古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneがほぼ完全にGoProになるケース【今日のライフハックツール】

ライフハッカー [日本版] のロゴライフハッカー [日本版] 2017/04/25 ライフハッカー[日本版]
iPhoneがほぼ完全にGoProになるケース【今日のライフハックツール】 © 株式会社メディアジーン 提供 iPhoneがほぼ完全にGoProになるケース【今日のライフハックツール】


「GoPro」といえば、アクションカメラの代名詞。手軽に迫力のある動画が撮れるために、屋外でのアクティビティが好きな人に人気抜群のアイテムですが、滅多に使わないという人にとっては手を出しにくい物でもあります。

しかし、もしiPhone 6以降をお使いなら、安価にGoPro体験をしてみるチャンスがあります。


ProShotCase』は、iPhone 6以降で使える防水ケースですが、ユニークなのはGoProマウントを備えている点。

つまりGoProの豊富なアダプターを使って、あらゆる物に固定して撮影することができるのです。iPhone自身のサイズが大きい点と、撮影中にはiPhoneが使いにくいのを除けば、GoProと全く同じ撮影体験を得られると言ってしまってもいいでしょう。



タッチスクリーンが使えるタイプは、水深1.8mまでの防水となりますが、タッチスクリーン非対応のタイプは、水深30mまで潜れます。後者は、シュノーケリングでの撮影なら問題なく対応できますし、もちろん水深に気をつけておけば、スキューバダイビングでも利用可能です。

両タイプとも、iPhone 6/6s/7用が11,000円(送料別・税別)、iPhone 6 Plus/7 Plus用が13,000円(送料別・税別)となっています。


ProShotCase

(田中宏和)
image by ProShotCase

【関連記事】
海外旅行中に財布をなくした! そんな時に知っておきたい対処法
スポーツ観戦はテレビよりスマホのほうが楽ちん?
「車は街乗りメイン」という人に読んでほしい、車のお話
次世代型IoT「AIoT」ってなんだ?

image beaconimage beaconimage beacon