古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

GACKT元マネジャー逮捕が原因か……釈由美子が“10年来の愛人疑惑”を否定「連絡先も知らない」

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/06/12 Cyzo
© Cyzo 提供

 女優の釈由美子(36)が12日、自身のブログでGACKT(40)の愛人疑惑を完全否定した。

 この日、誕生日を迎えた釈は、「巷では、私がすごい大スターの方と10年来の不適切な関係とか言われて武勇伝のようにひとり歩きしてるようですが」(原文ママ、以下同)と切り出し、「こんなしょぼいアラフォーにそんな浮いた噂が出ること自体現実離れしすぎてて呆れてしまいます」などと否定。「だいたい連絡先も全く知らないのにどうやって、プライベートで逢えるっていうんでしょうね」と、連絡手段すらないことを明かした。

 釈といえば、約10年前にGACKTのファンだった釈のラブコールが実り、体の関係を結ぶようになったと一部で報じられた。また今年4月、ブログに「これまで築き上げた信頼や軌跡が、ガラガラと崩れ落ちていく音が聞こえます」「人間不信になりそうです」「明日から、どうなっちゃうんだろうね」などと意味深な内容を綴り、「GACKT関係ではないか」という臆測が飛び交った。

「釈が意味深なブログを綴ったちょうどその頃、GACKTの元マネジャーで前所属事務所社長らが脱税で逮捕された。タイミングが重なったため、マスコミは釈の周辺を調べ回っていたといいます。今回、釈が突然、愛人報道を否定したのは、隠し子、レイプ、薬物使用など、黒いウワサの絶えないGACKTとの報道に危機感を感じたことと、周辺を嗅ぎまわるマスコミの動きを止めたかったからでしょう」(芸能ライター)

 今回のブログで「とばっちりで私なんかとの名前が挙がってしまってお相手の方も迷惑でしょうし」と、GACKTへの気遣いを見せた釈。GACKTは釈の行動を受け、何を思うのだろうか?

※画像は『妖精おじさん ディレクターズカット版 DVD』(ポニーキャニオン)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon