古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneだからこそ撮れる猫写真もある! インスタ投稿用写真は加工も大事

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/04/28
iPhoneだからこそ撮れる猫写真もある! インスタ投稿用写真は加工も大事 © KADOKAWA CORPORATION 提供 iPhoneだからこそ撮れる猫写真もある! インスタ投稿用写真は加工も大事

鉄条網を心なしか避けつつ、ちょこんと座ってる姿がカッコよかったので正面から(もちろんiPhoneだけを塀の上にのっけてます)1枚。撮影後「snapseed」でレタッチ(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus) 鉄条網を心なしか避けつつ、ちょこんと座ってる姿がカッコよかったので正面から(もちろんiPhoneだけを塀の上にのっけてます)1枚。撮影後「snapseed」でレタッチ(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)  この連載ではいつもどのカメラでどう猫を撮ったか、的な話を中心に展開している……つもりなのだが、世の中的に一番使われてるカメラはスマホなのは確かで、私は仕事柄、出歩くときは常時何らかのデジカメを持っているのだが、それでもスマホで撮ることはよくあるのである。私の場合は「iPhone 7 Plus」だ。  どんなときにiPhoneで撮るか。3つのケースがある。  1つ目は「あ、これ撮ってすぐシェアしたい」と思ったとき。デジカメで撮った写真はシェアするのにワンクッション必要だが、iPhoneで撮っておけばすぐinstagramなりなんなりに上げられる。  この時は、まずその時メインで使ってるデジカメで撮った後、猫が動かないでいてくれたときにiPhoneに持ちかえる感じ。  冒頭写真がそうだ。鉄条網がちょっと気になるのか、よく見ると塀の中心から少しだけずれた位置に座ってるのがツボだったのである。iPhoneの望遠側カメラだとちょうどいい位置にいたのでそれで。  最初からinstagramへ上げようと撮るときは、正方形でトリミングすることを意識して撮る。  次の写真はしゃがんでiPhoneを逆さに持って被写界深度エフェクト機能(ポートレートモード)で撮った猫。背景をぼけさせたかったので。  低い位置で撮りたいときはiPhoneを逆さに持つのである。iPhoneに限らず、多くのスマホはそうなんだが、カメラが背面の端の方についてるので逆さに持つだけで低い位置から撮れるのだ。これ、簡単で便利な技だ。 久しぶりに晴れた冬の日、ぶらぶらと歩いてたら、日向で昼寝してる猫を発見。iPhoneを逆さにしてそっと起こさないように、背景がボケるポートレートモードで撮影(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus) 久しぶりに晴れた冬の日、ぶらぶらと歩いてたら、日向で昼寝してる猫を発見。iPhoneを逆さにしてそっと起こさないように、背景がボケるポートレートモードで撮影(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)  そして正方形に切り取ってinstagramにアップしたのがこちらだ。 instagramアプリ上で正方形にトリミングし、フィルターをかけた写真(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus) instagramアプリ上で正方形にトリミングし、フィルターをかけた写真(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)  2つ目のケースは「お、今この瞬間すぐ撮りたいけど、カメラはバッグの中だー、がさごそ取り出してたら猫がびっくりしちゃうかもー」なとき。  iPhoneはたいてい手に持ってるか、ポケットのすぐ取り出せる場所にあるのでとっさに撮るには都合がいいのだ。  古い住宅街を歩いてて、あ、猫がいる、と思ったら、いるどころかわんさかと集まってて、皆が一斉にこちらを凝視したので、あ、これは今すぐこの瞬間に撮らないと猫たちが警戒して散らばっちゃうと感じたのである。  で、さっとしゃがんで右手に持ってたiPhone(地図を見てたのだ)で撮ったのがこれ。 圧巻の6匹軍団。そのうち4匹は明らかに血族。みんな微妙に顔が違って面白い(2017年2月 アップル iPhone 7 Plus) 圧巻の6匹軍団。そのうち4匹は明らかに血族。みんな微妙に顔が違って面白い(2017年2月 アップル iPhone 7 Plus)  撮ったときは猫が何匹写ってるかなんて考えもしなかったなんだが、あとで数えたら6匹。  このとき何枚か撮ったのだが、6匹全部写ってたのは最初に撮ったこれだけだったのである。すでに一番近くにいる猫が動き出して少しブレてるから。  しっかり余裕を持って撮れるときは、タッチAFとかAFロックとか露出補正とか、ちょっとした指先技を駆使できるんだが、そんな余裕がない、このタイミングで今すぐ撮りたいってこともある。  そのときのポイントは猫を構図のど真ん中に置くこと。  iPhoneのカメラはカメラ任せで撮るとき「顔を見つければ顔に、そうじゃないときは画面中央に」フォーカスを合わせようとするからだ。そうすると猫にピントが合う。 ポートレートモードにして猫をど真ん中において撮影。塀の上にいるっぽい感じで(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) ポートレートモードにして猫をど真ん中において撮影。塀の上にいるっぽい感じで(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) 写真がイマイチな時はトリミングして構図を調整する  でもいざ撮ってみると、ちょっと写真として面白くない。猫も遠すぎる。  そこであとからちょっとトリミングして調整する。  この写真をinstagramに上げるとき、大胆にトリミングして構図を調整したのがこちら。 instagramでトリミングしてフィルターをかけてみた。ちょっと猫を中心からずらしたのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) instagramでトリミングしてフィルターをかけてみた。ちょっと猫を中心からずらしたのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)  よく見ると被写界深度エフェクトが微妙な箇所があるけれども、それはさておき、塀の上にいる猫の雰囲気が出た。  個人的にはiPhoneで撮った写真はそのあとにレタッチしてなんぼって感はあるな。撮ったものをそのまま使うことってあまりない。  便利なフォトレタッチアプリが揃ってるからパソコンでいじるよりずっと簡単に一手間かけられるのも理由のひとつだし、そうして仕上げていくのが楽しいのも理由のひとつ。  instagramアプリでさっとフィルターかけちゃうこともあるし、簡単な傾きや明るさの補正なら標準の写真アプリの出番だけど、一番よく使うのは「Snapseed」というアプリ。無料で超高機能なのでお勧め。  撮影時とレタッチ後を並べてどうぞ。 元写真。逆光でちと暗い(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) 正方形にトリミングし、明るさを調節してからSnapseedのドラマフィルタをかけてみた(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus) 元写真。逆光でちと暗い(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) 正方形にトリミングし、明るさを調節してからSnapseedのドラマフィルタをかけてみた(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)  元の写真は逆光気味で暗くなってる。これを明るくしてドラマフィルターをかけてみた。  こちらは自販機の上でくつろいでた白猫。逆光気味で白い猫なので暗く写ってしまったが、Snapseedで明るく補正。 くつろいでる姿がなかなかよかったので腕を少し上にあげて、見上げる感じにならないように撮影(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) Snapseedでほわっと明るくしてみた(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) くつろいでる姿がなかなかよかったので腕を少し上にあげて、見上げる感じにならないように撮影(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus) Snapseedでほわっと明るくしてみた(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)  さて3つ目のパターン。  それは猫がひとなつっこすぎるとき。  とことこと近寄ってきて撫でてくれといってきたり、足下でごろごろされたりすると逆に撮りづらい。普通のカメラだとレンズが飛び出てるのでモニターを見ながら撮るとか大変困難なのである。  でもiPhoneなら薄いのでなんとかなるのだ。左手で猫を撫でながら右手で撮る。そういうときiPhoneの出番である。  首を撫でてやるとめちゃ気持ちよさそうにへちゃったのでその隙にiPhoneで。 ポートレートモードで撮影後、Snapseedでちょっとふわっと(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus) ポートレートモードで撮影後、Snapseedでちょっとふわっと(2016年12月 アップル iPhone 7 Plus)  こんな状態になると一眼レフなんてデカくて邪魔なだけだからね。iPhoneの方がずっといい。  人差し指を差し出したら鼻をこすりつけてきたってときももちろんiPhone。 近寄っても逃げる気配を見せなかったので、人差し指を差し出してみたらこすりつけてきた(2017年1月 アップル iPhone 7 Plus) 近寄っても逃げる気配を見せなかったので、人差し指を差し出してみたらこすりつけてきた(2017年1月 アップル iPhone 7 Plus)  iPhoneに限らず、スマホの画質はどんどん上がってて、スマホの薄さや機動力が猫撮りに役立つこともあるのである、って話でありました。  時代はどんどん進んでて面白いですな。 筆者紹介─荻窪圭 老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/
 

iPhoneだからこそ撮れる猫写真もある! インスタ投稿用写真は加工も大事

iPhoneだからこそ撮れる猫写真もある! インスタ投稿用写真は加工も大事
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon