフランスのOVHへ売却し、AWSと連携した。これは、パブリッククラウドの戦略が大きく変わったと見ていいか。VMware ゲルシンガー:vCloud Airの事業はOVHに売却したが、そもそもVMware自らはデータセンターを持っているわけではない。今後はデータセンターを持っているAWSを活用してVMware Cloudのビジネスを行なっていくことになる。その点では戦略には変更があったといってもよいだろう。来年末までに、AWSのすべてのアベイラビリティゾーン(AZ)で、VMware Cloudを提供をしていくことになる。これは中国も含めてだ。VMware Cloud on AWSは、VMware Cloudのなかでも中心的な役割を果たすことになる。――VMwareは、AWSのデータセンターを活用することになるが、顧客はどこまで広げることができるのか。VMware ゲルシンガー:AWSのユーザーであれば、インスタンスをリクエストしてすぐに使用することができる。また、VMwareは特別なインスタンスを提供し、VMwareスタックの中から立ち上げ、vCenterから管理できるようになる。これまでのオンプレミスでは、ピークキャパシティを前提として構築していた。しかし、AWSを活用することで、平均キャパシティを前提として構築できる。フレキシルなスケーラビリティが提供され、ビジネスユニットも好きなだけ使うことができる。データセンターのキャパシティの考え方が大きく変わることになる。AWS ジャシー:アベイラビリティやキャパシティなどの考え方は、これまでのAWSのクラウドサービスと変更はなく、柔軟に拡張することができる。多くの企業がこのサービスを大規模に使いはじめたとしても、VMwareのワークロードは予測可能なものが多く、顧客と会話をして、データセンターのリソースを決めていくことができる。オンプレミスでは、十分なキャパシティがあるのかが重要であったが、AWSであれば16カ所のデータセンターと、44のアベイラビリティゾーンを活用できる。今後のデータセンターのキャパシティの拡張などについては、VMwareといっしょに考えていく。既存のパートナーからネガティブな反応があったのは事実だ――VMware Cloud on AWSの販売は誰が行なうのか。VMware ゲルシンガー:今回発表したのは、VMwareとしてのサービスである。そのため、VMwareが提供し、VMwareがサポートを提供する。顧客に相対していくのはVMwareということになる。つまり、リセラープログラムは、VMwareのリセラープログラムとして展開することになる。来年初めからは、VMware Cloud Providerを通じたVMware Cloud on AWSのリセールプログラムを開始する。パートナーがより簡単に、このサービスを販売できるようになる。もちろん、Amazon Market Placeでもアクセスはできるが、そこからもVMwareに流れる仕組みとなっている。まずは、大手のシステムイングレータやクラウドサービスプロバイダーが中心になるだろうが、最終的には地域のソリューションプロバイダーにも広がっていくことになる。そして、将来的にはAWSのパートナーにも広がっていくだろう。――VMware Cloud Provider(これまでの旧vCANパートナー=vCloud Air Networkパートナー)からすれば、VMware Cloud on AWSを扱うことでのマイナスの影響はないのか。VMware ゲルシンガー:VMware Cloud on AWSは、既存パートナーのビジネスと競合することになるといった指摘が、VMware Cloud Providerからあったのは事実だ。実際に電話をもらったこともあるし、ネガティブに捉えるパートナーもいる。だが、その一方、VMware Cloud Providerのなかには、AWSとの関係をすでに持っているパートナーもいるし、VMwareとAWSが共同でユニークなオファリングを提供することに、ポジティブな受け止めが出ている。すでにAWSは、さまざまな企業で利用されており、さらに価値を享受したいという顧客も多い。とにかくシームレスに、簡単に使えるクラウドサービスにしていきたい。VMwareのパット・ゲルシンガーCEOVMwareのパット・ゲルシンガーCEOAWS ジャシー:システムインテグデレーターやリセラーは、VMware Cloud on AWSに対してワクワクしてくれている。顧客がなにを求めているのか。その観点から見れば、VMwareとAWSをとシームレスに使いたいという要望が多い。これまでそうした要望があった場合に、システムインテグレーターが多くの苦労をしてきた。2つの会社の製品をつなぎあわせるためにさまざまな作業が必要であった。しかし、VMware Cloud on AWSによって、システムインテグレータやリセラーは、顧客に対して、新たなメリットを提供することができる。もちろんISVにとっても、役に立つ。ソフトウェアを、オンプレミスでも、クラウドでも走らせたい、移動させたいという場合にメリットを提供できる。われわれは、顧客にとっていいことであれば、オープンな姿勢で取り組んでいく。個々のプレーヤーにとってなにが大事であるということではなく、顧客やパートナーにとってどんなメリットがあるのかを重視している。両社が連携することでハイブリッドクラウド環境を容易に実現し、これを加速できる。AWSに顧客をとられるのではないか?の疑問――VMwareでは、クラウドに置かれているワークロードが、全体の50%を占めたという話があったが、それは伸びているのか。VMware ゲルシンガー:それは予測通りに進捗している。ワークロードがクラウド化していくのは、当然の流れであり、今回のVMware Cloud on AWSもその流れに沿ったものだ。クラウドへの投資は増加している。だが、パブリッククラウドの方向に進んでいるものの、既存のアプリをパブリッククラウドに載せるのは難しいとCIOが認識しているという課題も出ていた。それを解決する方法の1つがVMware Cloud on AWSということになる。アプリケーションをリプラットフォームをするのは、かなり手間がかかる。だが、これを簡単に実現すれば、大きな課題が解決できるし、顧客の満足度向上にもつながる。いま使っているアプリケーションを、クラウドで使えるようにし、さらにオンプレミスとのハイブリッド環境も実現できる。未来のアプリケーションも同時に使うことができ、よりシームレスな環境が実現できる。VMware Cloud on AWSは、CIOが抱える課題を解決できるものになる。――コンテナが重要になっているのを、もっとも痛感しているのがAWSだろう。この流れにVMware Cloud on AWSはどんな影響を与えるのか。AWS ジャシー:AWSはらあらゆるプラットフォーム、あらゆるフレームワークに対応するのが基本姿勢である。VMware Cloud on AWSによって、AWSの機能のすべてを提供することができ、VMware Cloudのネイティブアプリケーションにも対応できる。それはコンテナに関しても同様である。VMware ゲルシンガー:VMwareの戦略は「Any Cloud, Any Application, Any Device」であり、企業が自分たちのビジネスのためにアプリを作り、それを提供することを支援する役割を果たすことになる。Any Applicationというのは、エンタープライズアプリケーションでも、クラウドネイティブアプリケーションでも、SaaSで提供されるものでも、すべてのアプリケーションに対応したいという考え方だ。そのなかで、次世代のコンテナに対してもシームレスに提供することを前提としている。VMware Cloud on AWSによって、特定の領域でコンテナを利用するというのではなく、これまで以上にコンテナフレンドリーな環境を作ることができると考えている。――VMwareの顧客がAWSを活用できるというのは、すばらしいオファーだ。顧客がクラウドネイティブへの移行を加速すれば、AWSを使う顧客が増え、VMwareにはマイナスになるのではないか。VMwareのIaaSよりも、AWSのPaaSに投資をする顧客が増えるのではないか?VMware ゲルシンガー:エンタープライズアプリケーションを新たな旅路につれていくことができるのは、すばらしいものであると考えている。これをさらに加速することになる。だが、VMwareは、これだけをやろうとしているわけではない。顧客は当然、モダン化したアプリを開発していくことになる。こうしたアブリに対しても、VMwareは価値を提供していかなくてはならない。そして、これらのアプリはまたオンブレミス環境に戻ってくる可能性もある。VMwareは、複数のクラウドサービスをまたいだ形で、管理やセキュリティを提供することができる。そうしたことを含めると、次世代のアプリケーションについても、多くの価値を提供できる。脅威であるとは感じていない。リスクというよりも、ビジネスチャンスが開放されると考えている。――なぜ、米西海外からスタートすることになるのか。VMware ゲルシンガー:これはVMwareのエンジニアリングのリソースの問題である。まずは1カ所できちっとサービスを提供し、それをもとにすべてのところにスケールしていくことになる。1カ所でスタートしても、これを全世界に展開する計画であることを明確にしていれば、この段階からエンタープライズ企業は、新たな旅路を開始してくれるだろう。すでにVMware Cloudの顧客との協業も開始し、品質の高いエンジニアリングを提供している。VMwareも、AWSも西海岸に本社を置く会社である。まずは西海岸からスタートする。だが、できるだけ早く、AWSのアベイラビリティゾーンでの展開を開始したい。――今後、両社による提携内容は広がるのか。VMware ゲルシンガー:基調講演でも触れたが、この関係は始まったばかりである。今後、可能性が広がっていく。多くのエンジニアが両社の間で深く連携しており、そこから面白いアイデアが生まれてきている。だから、今後の発表を楽しみにしてほしい。これはジョイントのほんの始まりにすぎないと思ってもらっていい。■関連サイトVMware

AWSを突き動かした「なぜVMwareといっしょにやらないのか?」の声

AWSを突き動かした「なぜVMwareといっしょにやらないのか?」の声
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon