古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Facebook、“低品質”Webページへのリンクの表示を抑えるAI採用

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/05/11
Facebook、“低品質”Webページへのリンクの表示を抑えるAI採用: 衝撃的なコンテンツの例 © ITmedia NEWS 提供 衝撃的なコンテンツの例

 Facebookは5月10日(現地時間)、“低品質な”Webページへのリンクを含む投稿をニュースフィードに表示させないため、AI(人工知能)採用システムの利用を開始したと発表した。

 例えば広告目的などで、「中身がなく、破壊的、衝撃的、あるいは悪意のある広告」だけのWebページへのリンクがニュースフィードに投稿されていることがあり、こうしたリンクをクリックしたユーザーを傷つけているという。

 Facebookは広告ポリシーのページで、低品質なコンテンツの例を紹介している。

 同社は数十万件のそうした問題のあるWebページを解析し、新たな投稿のリンク先が問題のあるWebページと同類のものかどうかを判断するAIシステムを開発した。

 AIが問題ありと判断した投稿はニュースフィード上での表示ランクを下げられる。また、企業が広告投稿のリンク先に低品質なページを置くと、“広告パフォーマンスに影響がある”としている。

 同社はサービスに様々な形でAIを採用している。4月にはリベンジポルノ阻止のためのAIツールを発表した。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon