古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPadより軽くて防水のWindows 8タブレット――「ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」を攻略する

2014/09/19

Windowsのフル機能を手軽に持ち歩きたいユーザーへ

Windows 8を搭載した10.1型タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」。Windows RTではなく、32ビット版Windows 8を搭載した薄型・軽量・防水・防塵(ぼうじん)のタブレットだ

 富士通のPC秋冬モデルでひときわ注目を集めているのが、Windows 8タブレットの「ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」だ。「ARROWS Tab Wi-Fi QH55/J」という名で店頭販売されている製品のメーカー直販カスタムメイドモデルであり、同社直販サイトの「富士通 WEB MART」から購入できる。

 基本システムにAtom Z2760(開発コード名:Crover Trail)を採用した32ビット版Windows 8のフル機能が使えるタブレットでありながら、IPS方式の10.1型ワイド液晶ディスプレイを備え、厚さ9.9ミリ、重量約574グラムという薄型軽量ボディを実現し、さらにAndroidベースの「ARROWS Tab」シリーズと同様、防水・防塵性能まで備えていることが大きな特徴だ。

 直販モデルは、本体のハードウェア仕様が店頭モデルと共通化されている一方、クレードルの種類やMicrosoft Office Home and Business 2010の有無を選択できる。今回は店頭モデルと同じ構成のWQ1/Jを入手したので、気になる性能や操作感、バッテリー駆動時間などをチェックしていこう。

 

液晶とコンテンツを引き立てるスリムボディ

 本体を取り出して見て、まず目を引くのは液晶ディスプレイの表示の美しさだ。高画素密度の液晶パネルではないものの、明るくて発色がよく、Windows 8おなじみのタイルが並んだスタート画面が鮮やかに目に飛び込んでくる(表示品質の詳細は後述)。

 それを引き立てているのが、Windows 8搭載タブレットでは世界最薄(2012年9月20日現在/富士通調べ)という9.9ミリ厚のスリムボディだ。画面左右のフレーム部がやや狭く、上面と下面に鮮やかなブルーのアクセントを入れ、裏面をフラットに仕上げたフォルムは、iPadの影響を少なからず感じるデザインが多い中で、うまく個性が出せている。

 ブラックで統一された裏面は、繊細なテクスチャが施されているほか、ボタンの1つ1つも粗雑さがない丁寧な作りで、MADE IN JAPANのよさが感じられる。
 

上面と下面に鮮やかなブルーを配した薄型ボディ(写真=左)。アスペクト比16:9の10.1型ワイド液晶パネルを採用するため、縦位置では縦に長い表示となる(写真=右)

 

裏面はブラック一色で統一されている(写真=左)。裏面には細かなテクスチャが施され、ARROWS Tabのロゴもさりげなく入っている(写真=右)

 

10型クラスのAndroidタブレットやiPadとほぼ変わらないサイズ、約576グラムの軽量ボディで、32ビット版Windows 8のフル機能が利用できる

 ボディのサイズは横位置で264.4(幅)×169.4(高さ)×9.9(厚さ)ミリ、重量は約574グラムだ。AndroidタブレットやiPadなど10型クラスの最新タブレットに比べると、厚みは少しあるものの、本体サイズはほとんど変わらず、重さもかなり軽い部類に入る。これだけの小さなフォームファクタで、32ビット版とはいえ、Windows 8のフル機能が使えるのだから驚く。

 Windowsボタンが正しい向きとなる横位置で見て、端子類は上面の端にヘッドフォン/ライン出力、左側面は防水・防塵に対応したカバーの内側に、SDXC対応microSDメモリーカードスロットとmicro-AB仕様のUSB 2.0コネクタがある。ボタン類は右側面にまとめられており、電源、音量(大/小)、画面回転ロックを用意している。Webカメラは、前面200万画素のインカメラと800万画素のアウトカメラを装備し、いずれも高画素だ。

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0を標準装備。GPS、加速度、地磁気、照度、ジャイロといった、タブレットではおなじみのセンサー類も装備する。

 標準でUSBコネクタを本体内蔵の「micro-ABメス」からPCで標準的な「Aメス」に変換するケーブルが付属しており、USBマウスやキーボードなどの周辺機器を接続できる。このUSB micro-ABコネクタは内部的にディスプレイ出力信号も持っているようで、オプションではHDMI変換ケーブル(USB micro-ABからHDMI)やアナログRGB変換ケーブル(USB micro-ABからアナログRGB)が販売される予定だ。
 

 

上面の端にヘッドフォン/ライン出力を配置(写真=左)。下面にクレードル接続コネクタとストラップホールを用意している(写真=右)

 

左側面にSDXC対応microSDメモリーカードスロットとmicro-AB仕様のUSB 2.0コネクタを備える(写真=左)。右側面には電源、音量(大/小)、画面回転ロックの各ボタンが並ぶ(写真=右)

 

本体内蔵のUSB micro-ABメスからUSB Aメスに変換するケーブルが付属する(写真=左)。WQ1/Jを左に、第3世代iPadnのWi-Fiモデル(横位置で幅241.2×高さ185.7×厚さ9.7ミリ、約652グラム)を右に並べた様子。画面のアスペクト比が16:9と4:3の違いはあるが、サイズはほぼ同程度におさまっている。それでいてWQ1/Jの重量は約574グラムと軽い

 

 

 

クレードルに置くだけの簡単充電、USBからの給電も可能

 本体内蔵のリチウムポリマーバッテリーは容量が29ワットアワー、公称の駆動時間が約10.5時間、充電時間が約5.5時間とされている。充電は付属のクレードル経由で行う仕様で、ACアダプタは本体ではなくクレードルに接続する。

標準のクレードルに本体を載せて充電する仕様で、本体側にACアダプタを接続する端子は用意されていない(写真=左/中央)。ACアダプタのサイズは35(幅)×84(奥行き)×27(高さ)ミリ、重量は約188グラムと小型軽量だ(写真=右)

 

 店頭モデルには充電機能のみの「充電専用クレードル」が標準で付属するが、直販モデルでは、そのほかに4基のUSB 2.0ポートとHDMI出力端子を備えた「USB/HDMI付きクレードル」が用意されている。クレードルへの接続は簡単で、端子と左右にあるガイドの位置を合わせて、本体を置くだけでいい。

 これがあれば、本体のコネクタカバーを開けずにキーボードやマウスが接続でき、また大画面のディスプレイに出力して使うことも可能だ。机の上ではノートPCあるいはデスクトップPCの感覚で使いつつ、いつでも身軽にタブレットとして持ち出せる。

 Windows 8のデスクトップアプリを利用するにはキーボードやマウスが利用できたほうが断然便利で、(Windows RTではなく)Windows 8タブレットである利点を生かすには、このUSB/HDMI付きクレードルは必携といっても過言ではないオプションだ。

 なお、本体にACアダプタを直接接続するための端子はなく、外出先でACアダプタを利用したい場合にはクレードルも一緒に持ち出す必要がある。出張や旅行で使いたい場合にはマイナスだ。
 

直販モデルでは4基のUSB 2.0ポートとHDMI出力端子を備えた「USB/HDMI付きクレードル」も用意されている

 

 もっとも、本体のUSB micro-ABポートからの給電にも対応しており、市販のUSB変換ケーブル(Bオスからmicro-ABオス)などを使ってPCに接続すれば、スマートフォンなどと同じように充電できる。

 充電仕様はUSB 2.0ポートの仕様に準拠(+5ボルト/0.5アンペア)だ。付属のACアダプタの出力は36ワット(+12ボルト/3アンペア)、充電時間は約5.5時間なので、相当な時間がかかる計算になるが、富士通によれば「あくまで緊急時などを想定した補助的な機能と考えてほしい」とのことだ。

 USB給電中は自動的に消費電力が入力電力を下回るようパフォーマンスが調整されるとのことで、充電されるのはスタンバイ時(Connected Stanby時)および電源オフ時に限られる。また、充電エラーによる過充電を防ぐための充電タイマーを設定しており、8時間を超えると充電が停止するようになっている。そのため、USBからの充電では満充電にならない場合があるという(0%から開始すると計算上約70%まで)。

 バッテリーが切れそうになってギリギリの状態で接続した場合も、USB給電している間は何とか動作しながらでも持ちこたえられるということで、緊急時にUSBからでも給電できることは心強い。


IPX5/IPX8相当の防水性、IP5X相当の防塵性を装備

 防水・防塵性能を備えている点も見逃せない。端子キャップをしっかりと閉じた状態で、JIS規格(JISC0920)におけるIPX5/IPX7/IPX8相当の防水性、IP5X相当の防塵性を備える。その具体的な内容は下表にまとめた。

 水の中で使っても平気だというわけではないが、キッチンやプールサイド、運動場など、水滴や砂がかかったり、誤って水中に落としてしまう可能性がある場所でも比較的安心して使うことができる。

 

 

 

タブレット用に開発された新SoC「Clover Trail」を搭載

Intelがタブレット向けに開発したClover TrailことAtom Z2760を搭載。2つのCPUコアとGPUコア(Power VR SGX 545)、そしてチップセットの機能をワンチップに集積している。現行のCPU-Z(Ver.1.62)では、情報が正確に取得できなかった

 

  これだけの小さなフォームファクタでWindows 8の利用を可能している最大の要因は、基本システムにClover Trailの開発コード名で知られるAtom Z2760を搭載しているためだ。これはIntelがタブレット向けに開発したSoC(System On Chip)で、2つのCPUコアとGPUコア(Power VR SGX 545)、そしてチップセットの機能をワンチップに集積している。

 CPUコア部分の構造自体は従来のAtom Zシリーズ(Atom Z670など)と特に変わりなく、動作クロックは1.5GHz(最大1.8GHz)で、デュアルコアだがHyper-Threadingによって4スレッドの同時実行が可能だ。

 チップセット部分ではSerial ATAやPCI Expressインタフェースを割り切って省くことで省電力化しているほか、メモリをSoCの上に重ねて実装できるPoP(Package On Package)に対応しており、14×14ミリの小さなチップにシステムの中核部分のほとんどを実装できるため、ボディの小型化や軽量化が容易になっている。
 

ストレージは64GバイトのSSDを搭載。標準状態で空き容量は約24Gバイトと少ない

 メモリはPC2-8500 LPDDR2 SDRAMを2Gバイト内蔵し、ストレージは64GバイトのSSDだ。前述の通り、Atom Z2760はSerial ATAのインタフェースが省かれているので、64GバイトSSDはeMMC(embedded MultiMediaCard)を利用している。

 今回試用したWQ1/Jは、Office Home and Business 2010を搭載した構成だったこともあり、標準状態でSSDの空き容量が約24Gバイトと少なかった。SSD容量を増やすオプションなどは用意されないため、microSDメモリーカード(SDXC対応で最大64Gバイト)を装着してデータ保存用に使ったり、クラウドサービスを活用したりして、上手くやりくりする必要がある。
 

 

 

 

 

 

WQ1/Jのデバイスマネージャ画面。CPUは2コア4スレッド対応のAtom Z2760、グラフィックスはIntel GMA、ストレージはMMC Memory Cardとなっている

 

今回入手したWQ1/Jに搭載されていたアプリ群。Office Home and Business 2010は非搭載の構成も可能だ

 

 

明るく鮮やかなIPS液晶ディスプレイを搭載

1366×768ドット表示の10.1型ワイド液晶ディスプレイはIPS方式で視野角が広い。表面はグレアタイプだ

 10.1型ワイド液晶ディスプレイは、表示解像度が1366×768ドットだ。液晶パネルとタッチパネルの間の空気層をなくして密着させることにより、外光の乱反射を抑えて色鮮やかな表示を実現する「Super Clear Panel」を採用している。

 画素密度は約155ppiと平凡だが、輝度は非常に明るく、色も鮮やかで、見た目の印象はよい。広視野角のIPS方式液晶パネルを採用しているため、斜めから見ても色味の変化がほとんどなく、くっきりと画面全体を見渡せる。表面は光沢仕上げのため、非光沢に比べれば映り込みはあるが、輝度が高いため、あまり気にならない場合も多い。色味は目視ではやや黄色が強い印象だ。

 10点マルチタッチに対応したタッチセンサーを搭載し、指で画面に直接触れて操作できる。富士通では、滑らかなタッチ感を実現するために「スーパーグライドコーティング」と呼ばれる特殊な表面処理を行っているとアピールしているが、実際に触れてみると確かに分かりやすい。小指の爪の脇の部分などでそっと触るだけでも反応し、すぅーっとスムーズに滑るような操作ができる。センサーの精度も良好で、比較的小さなボタンなどに触れる際もズレを感じることはなかった。

 ただし、WQ1/Jだけの問題ではないが、10.1型ワイドの画面サイズで1366×768ドットの表示解像度では、デスクトップでのタッチ操作はギリギリという印象で、マウスやペンなどが欲しいと感じることはある。

 内蔵ステレオスピーカーのサウンド品質も、タブレットとしてはなかなか良好だ。比較的低音が効いていて、スカスカしない音が鳴る。動画や音楽などのエンターテインメントコンテンツもしっかり楽しめる。


性能はTegra 3搭載Windows RTタブレットと同レベルか

 Atom Z2760を搭載しているということで、パフォーマンスも気になるところだ。ここからはベンチマークテストの結果を見てみよう。

 まずWindowsエクスペリエンスインデックスだが、プロセッサ、グラフィックスともに3点台のスコアにとどまっている。SSDの性能を見るためにCrystalDiskMarkも実行した。ランダムアクセス性能はHDDより格段によいものの、シーケンシャルライト性能は低く、廉価版のSSDによく見られるスコアの傾向だ。
 

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア(画面=左)。CrystalDiskMark 3.0.2のスコア(画面=右)

 

 総合ベンチマークテストのPCMark 7と、3Dグラフィックステストの3DMark06については、超低電圧版のCore iシリーズを搭載したUltrabookなどと比べてしまうと、全体的に低い。参考までにテスト結果のグラフは、Core i5-3427U(1.8GHz/最大2.8GHz)を搭載したWindows 8タブレット「FMV STYLISTIC WQ2/J」のスコアも併記したが、その差は大きい。そのぶん、薄さ、軽さ、低消費電力で優位に立つのがWQ1/Jというわけだ。

 WQ1/Jのグラフィックス機能はDirectX 9.3まで対応しているが、3Dゲームができるレベルの3D描画性能は持っていない。ストリートファイターIVベンチマークなども実行は可能なものの、ロード中からひどいフリッカーが発生するなど、まともな描画が期待できる状況ではなかったため、実行は見送った。
 

PCMark 7のスコア(グラフ=左)。3DMark06のスコア(グラフ=右)

 

 また、NDIVIA Tegra 3を搭載したWindows RTタブレット(VivoTab RT TF600)との性能比較の目安として、Windows 8/Windows RTが標準で備えているシステム評価ツール「WinSAT(Windows System Assessment Tool)」と、WebブラウザベースのHTML5ベンチマークテスト「WebVizBench」も実行した。これらの結果を見る限り、Windowsを使ううえではTegra 3とAtom Z2760は似たような性能レベルであることが分かる。
 

 

 

 実際の使用感はというと、やはりWindows RTタブレットと似ている。ちょっと触っただけの印象では、Internet Explorer 10のWebブラウズや、Windowsストアプリでの操作において、特にストレスは感じない。Webページによっては画像のレンダリングが少し遅れたり、動画サイトの場合は動画の読み込みに(一般的なPCに比べると)時間がかかったりといったようなことはあるが、意識しなければ気づかないかもしれないし、少し慣れれば気にならないレベルだと思われる。

 ただし、SSDの性能が影響しているのか、ディスクアクセスが絡むと、やはりPCとのレスポンスの違いは感じてしまう。例えば、画面キャプチャを行う際にチャームを表示させて検索欄で「ぺ」と入力して「ペイント」アプリを表示、そのまま起動して貼り付け……といったような一連の操作では、モタつきが確認できる。

 特にペイントアプリが表示されるまでの時間はUltrabookなら一瞬だが、WQ1/Jの場合はいったん「ぺ」の入力途中の「p」に反応して別のアプリが表示され、その後ペイントに表示が変わる……という過程をすべて目で追うことができ、時間も数秒かかる。

 Windows RTタブレットよりできることが多く、通常のWindows PCと同じことができるぶん、(PCの使用感を知っているだけに)ストレスを感じる場面は少し増えるかもしれない。この辺りは薄型軽量ボディとのトレードオフとして、仕方がないことだろう。
 


ソフトウェアのアップデートで性能が改善

 なお、WQ1/Jの試用を始めたとき、バッテリー駆動時はCPUパフォーマンスが最大でも50%に抑えられる設定がなされていた。
 

 しかし、2012年12月11日付けで、CPUパフォーマンスを最大100%まで向上する「電源設定変更ツール」がWebページで配布されており、これを適用することでバッテリー駆動時のパフォーマンスが改善されるようになった。

 このような対応になった理由を問い合わせてみたところ、「当初はバッテリー駆動時間を延ばすことを優先的に考えていたため、パフォーマンスを抑える設定にしていたが、バッテリー駆動時間への影響がさほどでもないこと、またユーザーからCPUパフォーマンスに関する要望が大きいことから対処した」という回答が得られた。


 というわけで、前述した筆者のインプレッションやベンチマークテスト(後述のバッテリーテストも含む)は、この電源設定変更ツールを適用した後のものだ。電源設定変更ツールの適用は自らWebページで探さなくても、プリインストールされているメンテナンスツール「アップデートナビ」から簡単に行なえるので、ぜひ適用をおすすめしたい。

タブレットとして不満のないバッテリー駆動時間

 

電源プランは「バランス」のみ用意されており、通常のPCで選べる「省電力」や「高パフォーマンス」の設定はない

 バッテリー駆動時間はBBench 1.01(海人氏・作)を利用して測定した。本体側は無線LANでネットに常時接続し、Bluetoothをオン、GPSをオン、「画面の明るさを自動的に調整する」をオフにし、電源プランは「バランス」を利用、バッテリー駆動時のディスプレイの輝度は40%に設定した。

 BBenchの設定は「60秒間隔でのWeb巡回(10サイト)」と「10秒間隔でのキーストローク」を適用。WebブラウザはInternet Explorer 10を指定し、タブブラウズはオフに設定している。

 この条件でのテスト結果は、満充電の状態から残量5%で休止状態に移行するまで6時間59分だった。公称値の約10.5時間には及ばないが、画面は輝度が40%の設定でも非常に明るいため、輝度を下げることで、さらに1~2時間長く持たせることは十分に可能と思われる。タブレットとして不満のない駆動時間を達成しているといえる。

 ボディの発熱については、しばらく使っていると横位置での左半分がじんわりと熱を帯びる。左半分の中心付近が最も熱く、ベンチマークテストの実行中は室温22度の環境で最大39度、その周辺は36~37度までボディの表面温度が上昇した(放射温度計で計測)。Webで動画を見る程度であればここまで高温にはならず、最大でも37度程度だった。ボディの右半分はほとんど発熱しないので、気になるならば、表示を180度回転させてそちら側を持てばよい。


即戦力になる薄型・軽量・防水・防塵のWindows 8タブレット

 WEB MARTでの直販価格は最小構成で7万4800円からだ。今なら8%OFFクーポンが配布されており(2013年1月9日14時まで有効)、これを適用すると6万8816円とかなりリーズナブルな価格となる。最小構成にはOffice Home and Business 2010が含まれないが、ハードウェアスペックは店頭モデルとまったく変わらないだけに、Officeが不要ならばお買い得だ。

 標準の充電専用クレードルは9660円でUSB/HDMI付きクレードルに変更できるほか、クレードルやACアダプタの追加購入、USB接続のDVDスーパーマルチドライブの追加などが行える。さらにユーザー登録により、2年の延長保証が無料で、ワイド保証が1万2800円の割引価格で付けられる特典も見逃せない。

 iPadやAndroidタブレットにヒケをとらない薄型軽量のボディは、デザインも洗練されており、防水・防塵性能という付加価値も備える。

 また、Windows 8上でデスクトップアプリを利用するにはキーボードやマウスの接続は必須と思われるだけに、ポートリプリケータとして使えるUSB/HDMI付きクレードルが用意されている点も大きい。これを使えば、机の上ではノートPCあるいはデスクトップPCのような感覚で利用しつつ、いつでもクレードルからサッと持ち出してタブレットとして使えるのだ。

 タブレットとしての手軽さとWindowsならではの利便性を兼ね備え、即戦力として活躍できる貴重なWindows 8タブレットといえる。

 

 

 

image beaconimage beaconimage beacon