古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Flash Playerの更新版、直ちに適用を Acrobat/Readerの脆弱性も修正

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/01/10
Flash Playerの更新版、直ちに適用を Acrobat/Readerの脆弱性も修正: AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは優先度が2。30日以内をメドとするアップデートの適用を推奨している(出典:Adobe) © ITmedia エンタープライズ 提供 AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは優先度が2。30日以内をメドとするアップデートの適用を推奨している(出典:Adobe)

 米Adobe Systemsは1月10日、Flash PlayerとAcrobat/Readerのセキュリティアップデートを公開し、それぞれ多数の深刻な脆弱性に対処した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、Flash Playerのアップデートでは24.0.0.186までのバージョンに存在する13件の脆弱性に対処した。Windows、Mac、Linux版が影響を受け、悪用されれば不正なコードを実行されて攻撃者にシステムを制御される恐れもある。

 脆弱性を修正した最新バージョンは24.0.0.194となる。特にWindowsとMac向けのFlashでは優先度を「1」に指定し、直ちに更新を適用するよう促した。Google ChromeではFlashも自動的に更新されるほか、MicrosoftはWindows向けにFlashのアップデートを配信している。

 一方、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートでは29件の脆弱性を修正した。最新バージョンはWindowsおよびMac版のAcrobat DC/Acrobat Reader DCの連続トラックが15.023.20053、クラシックトラックは15.006.30279、デスクトップ向けのAcrobat XI/Reader XIは11.0.19となる。

 こちらの脆弱性も不正なコードを実行される恐れがあり、緊急度は最も高い「クリティカル」だが、優先度は「2」に分類され、30日以内をメドとするアップデートの適用を推奨している。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon