古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iOS 11の片手用キーボードは使いやすい?

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/09/20
iOS 11の片手用キーボードは使いやすい?: 通常サイズのキーボード。地球儀アイコンを長押しすると、下に片手用キーボードが現れる © ITmedia Mobile 提供 通常サイズのキーボード。地球儀アイコンを長押しすると、下に片手用キーボードが現れる

 「iOS 11」では、純正のキーボードを「片手用キーボード」に変更することができる。片手用キーボードは、Androidの多くの機種で実装されている機能だが、ようやくiPhoneでも利用可能になった。特にサイズの大きいPlusユーザーはうれしいのではないだろうか。

 片手用キーボードの設定はとても簡単。キーボードの地球儀アイコンを長押しすると、一番下にキーボードのアイコンが並ぶメニューが現れる。左側のアイコンを押すと左寄せに、右側のアイコンを押すと右寄せになる。これで設定はOK。

 筆者はiPhone 7 Plusを使っているが、さすがに片手では端まで指が届かず、もう一方の手で端末を支えないと片手では打てない。しかし片手用キーボードなら片手でも何とか打てる。

 キーボードは左寄せか右寄せにできるだけ。高さは固定され、サイズを自由に変えることはできない。また、左寄せから右寄せに切り替えるには、再度地球儀アイコンのメニューを表示する必要がある。

 片手用キーボードは、日本語かなキーボードだけでなく、ローマ字や英語のキーボードでも利用できる。また、iOS 11では地球儀アイコンからキーボードの設定に飛べるようになった。ここから片手用キーボードの設定もできるが、地球儀アイコンからの方が早い。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon