古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Flashにとどめを刺したのは

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/08/24 09:00
Flashにとどめを刺したのは: 画像:ITmedia © ITmedia エンタープライズ 提供 画像:ITmedia

 ついに、Adobe Sysemsが2020年末で「Flash」のサポートを終了を発表しました。かつてはリッチなWebサイトには必須の存在であり、世が世ならHTML5に代わるWeb標準になっていたかもしれないFlashは、一体、どこでつまずいたのでしょうか?

 実は、私が講師を務めるITソリューション塾では、2008〜9年くらいから「Flashはヤバいのではないか」という話をしており、数年前くらいからは、「すぐにはなくならないでしょうが、長期的にみるとどうなるか分からないので、今から作るならHTML5にしましょう」と話してきました。私にとってこの日は、来るべくして来た、という印象です。

 Wikipediaによると、Flashが生まれたのは1996年。ベクターデータを使ったアニメーション再生用のプラグインとして開発されました。アニメーションをピクセルではなくベクター(線)のデータで表現するため、1996年当時の遅い回線でも、アニメーションを送れたのです。

 この頃、HTMLはまだバージョン2くらいで、アニメーションや動画には対応していませんでした。Webブラウザでそれらを再生するにはプラグインが必要で、Flashはビデオや画面制御の機能を追加しながら高機能化していきます。

 一方でHTMLは、1999年の4.01を最後に進化を止めてしまいました。「HTML5」が勧告されたのは2014年です。その間、進化を止めたHTMLに代わって、先進的機能をWebブラウザに提供してきたのがFlashだったのです。

●最初のつまずきはWeb2.0

 2000年代に入ると、Webブラウザの97%以上にFlashがプラグインとして組み込まれるという状況になり、一企業が提供する技術でありながら、ほぼ標準の地位を得ていました。

 AdobeがMacromedia(Flashの開発元)を買収したのが2005年。それまでAdobeは、W3Cが推進していたベクターフォーマットであるSVGに肩入れしていましたが、Flashが次世代のデスクトップの標準を狙えると考えたのではないでしょうか。Adobeはその後、ブラウザなしでFlashコンテンツを実行できる「Adobe AIR」を発表しています。

 このとき、Microsoftは、慌てて独自のプラグインである「Microsoft Silverlight」を開発しましたが、そのリリースは2007年。遅きに失したといえるでしょう。

 Webブラウザの機能拡張プラグインはFlashで決まりか、と思われた2005〜6年、新たな技術が出現します。「Ajax」と、それを駆使した新しいWeb体験「Web2.0」です。Web2.0は、Flashなどのプラグインを使わなくてもFlash並みの(当時はまだ機能的には劣っていましたが)機能を利用できたのです。

 Web2.0を実現したAjaxは、厳密にいえば新しい機能ではなく、Webブラウザにもともと備わっていた機能をうまく組み合わせて新しいWeb体験を提供できることを「発見」したのです。つまり、その時点で世の中にあったWebブラウザに何ら手を加えることなく利用できたということで、プラグインも必要としない画期的なものでした。Ajaxの機能は、その後、拡張されてHTML5へと引き継がれています。

●Flashを採用しなかったiPhone

 Adobeにとってのもう1つの誤算は、Appleが2007年に発表したiPhoneでFlashの使用を許可しないと発表したことです。Adobeは強引に反対しましたが、Appleは(というかスティーブ・ジョブズは)頑として聞き入れませんでした。

 この後、Flashの立場は急速に悪くなります。iPhoneがスマホで大きなシェアを獲得したため、iPhoneで見ることのできないFlashコンテンツをHTML5に置き換えようという動きが起きたのです。そして、スマホ向けサイトからFlashが消え始めました。

 2011年、ついにAdobeはモバイルデバイス向けのFlashの開発を中止します(Android版は作り続けていました)。この時点でも、PC用ブラウザのほとんどにFlashがインストールされている状況には変わりはなかったのですが、コンテンツ作成側にしてみれば、PC用とモバイル用のコンテンツを作り分けるのは面倒ですし、折しもモバイルファーストの波も押し寄せており、新たにFlashでコンテンツを作ろうと考える人は減少していったものと思われます。

 ところで、なぜAppleはiPhoneでFlashをサポートしなかったのでしょうか? Appleの公式な見解では、技術的な問題としています。

・iPhone OSがFlashをサポートしない6つの理由−ジョブズ氏が説明

 ただ、実は他に理由があるのではないかという話も聞こえてきます。

・アドビは怠け者、グーグルはクソ食らえと本音を語ったジョブズ

 この記事では、Flashにバグが多いと言っていますが、ジョブズが(かつては仲のよかった)Adobeが主力製品をWindowsに移植し、Macのサポートを後回しにしているといって不満を持っていた――という記事も読んだことがあります。また、この記事でも触れているように、代替手段としてHTML5が見えてきていたことも、ジョブズが強気に出た背景にあったのでしょう。

●プロプライエタリを許容しない空気

 もう1つ思うのは、やはりインターネットの世界では、“私企業の技術を標準的に利用することに大きな抵抗があったのではないかということです。

 Flashはプラグインこそ無料で配布されていますが、オーサリングソフトは有償ですから、一企業の利益に直結しています。また、Adobeが買収する前のMacromediaは携帯電話(スマホの前ですね)用にFlashを有償で提供する方針を打ち出し、携帯電話メーカー各社がこれに反発したという経緯もあったようです。「最初は無償と言っておいて、後で何を言い出すか分からない」という疑念を招いてしまったのかもしれません。

 この、プロプライエタリをなるべく排除しようとする考え方は、今でもトレンドとして存在します。現在、多くの技術がオープンソースで提供されているのは、技術を囲い込むと周りから警戒されて普及が進まない、という側面があるからではないかと考えています。

●どうする? 既存のFlashサイト

 実はFlashには脆弱(ぜいじゃく)性が多く、「Google Chrome」や「Mozilla Firefox」などは2016年くらいから段階的にFlashコンテンツを表示しないようにしてきています。2020年のサポート終了以降は一切表示しないようにするようですが、一方で、私が心配するのは、いまだにFlashのままでコンテンツを配信しているWebサイトが多数あることです。

 作ってしまったものを変えるのは大変だとは思うのですが、このままだとどこにも表示されなくなります。ChromeやFirefoxでは既に表示されていないかもしれません。言わずもがな、iPhoneでは最初から全く表示されません。

 それなのに、なぜそのまま放ってあるのでしょうか? 今、無頓着にFlashを使い続けているサイトが、2020年までになんとかしようと思っているとはちょっと考えにくいように思います。「Windows XP」のサポート終了時のような騒ぎが起きないことを願います。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon