古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneでもOK! Bluetoothヘッドホン国内最大手が音にこだわった新型を試聴三昧

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/26
iPhoneでもOK! Bluetoothヘッドホン国内最大手が音にこだわった新型を試聴三昧 © KADOKAWA CORPORATION 提供 iPhoneでもOK! Bluetoothヘッドホン国内最大手が音にこだわった新型を試聴三昧

iPhone X発表で一層注目を集めるBluetoothヘッドホン市場。そんななか国内シェアナンバーワンのエレコムがついにTrue Wirelessを発表、同時にシロマサモデルをワイヤレス化! そして数千円台の普及タイプもラインナップ。さっそく試聴してみた! iPhone X発表で一層注目を集めるBluetoothヘッドホン市場。そんななか国内シェアナンバーワンのエレコムがついにTrue Wirelessを発表、同時にシロマサモデルをワイヤレス化! そして数千円台の普及タイプもラインナップ。さっそく試聴してみた! 今買うならiPhone Xに必須のワイヤレスだ!  ヘッドホンジャックを排除したiPhone 7/7 Plusが発売された2016年10月以降、Bluetoothヘッドホン市場が右肩上がりの活況だ。アップルからiPhone X/8/8 Plusも発表され、ますます加速していくことは間違いない。そんなBluetoothヘッドホン市場で、2016年1月からシェアナンバーワンのメーカーをご存知だろうか? 並みいるオーディオメーカーを押しのけてトップを独走しているのが、エレコムである。  そんなエレコムがこの秋、ついにTrue Wirelessを発表した。 同社初のTrue Wireless! シロマサモデルのBT版も  Bluetoothヘッドホンの国内シェア3割超を占める最大手エレコムが、1万円前後から3000円台までのボリュームゾーンに計4機種を投入。なかでも注目は、同社初となるTrue Wirelessモデル「LBT-TWS01シリーズ」。そして2016年に話題を呼んだ士郎正宗モデルのBluetoothヘッドホン版「LBT-SL100シリーズ」も登場した。  そのほか、実勢価格3580円というお手頃かつ、多数の耳型データを基にデザインされた装着感◎のBluetoothヘッドホン「LBT-HPC13シリーズ」。そして実勢価格5480円でAACコーデック対応の「LBT-HPC21シリーズ」も発売。この秋からは予算に合わせて最適なBluetoothヘッドホンが選べるわけだ。今回は4つの中から前者2つを紹介しよう。 LBT-TWS01シリーズ……エレコム初のTrue Wirelessモデル。左右が完全独立しているので、ケーブルの煩わしさから開放された LBT-TWS01シリーズ……エレコム初のTrue Wirelessモデル。左右が完全独立しているので、ケーブルの煩わしさから開放された LBT-SL100シリーズ……士郎正宗氏がデザインしたヘッドホンをBluetooth化。アニソンのためのヘッドホンというコンセプトも継承 LBT-SL100シリーズ……士郎正宗氏がデザインしたヘッドホンをBluetooth化。アニソンのためのヘッドホンというコンセプトも継承 LBT-HPC21シリーズ……ハウジングにアルミ合金を採用したミドルクラスのモデル。ネオジムマグネットを採用した6mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。振動板はPETフィルムを採用し、レスポンスの良い中高域を実現。5組の3Dイヤーアームと3組のイヤーキャップにより、耳に合わせてぴったりフィットできる LBT-HPC21シリーズ……ハウジングにアルミ合金を採用したミドルクラスのモデル。ネオジムマグネットを採用した6mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。振動板はPETフィルムを採用し、レスポンスの良い中高域を実現。5組の3Dイヤーアームと3組のイヤーキャップにより、耳に合わせてぴったりフィットできる LBT-HPC13シリーズ……カラフルな色を用意し、装着感にこだわったBluetoothヘッドホン。外耳道と珠間切痕の角度を測定し、最適な挿入角度と抜けにくさを実現させている。9.2mm径のダイナミック型ドライバーを装備し、振動板はPETフィルムを採用。振動板表面には40本のリブを設け、異常な振動を抑制し、歪の少ないリニアな出力を実現した。スマホ向けとAV機器向けがある LBT-HPC13シリーズ……カラフルな色を用意し、装着感にこだわったBluetoothヘッドホン。外耳道と珠間切痕の角度を測定し、最適な挿入角度と抜けにくさを実現させている。9.2mm径のダイナミック型ドライバーを装備し、振動板はPETフィルムを採用。振動板表面には40本のリブを設け、異常な振動を抑制し、歪の少ないリニアな出力を実現した。スマホ向けとAV機器向けがある 充電ケース付の完全独立型で1万円台の高コスパ製品「LBT-TWS01」 充電ケース付の完全独立型で1万円台の高コスパ製品「LBT-TWS01」 ついに登場True Wirelessモデル  今回発売された製品でいちばんの注目は、True Wirelessを実現した「LBT-TWS01」だ。  じつは完全ワイヤレスを実現するためには数々の難題をクリアしなければならない。左右のヘッドホンがケーブルでつながっている製品が多いのは、ケーブルがないと電波を吸収しやすい頭を挟んで、左右のヘッドホン間を通信させなければならない。電波が切断されず、常に接続された状態にするためにはかなりハードルが高いのだ。その難題をクリアした製品が「LBT-TWS01」である。 Ture Wirelessの「LBT-TWS01」。色はブラックとレッドがある Ture Wirelessの「LBT-TWS01」。色はブラックとレッドがある  昔のBluetoothヘッドホンを知っている人だと、通常のネックバンドタイプより、かなり音質が落ちたり、接続性が悪いというイメージがあるが、この製品はそんなイメージを払拭してくれる。  6mm径の外磁型ダイナミックドライバー“マイクロETEM(イーテム)ドライバー”を採用し、小型ながら力強く、ワイドレンジでクリアな音質を実現。音道の先端にドライバーを設置するDirect Contact Mount構造を採用し、歪みのない、鮮明なサウンドをダイレクトに伝えられる。  振動板は、6ミクロンのPETフィルムを採用。レスポンスの良い中高域を再現し、高磁力のネオジムマグネットを採用することで、ダイナミックでキレの良い低域を実現している。また、内部構造を左右対称にすることで、左右で差異のない音響を確保。コンパクトなデザインながらバックキャビティ容積を設けたことで、豊かな低音を実現している。  耳栓型イヤーキャップと3Dイヤーアームにより、耳の凹凸にフィットさせることで、耳から外れやすくなるのを防ぐ。また、充電はバッテリー内蔵のクレードル・ケースにしまうだけ。1回の充電による連続再生時間は約2.5時間で、ケースにしまうことで4回ぶん充電できる。  また、マイクを内蔵しており、スマホで通話が可能。音楽を聞いている最中に着信があっても安心だ。 エンクロージャーの先端にMicro ETEM Driverを内蔵。濁りや歪のない、鮮明なサウンドを直接鼓膜に届けられる エンクロージャーの先端にMicro ETEM Driverを内蔵。濁りや歪のない、鮮明なサウンドを直接鼓膜に届けられる 内部構造を左右完全対称にすることで、左右で差異のない音響を確保。音の広がりも良い 内部構造を左右完全対称にすることで、左右で差異のない音響を確保。音の広がりも良い クレードル・ケースは、microUSBコネクターを備えており、USB給電により充電可能。バッテリー残量もLEDランプによりわかる クレードル・ケースは、microUSBコネクターを備えており、USB給電により充電可能。バッテリー残量もLEDランプによりわかる 3Dイヤーアームがあることで、耳にフィットし動いても外れにくい 3Dイヤーアームがあることで、耳にフィットし動いても外れにくい アニソン特化の士郎正宗氏デザインモデルがワイヤレスに!  アニソン用ヘッドホンを定着させたエレコムが、2016年末に発売した士郎正宗氏デザインのヘッドホンをワイヤレス化。音質はそのままにケーブル接続から開放され、アニソンをガンガン聴けるモデル「LBT-SL100」として登場だ。 「LBT-SL100」シリーズ。士郎正宗氏のデザインらしいハウジングは、ケーブルの出し方にもこだわりが 「LBT-SL100」シリーズ。士郎正宗氏のデザインらしいハウジングは、ケーブルの出し方にもこだわりが リモコン部は、目視しなくても操作ボタンの位置が把握しやすい リモコン部は、目視しなくても操作ボタンの位置が把握しやすい バッテリーケースもリモコン共々、士郎正宗デザイン バッテリーケースもリモコン共々、士郎正宗デザイン 充電は、リモコン側面のmicroUSBポートから給電する 充電は、リモコン側面のmicroUSBポートから給電する  「LBT-SL100」シリーズは、ブラックとシルバー、レッドの3色を用意。ハウジングの構造は従来のママに、リモコンとバッテリーケースを新たに士郎氏にデザインしてもらい、全体に統一感を持たせている。また、高音質コーデックのaptX、iPhoneなどのiOSで採用されているAACコーデックにも対応し、ワイヤレスになったことによる音質の劣化を防いでいる。  10mm径というインナーイヤータイプとしては大きめのダイナミックドライバーを採用し、チタンコートされたPETフィルムと、表面に40本のリブを設けることで、異常振動を低減し、歪みの少ないリニアな出力とを実現。豊かな低域と明瞭感ある高域も再現する。  また、軽量なCCAWボイスコイルを採用することにより、振動のレスポンスを向上。ネオジムマグネットの採用と合わせ、クリアでキレの良い低域を実現している。  アニソンに向けて最適なチューニングを施しているのは従来同様。リモコン上のmicroUSB端子にUSB給電することで充電可能。1回の充電で、連続音楽再生は6時間、連続通話は6.5時間。 イヤーキャップは内外の高度を変えたことで、装着感と音質向上を両立。S、M、Lの3種が同梱 イヤーキャップは内外の高度を変えたことで、装着感と音質向上を両立。S、M、Lの3種が同梱 ANIME MUSICと大きく記載し、キャラクターイラストもあるのでアニソン特化モデルということがわかりやすい ANIME MUSICと大きく記載し、キャラクターイラストもあるのでアニソン特化モデルということがわかりやすい True Wireless「LBT-TWS01」と士郎正宗モデル「LBT-SL100」を、iPhoneとウォークマンで試聴してみた True Wireless「LBT-TWS01」と士郎正宗モデル「LBT-SL100」を、iPhoneとウォークマンで試聴してみた True Wireless「LBT-TWS01」を試聴してみた!ワイヤレスを使いだしたら、もうワイヤードには戻れない  ということで、さっそく2つの製品をそれぞれ試聴してみた。プレーヤーは、iPhone 7 Plusとウォークマン「NW-A30」の2つを使用した。  まず、True Wirelessの「LBT-TWS01」。クレードル・ケースは、ヘッドホン本体をセットしていても、実測で42gと非常に軽く、サイズ的にも持ち運びに苦にならない。充電もヘッドホンをセットするとLEDランプが付き、残りのバッテリー容量も分かりやすく、USB給電により充電できるので、万が一でもモバイルバッテリーやiPhoneの充電器でも充電できるのはいい。  ヘッドホン本体は、バッテリーを内蔵することでわずかに重く感じるが、実測で6.5g程度。3Dイヤーアームがいい感じにヘッドホンを固定してくれるので、歩いていてもズレることはなく、音質が変わることもない。落下しないという安心感は、True Wirelessのヘッドホンでは非常に大切だ。  Bluetoothヘッドホンということで、まずはペアリング。方法は簡単で、プレーヤー側のBluettothをオンにして検索状態にする。そのあと、ヘッドホン本体にあるボタンを左右同時に3秒ほど押すと、まず左右のヘッドホンがペアリング完了し、その後プレーヤー側に機器名が表示される。選択すれば接続完了で、次からは左右のヘッドホンのボタンを同時に3秒ほど押すと、起動と左右がペアリングされ、プレーヤー側も認識して自動的に接続される。 使い始めに接続方法だけ覚えておこう。とはいえ、難しい操作ではないのでご安心を 使い始めに接続方法だけ覚えておこう。とはいえ、難しい操作ではないのでご安心を  これらの動作は、耳に装着しながら行なうといい。3秒ボタンを押すと「プー」という音がし、「ライトチャンネル」「レフトチャンネル」とそれぞれのヘッドホンからがペアリングが成功した旨のコールが鳴る。その後「ビッ」と音がすればプレーヤーと接続された相図。ここでプレイボタンを押せば音楽を楽しめる。  一方、終了する際は、片方のボタンを長押しして「プー」という音がすれば電源が左右とも切れる。もし、クレードル・ケースにすぐしまうのであれば、電源をオフにする必要はない。そのままケースにセットして蓋を閉めるだけで、プレーヤーと接続が解除され充電が開始される。 電源やペアリングを終了させず、耳から外して直接クレードルに収納してもOK。自動的に接続や電源が切れて充電が始まる 電源やペアリングを終了させず、耳から外して直接クレードルに収納してもOK。自動的に接続や電源が切れて充電が始まる  また、スマホを操作していてもケーブルが邪魔することはない。何より通勤・通学電車でよく味わうであろう、ケーブルがほかの乗客に引っかかって抜け落ちるというトラブルから解放される! ワイヤレスのありがたさをしみじみと感じる瞬間だ。もうケーブル付きには戻りたくなくなる。  音質はと言うと、じつに素晴らしい。特に高域のキレの良さはドンシャリ好きの筆者にとって感動すら覚えた。低音もよく響いてバランスもよく、ボーカル曲のときもしっかり歌声が響いて心地よい。クラシックを聞いても、微細表現もしっかりしていて、空気感を感じる。音の広がりも感じるので、その場で演奏しているかのようだ。 「LBT-TWS01」をiPhone 7 Plusで聴く。音道の先端にドライバーがあるためか、True Wirelessとは思えぬほど鮮明だ 「LBT-TWS01」をiPhone 7 Plusで聴く。音道の先端にドライバーがあるためか、True Wirelessとは思えぬほど鮮明だ  ウォークマンの場合は、イコライジングをはじめとした音質調整がすべて働かない。それでも、低域から高域にかけて脳内に響き渡る感じで、音質調整は必要ないほど。なお、1点注意が必要で、ボリュームがその都度リセットされるため、接続直後に再生する際はボリュームに気を配ろう。 「LBT-TWS01」をウォークマン「NW-A30」で聴く。やはりDirect Contact Mount構造のおかげか、中高域のキレは確か 「LBT-TWS01」をウォークマン「NW-A30」で聴く。やはりDirect Contact Mount構造のおかげか、中高域のキレは確か ネックバンドのシロマサモデル「LBT-SL100」を試聴してみた!プレーヤーで聴くと真の実力がわかる!  一方、アニソン用の「LBT-SL100」は、リモコンとバッテリーケースがつながったネックバンドタイプ。ケーブルはあるが、何しろデザインがかっこいいので耳に装着しても目立つ。装着感も上々で、密閉感も高い。  ペアリングは、リモコンの真ん中にあるボタンを長押しして起動。LBT-TWS01同様、プレーヤー側で検索をかけると機器名が表示され、選択することでペアリング完了になる。あとは、電源を入れるだけで自動的に接続できるようになる。  リモコンがあることで、プレーヤーを手元でコントロールできるのはうれしい。プレーヤーをポケットやカバンにしまってしまった場合、その都度出すのは面倒。リモコンはちょうど左耳元あたりにくるが、指で触ってボタンが認識できるので、操作に迷うことはない。 「LBT-SL100」をiPhone 7 Plusで聴く。声優が歌うことの多いアニソン特化らしく、声のツヤをよく表現してくれる 「LBT-SL100」をiPhone 7 Plusで聴く。声優が歌うことの多いアニソン特化らしく、声のツヤをよく表現してくれる  音質はと言うと、まずiPhoneで使ってみたが、価格差もありLBT-TWS01に比べれば若干明瞭感は落ちるものの、アニソン系の楽曲ではボーカルの声が透き通って耳に入る感じがいい。筆者好みのドンシャリ系楽曲でも十分満足する。  ウォークマンでも聴いてみたが、これがiPhoneよりも音質は良い! LBT-TWS01に比べても引けを取らないレベルだ。LBT-TWS01ではスマホとウォークマンでそれほど差を感じなかったこともあり、ちょっとこれにはビックリ。低域も良く響き中域から高域に掛けてはクリア感もある。 「LBT-SL100」をウォークマン「NW-A30」で聴く。明らかにスマホとの違いが出た。こちらは専用プレーヤーで使うのが吉だ! 「LBT-SL100」をウォークマン「NW-A30」で聴く。明らかにスマホとの違いが出た。こちらは専用プレーヤーで使うのが吉だ! まとめ:もはやメインストリームと化したBluetoothヘッドホンTrue Wirelessとネックバンド、iPhone X発売までに決めておこう!  2機種試用してみたが、プレーヤーとケーブルでつながることなくそれぞれ独立して扱える快適さは、一度覚えてしまうと元には戻れない。音質面もケーブルありと比較しても遜色なく、True Wirelessを長時間使ってみたが、特に接続がおかしくなることもなかった。  どちらのヘッドホンも密閉性が高いので、ボリュームを絞っても問題ないため、通勤・通学時の音漏れの心配も低い。iPhone X/8/8 Plusが発表されたが、もちろんヘッドホン端子はない。同時にBluetoothヘッドホンを購入するなら、予算に合わせてこれらの製品をチョイスすることをオススメする。 ■関連サイト LBT-TWS01 LBT-SL100 エレコム

iPhoneでもOK! Bluetoothヘッドホン国内最大手が音にこだわった新型を試聴三昧

iPhoneでもOK! Bluetoothヘッドホン国内最大手が音にこだわった新型を試聴三昧
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon