古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

CHEMISTRY、再始動後初シングル『Windy / ユメノツヅキ』発売 初回盤にはライブ映像収録

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/08/23 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 CHEMISTRYが、活動再開後初となるシングル『Windy / ユメノツヅキ』を11月15日に発売する。(関連:CHEMISTRYがいま“再始動”を果たす意味 2人の軌跡とシーンの変化を読み解く) 表題曲の「Windy」はアニメ『将国のアルタイル』(MBSほか)の10月期エンディングテーマ。プロデュースと歌詞はCHEMISTRYの生みの親である松尾潔氏が手掛け、アニメの世界観に寄り添いながらも16年のキャリアを持つCHEMISTRYの人生観を同世代に向けたミドル・チューンになっている。 一方、「ユメノツヅキ」は、初期CHEMISTRYを支えたクリエイター陣が15年を経て再集合し、初期の楽曲タイトルが歌詞にちりばめられた楽曲。今年2月に動画サイト限定でショートバージョンのリリック・ビデオが公開されていたが、今回初めてCD収録されることが決定した。さらに、初回盤の付属DVDには、再始動の幕開けとして今春2日間に渡って行なわれた東京国際フォーラム公演(3月1日公演)の模様が約2時間半におよびノーカットで、CHEMISTRYによる副音声付きで収録される。 また、12月から行われる5年半ぶりのワンマンツアーのタイトルが『CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18「Windy」』に決定した。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon