古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Facebook、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/04/18
Facebook、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開 © ITmedia NEWS 提供 Facebook、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開

 米Facebookは5月18日(現地時間)、カリフォルニア州サンノゼで開催の年次開発者会議「F8」で、ソーシャルVRアプリ「Facebook Spaces」を発表した。傘下のOculus VRの「Oculus Rift」と「Oculus Touch」で使えるβ版が同日Oculus Storeで公開された。

 ユーザーが自分に似たアバターを作ってバーチャル空間上で友達とアバター同士で会話したり、ゲームや360度動画を楽しんだりできる。昨年10月の「Oculus Connect」でプロトタイプとして紹介したアバター機能を発展させたもののようだ。

 自分の写真画像を使って自分に似たアバターを作れる。HMDとTouchの動きをアバターの表情に反映させ、笑ったり驚いたりさせることも可能。

 バーチャル空間に3D画像を描くこともできる。また、非Oculus RiftユーザーとFacebook Messengerでアバターとしてメッセージングできる。

 Facebookは「これは始まりに過ぎない」としており、フィードバックに基いて機能を追加していき、対応プラットフォームも拡大していくという。

 マーク・ザッカーバーグCEOはF8の基調講演で、同社の次の目標は「コミュニティの構築」で、Facebookは「分断された世界」で人々を繋げることに、重要な役割を果たせると語った(同氏は2月に投稿した「Building Global Community」と題したメッセージでもその思想を語っている)。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon