古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

IBMとMIT、「Watson AIラボ」を共同設立 10年契約の一環として

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/09/08
IBMとMIT、「Watson AIラボ」を共同設立 10年契約の一環として © ITmedia NEWS 提供 IBMとMIT、「Watson AIラボ」を共同設立 10年契約の一環として

 米IBMは9月7日(現地時間)、米マサチューセッツ工科大学(MIT)と10年間の研究パートナーシップ契約を結び、「MIT-IBM Watson AI Lab」を設立すると発表した。IBMはこのプロジェクトに2億4000万ドルを投じる。

 ラボでは基本的なAI(人工知能)の研究でAIの可能性の科学的ブレークスルーを推進する。AIのアルゴリズム、量子コンピュータなどのハードウェア、ヘルスケアやサイバーセキュリティ向けのソフトウェアなどの開発にフォーカスするとしている。

 ラボはMITのキャンパスとIBMのWatson Health、IBM Securityの拠点に近いケンブリッジに位置し、100人以上の科学者や教授が研究する。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon