古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Dell EMCがストレージを全面刷新、オールフラッシュIsilonなど発表

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/11
Dell EMCがストレージを全面刷新、オールフラッシュIsilonなど発表 © KADOKAWA CORPORATION 提供 Dell EMCがストレージを全面刷新、オールフラッシュIsilonなど発表

 5月8日~11日(現地時間)、米Dell Technologiesのプライベートイベント「Dell EMC World 2017」が米国ラスベガスで開催された。今回のテーマは「Realize(リアライズ)」。データセンターインフラ製品群を提供するDell EMCを中心に、クライアントPCソリューションのDell Inc、またVMwareなど、Dell Technologiesグループ各社からの発表が相次いだ。 1日目基調講演に登壇した、Dell Technologies 会長兼CEOのマイケル・デル(Michael Dell)氏。Dell Technologiesグループとして、企業のデジタルトランスフォーメーションを支える使命を強調した 1日目基調講演に登壇した、Dell Technologies 会長兼CEOのマイケル・デル(Michael Dell)氏。Dell Technologiesグループとして、企業のデジタルトランスフォーメーションを支える使命を強調した 昨年10月にテキサス州オースティンで開催された「Dell EMC World 2016」に続き、DellとEMCの統合後、2度目のDell EMC Worldとなった 昨年10月にテキサス州オースティンで開催された「Dell EMC World 2016」に続き、DellとEMCの統合後、2度目のDell EMC Worldとなった  1日目の基調講演では、Dell EMCプレジデントのデイビッド・ゴールデン(David Goulden)氏から、企業データセンターの「モダナイズ(最新鋭化)」に向けた新モデルや製品アップデートが発表された。本稿ではまず、全面的な刷新となったストレージ製品群を中心に紹介する。 Dell EMCプレジデントのデイビッド・ゴールデン(David Goulden)氏 Dell EMCプレジデントのデイビッド・ゴールデン(David Goulden)氏 ハード/ソフトを刷新した第2世代XtremIO、VMAXオールフラッシュ最新版  Dell EMCでは、ハイエンドの「VMAX」や「XtremIO」、ミッドレンジの「Unity」や「SCシリーズ」、非構造化データ(ファイル/オブジェクト)向けの「Isilon」や「ScaleIO」までのストレージ製品をラインアップしているが、今回の発表ではそれらすべてに新モデルの投入が発表され、まさに「全面刷新」となっている。 今回は、ハイエンドからミッドレンジ、非構造化データ向けまで、ストレージポートフォリオを全面刷新する発表となった 今回は、ハイエンドからミッドレンジ、非構造化データ向けまで、ストレージポートフォリオを全面刷新する発表となった  エンタープライズ向けストレージVMAXでは、オールフラッシュ構成モデル「Dell EMC VMAX 950F」が発表された。VMAX 950Fは、前世代モデル(VMAX 850F)比でIOPSが68%の向上(670万IOPS)、レスポンスタイムも30%短縮(OLTPで350マイクロ秒)、同パフォーマンスでのフットプリントが25%削減される。Dell EMC発表によると、競合ストレージ比で「実測値4倍のパフォーマンス」を実現しているという。 Dell EMC VMAXの最新オールフラッシュモデル「VMAX 950F」ではIOPSが68%向上 Dell EMC VMAXの最新オールフラッシュモデル「VMAX 950F」ではIOPSが68%向上  またオールフラッシュアレイのXtremIOでは、ハードウェア/ソフトウェアが刷新された第2世代の「Dell EMC XtremIO X2」が発表された。4Uサイズの「X-Brick」は、1ノードあたり物理容量が最大138TBで、前世代比で3倍の容量キャパシティとなる。加えて、重複排除/圧縮処理によるデータ削減率が前世代比で25%改善されたため、1ラック(X-Brick×8ノード)あたりの実効容量はおよそ5.5PBとなり、ラックあたりの実効容量密度は前世代比の4倍に拡大した。またレスポンスタイムは前世代比で最大80%改善されている。 ハード/ソフトが刷新された「XtremIO X2」 ハード/ソフトが刷新された「XtremIO X2」  一般提供開始時期(いずれも米国、以下同様)は、VMAX 950Fが今年6月、XtremIO X2が今夏と発表されている。 オールフラッシュ版Unityを刷新、低コストSCシリーズも強化  ミッドレンジのユニファイドストレージであるUnityでも、新しいオールフラッシュモデル「Dell EMC Unity 350F/450F/550F/650F」が投入された。メモリ容量は前世代比2倍、コア数は40%増加。また3Uサイズのエンクロージャーには80台のドライブを高密度搭載。1Uあたりの実効容量は最大500TB超となり、前世代モデル比8倍に達している。 オールフラッシュモデルの新世代製品「Unity 450F」 オールフラッシュモデルの新世代製品「Unity 450F」 80台のドライブを内蔵するUnityのエンクロージャー 80台のドライブを内蔵するUnityのエンクロージャー  同じくミッドレンジで、コスト効率の高いハイブリッド(SSD+HDD)ブロックストレージアレイであるSCシリーズ(旧Compellent)では、新モデル「Dell EMC SC5020」を発表した。3Uサイズの筐体に30台のドライブと、前世代モデル(SC4020)比で4倍のメモリを搭載し、IOPSが前世代比最大45%向上、帯域幅は3倍、最大容量は2倍となった。  価格は構成によるが、基調講演の中でゴールデン氏は、SC5020では「GB単価は10セント(0.1ドル)未満」を実現できると述べた。なおSCシリーズは旧Dell製品だが、SC5020では「PowerPath」「DataDomain」「RecoverPoint」「ViPR」といった旧EMC側のテクノロジーにも対応しており、両社テクノロジーのより深い統合が進んだとしている。 HDDとSSDを混載するハイブリッドストレージの「SC5020」 HDDとSSDを混載するハイブリッドストレージの「SC5020」  一般提供開始時期は、新世代Unityオールフラッシュモデルが今年7月、SC5020が今年6月と発表されている。 Isilonにもオールフラッシュモデル、新アーキテクチャで最小構成が4Uに  スケーラブルNASストレージのIsilonでは、ハードウェア/ソフトウェアを刷新した新世代の“Infinity”アーキテクチャを採用したことで、設置スペースを大幅に削減するとともに、パフォーマンス向上も実現している。具体的には、4Uサイズの1筐体内に4ノードを格納したことで、最小構成が4Uになり(Isilonの最小構成は3ノード)、最大75%の設置スペース削減を実現した。また、従来モデル比でIOPSが最大6倍、スループットが最大11倍、容量が最大2倍に拡大している。  また、Isilonの製品シリーズ名が刷新された。具体的には、SSD+HDDのハイブリッド構成である「Hシリーズ」、HDDのみの低コスト/大容量アーカイブ構成である「Aシリーズ」、そしてIsilon初のオールフラッシュ構成となる「Fシリーズ」がラインアップされている。  Isilon初のオールフラッシュモデルとなるFシリーズは、昨年のDell EMC Worldで開発コード名“Nitro”として発表されていたもの。今回はF800モデルが発表されており、4Uサイズの1ノードで最大容量924TB、25万IOPS、15ギガバイト/秒の性能を持ち、同社によれば競合製品比で9倍のIOPS、18倍のスループット、21倍の容量を提供できるという。  なお、新しいF/H/AシリーズのIsilon製品は、既存のIsilon旧シリーズ(S/X/NL/HDシリーズ)クラスタにもシームレスに統合できる。 新しい“Infinity”アーキテクチャを採用した「Isilon」。オールフラッシュモデルも発表 新しい“Infinity”アーキテクチャを採用した「Isilon」。オールフラッシュモデルも発表  新しいIsilon製品の一般提供開始時期は、今年6月となっている。 SDSは今夏のPowerEdge 14Gサーバーで大幅に強化される予定  「VMware vSAN」「Dell EMC ScaleIO」「Dell EMC Elastic Cloud Storage(ECS)」などのSoftware-Defined Storage(SDS)製品群は、すでに今夏出荷予定の第14世代(14G)「Dell PowerEdgeサーバー」に対応しており、幅広いワークロードにおいてパフォーマンスとスケーラビリティを大きく向上することがアナウンスされている。  しかしながら、今回はPowerEdge 14Gサーバーの詳細なスペックが明らかにされておらず、SDS製品についても具体的なパフォーマンス比較数値などは発表されていない。 PowerEdge 14Gサーバーは、最新の“Skylake”Xeonを搭載して今夏出荷開始予定(写真はR940) PowerEdge 14Gサーバーは、最新の“Skylake”Xeonを搭載して今夏出荷開始予定(写真はR940)  また、PowerEdge 14Gサーバーをベースに、NVMeドライブやNVDIMM(不揮発性メインメモリ)などを組み込んだ、SDS最適化構成済みハードウェアである「Dell EMC VMware vSAN Ready Nodes」および「Dell EMC ScaleIO Ready Nodes」、「Dell EMC Microsoft Storage Spaces Direct Ready Nodes」も提供される予定。 各SDSに最適な構成で提供される「ScaleIO Ready Nodes」「VMware vSAN Ready Nodes」 各SDSに最適な構成で提供される「ScaleIO Ready Nodes」「VMware vSAN Ready Nodes」  なお、ScaleIOについては、スケーラビリティや管理効率を高めた次世代版の「ScaleIO.Next」が開発中であることがアナウンスされている。インライン圧縮、スナップショット、シンプロビジョニング、ボリュームマイグレーションなどの機能が改善されるほか、NVMeフラッシュドライブ、「VMware Virtual Volumes」へのサポートなどが示されている。  一般提供開始時期は、PowerEdge 14GサーバーベースのScaleIO/vSAN/Storage Spaces Direct Ready Nodesは今年中盤から、ScaleIO.Nextは今年下半期からとなっている。 “コンバージドな”バックアップアプライアンス、IDPAを発表  新しいデータ保護製品として、バックアップアプライアンスの「Dell EMC Integrated Data Protection Appliance(IDPA)」が発表された。ミッドエンタープライズ向けの「DP5300」「DP5800」、ラージエンタープライズ向けの「DP8300」「DP8800」の4モデルがラインアップされている。DP8800の最大論理容量は50PBで、クラウドティアリングの利用により最大150PBとなる。  IDPAについて、ゴールデン氏は、事前構成済みで容易に導入できる「コンバージドインフラ製品のような」バックアップ製品だと説明し、単一アプライアンス/単一コンソールで大規模/混在環境のバックアップを統合できると説明した。なお、従来型のバックアップシステム比でスピードは10倍(最大68TB/時)であり、重複排除処理によるデータ削減率は55:1だとしている。 “コンバージドな”バックアップアプライアンス「Integrated Data Protection Appliance(IDPA)」も発表 “コンバージドな”バックアップアプライアンス「Integrated Data Protection Appliance(IDPA)」も発表  また、クラウドDRを実現する「Data Domain Cloud Disaster Recovery」や、クラウド環境でも実行可能な「Data Domain Virtual Edition (DD VE) 3.1」も発表されている。ゴールデン氏は、これらの新製品により、オンプレミスシステムのクラウドへのバックアップ(クラウドDR)だけでなく、AWSなどのクラウド上で稼働するアプリケーションのバックアップも容易になる、とアピールした。  一般提供開始時期は、IDPAが今夏から、またDD VE 3.1は今年6月からとなっている。 * * *  以上、今回はDell EMC World 2017で発表されたストレージ製品およびデータ保護製品について紹介してきた。次回は引き続き、ハイパーコンバージドインフラの「VxRAIL」新版、「使用量払い」「月額払い」など“クラウドサービス風”の製品購入モデル、そしてヴイエムウェアによる新発表について紹介する。 ■関連サイト VMAX 950F XtremIO X2 Unity All-Flash SC5020 Isilon Integrated Data Protection Appliance(IDPA) ScaleIO.Next Data Domain Virtual Edition

Dell EMCがストレージを全面刷新、オールフラッシュIsilonなど発表

Dell EMCがストレージを全面刷新、オールフラッシュIsilonなど発表
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon