古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

HTC20周年に“最強のスマホ”を投入する 「HTC U11」「LINK」の狙いを児島社長に聞く

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/05/25
HTC20周年に“最強のスマホ”を投入する 「HTC U11」「LINK」の狙いを児島社長に聞く: デザインを刷新したフラグシップモデルの「HTC U11」 © ITmedia Mobile 提供 デザインを刷新したフラグシップモデルの「HTC U11」

 デザインを一新し、握って操作できる「エッジ・センス」を提案したフラグシップモデルが、HTCの「HTC U11」だ。同端末は日本国内での発売も予定されており、大手キャリアが販売する予定。日本市場限定の取り組みとして、HTC U11に接続できるVRヘッドマウントディスプレイの「LINK」も発表された。この最新モデルに賭ける意気込みを、HTC NIPPONの児島全克社長に聞いた。

●エッジ・センスは自然な動きで操作できる

―― HTC U11ですが、日本ではどのように展開していくのでしょうか。

児島氏 今回は、HTCの20周年ということもあり、全ての機能で妥協を許さず、最強を狙っています。カメラもしても、(DxOのスコアで)最高値を取れましたし、音も社内では歴史があり、長い期間蓄積したことでここまで来ることができました。全精力で最高の物を作るというのがベースにあります。私たちは、インベンション(発明)を持って、イノベーション(革新)を起こしたい。特徴であるエッジ・センスや、他では作ることのできないLINKをひっさげ、大々的に日本で新しい未来の世界を見せていきたいと考えています。

―― 今お話のあった、エッジ・センスですが、これはどういった発想から生まれた機能なのでしょうか。

児島氏 皆さんが端末をまず持つ――この動作が何かのUX(ユーザーエクスペリエンス)になればいいという発想です。

 今は軽く握る、長く握るの組み合わせですが、このあと、いろいろな組み合わせがもっと出てくると思っています。それを自然なモーションでできるのが特徴です。お客さまが新しいUI(ユーザーインタフェース)、UX(ユーザーエクスペリエンス)で戸惑ったり、使いにくいと思ってしまったら、全てが台無しです。本当に使いやすいものに厳選して、1つ1つお客さまが欲しいものに沿ってエンハンス(強化)していきたいですね。

―― 発表会では、音声を使ったAIへの対応も売りにしていましたが、日本では現状、Google AssitantもAlexaも利用できません。

児島氏 時期は未定ですが、GoogleにしてもAmazonにしても、日本語化はしていきます(注:インタビューはGoogle Assitantの日本語化発表前である5月17日に実施した)。そのときには、いち早くわれわれの技術を組み合わせて使えるようになると思います。

―― AIは基本的にGoogleなり、Amazonなりのものを使うということですが、サムスンのように自社開発はしないのでしょうか。

児島氏 HTC独自のものとして、センス・コンパニオンが入っています。これはその人の行動などを見て、朝何時に起き、ここに行った後はここに寄るといったような情報を独自利用しているものです。自然会話をベースにした音声のAIはGoogleやAmazonを使っていますが、ビヘイビアー(行動)から自動で使いやすいものを提案する機能とは、コワーク(協調)できると考えています。

●金属にガラスのイノベーションをプラスした

―― デザインが一新されましたが、これは狙っているユーザー層や、注力するリージョンが変わったということでしょうか。

児島氏 そういった理由ではありません。まったく新しいデザインといっても、実際には金属がベースになっていて、ガラスの下に入っています。これは、加工の経験を十分積んだからこそできることです。今回のデザインは、そこにプラスして、ガラスのイノベーションを組み合わせて、新しい色やデザインを作れないかというところから来ています。

―― デザインを見ていると、HTC J butterflyをほうふつとさせます。やはり日本市場での経験は生きているのでしょうか。

児島氏 そうですね。特に赤は、日本向けに作ったものです。

―― リリースを見ると、日本市場では赤が出ないようですが……。

児島氏 ご要望の声が上がれば、ぜひ出していきたいと考えています。

―― 日本でのプロモーションには、「攻殻機動隊ARISE」を使うというお話もうかがいました。かつて乃木坂46を起用した際は、大規模なマーケティングを行いましたが、今回はどの程度の規模を考えているのでしょうか。

児島氏 今回はやり方を変え、デジタルベースでプロモーションしていこうと考えています。それは、攻殻機動隊のプロモーションだったり、新しい機能や世界観、人工知能のようなものを面白いと思っていただける方にリーチできる形です。テレビCMは老若男女、みんなが見ますが、今回はどちらかと言えばファンの方を広げていくような形で、デジタルを駆使したPRを仕掛けていきたいですね。

●VR HMD「LINK」が日本限定の理由

―― LINKは日本限定での展開とうかがいました。これはなぜでしょうか。

児島氏 日本はゲームやVRのクリエイターが非常に多い。そのため、まず日本で出していきたいと考えました。そこからいろいろな可能性を模索し、広げていきたい。もともと、世界に一気に広げていくものではなく、最初に日本で出し、どういう可能性を秘めているのかを見ていきたいと考えています。

―― HTCのVRといえば「VIVE」がありますが、このコンテンツを流用することはできないのでしょうか。

児島氏 それはできません。VIVEはPCですが、そもそもこれ(HTC U11)はAndroidですからね。ただ、変換ツールは用意しています。

―― お手頃価格ということですが、いくらぐらいになりそうでしょうか。

児島氏 価格に関しては、お客さまであるキャリア側がコントロールするので申し上げられません。ただ、非常に高級なレンズと、高級なAMOLEDを使っていますから、サイドバイサイドで(他社と)見比べていただければ(お手頃さが)分かるのではないでしょうか。

―― LINKは端末とヘッドマウントディスプレイをケーブルで接続する形ですが、これが今回のHTC U11から可能になった理由を教えてください。

児島氏 USB Type-C対応で、かつプロセッサが非常に高速になったというのも理由の1つです。

―― モバイルVRというと、ヘッドマウントディスプレイにスマートフォンを直接差し込むタイプが一般的ですが、この仕様にしたのはなぜでしょうか。

児島氏 それだと、ウィンドウがスマートフォン(のスペック)に引っ張られてしまいます。ですから、今回はスマートフォンと別にLINK側にディスプレイを設け、その組み合わせで使おうということにしました。ちなみに、ヘッドマウントディスプレイにもバッテリー(2800mAh)が入っています。

―― コンテンツはどのように開拓していく予定でしょうか。

児島氏 私たちがコンテンツを作るわけではありませんが、ベンダーさんに広く作っていただける環境を整えようと考えています。

●日本でのSIMフリー端末は?

―― HTCはSIMフリー市場にも参入されていましたが、継続的に端末が出ていません。こちらはいったんお休みといったステータスでしょうか。

児島氏 そういうわけではなく、出さないという方針を持っているわけではありません。HTCはDesireシリーズなども持っていますが、日本では、HTCらしい革新を持ったものをぜひ出していきたいと考えています。

―― ただ、低価格帯の機種だと、革新的な機能を搭載するのは難しい側面もあります。

児島氏 そうですね。ただし、だんだんと(SIMフリースマートフォンにも)高価格帯の端末が増えているので、可能性はあると思っています。

●取材を終えて:「HTC U11」と「LINK」でどこまで存在感を出せるか

 日本国内では2016年6月にauから発売された「HTC 10」を最後に、大きな動きのなかったHTC。SIMロックフリースマートフォンも、2015年に発売された「HTC Desire EYE」と「HTC Desire 626」からラインアップが更新されていない。HTC 10はグローバルモデルがベースで、ワンセグやおサイフケータイに非対応。こうした日本仕様に対応する端末という意味では、実に2年ぶりとなる。

 かつてauと共同開発を行ったときと比べ、徐々に国内市場での存在感が低下しているHTCだが、HTC U11は単に機能が優れているだけでなく、握る操作などが提案されていて面白いと感じた。LINKのようなVRを日本限定で展開できるのも、VIVEで実績を積んできたからこそといえる。iPhoneやXperiaなどに売れ筋が固まりつつある日本市場だが、こうした端末にどこまで食い込めるのか、注目しておきたい。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon