古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneで音楽を聞くなら絶対Bluetoothヘッドフォン! その理由を解説!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/29
iPhoneで音楽を聞くなら絶対Bluetoothヘッドフォン! その理由を解説! © KADOKAWA CORPORATION 提供 iPhoneで音楽を聞くなら絶対Bluetoothヘッドフォン! その理由を解説!

 iPhoneなどのスマートフォンでも、周辺機器のワイヤレス化はもはや当たり前。一番身近なところでは、通話や音楽再生に使うヘッドセットやイヤフォン/ヘッドフォンのワイヤレス化だろう。  こうした周辺機器のワイヤレス化のための規格が「Bluetooth」。今やスマホやPCなら対応しているのが当たり前の規格だ。  そんなBluetoothヘッドフォンだが今、かなり売れている。  GfKジャパンの調査によると、2016年第4四半期のBluetoothヘッドフォン/ヘッドセットの販売数量は前年比32%増、今年の第1四半期の販売数量は27%増となった。  なぜ今Bluetoothがブレイクしているいるのか、改めて振り返ってみる。 登場から10年はパッとしなかった規格Bluetoothのサクセスストーリー 2003年に開催されたBluetooth SIGのプレスセミナーで展示されていた機器たち。携帯電話やヘッドセットが製品化されていた 2003年に開催されたBluetooth SIGのプレスセミナーで展示されていた機器たち。携帯電話やヘッドセットが製品化されていた  Bluetoothは1998年にその名称が発表され、1999年にBluetooth Ver.1.0の仕様が定められた。  日本で普及がはじまったのは2000年代初期で、その頃からBluetoothヘッドフォンやイヤフォンは登場していた。  だが、その当時はまったく人気がなかった。その理由はさまざまだが、オーディオユーザー的な観点から言えば「音が悪かったから」。  Buetoothは仕様上、「SBC」という音声圧縮方式で伝送するので、圧縮による音質劣化がかなり目立っていたのだ。  当時も今も主流であるヘッドフォン端子と有線で接続すれば、音声圧縮などはしない。ワイヤレスが便利とはいえ、わざわざ音質の悪い高価なヘッドフォンを選ぶ人はあまりいなかった。  その後、Bluetooth機器が流行しそうな兆しは何度かあったが、結局はあまりブレイクしないまま月日が流れた。  しかし、2010年頃からスマートフォンが普及しはじめ、そのほとんどにBluetoothが搭載されたことで、ワイヤレスヘッドセットやワイヤレスヘッドフォンが脚光を浴びはじめる。 Lightning端子を採用した「iPhone 5」 Lightning端子を採用した「iPhone 5」  そして、2012年登場の「iPhone 5」でアップルは、それまでのPCなどとの接続用端子であった「Dockコネクター」を廃止し、新たにLightning端子を採用した。  これにより、デジタル接続で高音質な音楽再生ができることで人気だったiPhone用Dockを備えたコンパクトなオーディオ機器がほぼ絶滅することになった。 2013年頃にはLightning端子搭載のスピーカーがいくつか登場した(写真は ソニー「SRS-GM7IPN」) 2013年頃にはLightning端子搭載のスピーカーがいくつか登場した(写真は ソニー「SRS-GM7IPN」)  iPhone 5と接続するための機器としては、Lightning端子を採用したモデルもあったがその数はごくわずか。利便性優先のものと思われていたBluetooth接続のオーディオ機器が一気に主流の座に立ったのである。  というのも、そのときAndroidスマホも普及しており、Dockコネクターにしろ、Lightningにしろ、iPhone専用となる接続端子はAndroidスマホとは併用しにくくなっていた。  しかも、アップル自身が端子を更新してしまえば、その機器は無用の長物になる。その点、Bluetoothは汎用の規格でiPhoneもAndroidも対応していたので、Bluetooth対応ならば端末の種類を気にせず使える。こうした汎用性の高さで注目を集めたのだ。 ヘッドフォン出力がなくなった「iPhone 7」 ヘッドフォン出力がなくなった「iPhone 7」  決定的になったのは、アップルが現行モデルの「iPhone 7」でヘッドフォン出力を廃止してしまったこと。これによりBluetoothヘッドフォンやイヤフォンへの注目度がかなり高まった。Lightning端子で接続できるイヤフォンなども登場しているが、数としてはごくわずかだ。 Bluetooth接続の進化から取り残されるiPhoneでも、NFCペアリングが今秋以降に可能になるかも!?  Bluetoothは1対1で接続する規格なので、使用時にはペアリングと呼ばれる接続設定を行なう必要がある。  iPhoneの場合は、「設定」から「Bluetooth」を呼び出し、Bluetoothをオンにする。リストに接続可能な機器が表示されるので、接続したい機器を選択するとペアリングされる。  Bluetoothヘッドフォン/イヤフォンに限らないが、接続リストの名称は製品名であることがほとんどなので、それを指定する。  男性ならそうした機器の名称を個別に認識するのは普通だが、女性の多くはあまり個別の機器名に関心がないかもしれないので、機器の名称や型番はよく憶えておこう。  ペアリングは基本的には一度すればよく、再び使用するときには、iPhoneのBluetoothをオンにし、接続したいヘッドフォン/イヤフォンの電源をオンにすれば、自動的に再接続される。  複数のBluetooth機器を使い分ける状況でなければ、接続しっぱなしにしておいてもあまり問題はない。多少バッテリーの保ちに影響する程度だ。  このペアリングは、慣れないと少々難しい。特にヘッドフォン/イヤフォン側をペアリングモードに移行させるには、電源ボタンの長押し、ペアリング(Bluetooth)ボタンを押す、などの操作が必要で、最初はマニュアルを見て操作する必要がある。  最近のBluetooth機器は、ペアリングモードへの移行などの状態を音声で知らせてくれるので、多少は簡単にできるようになったが、最初のうちは戸惑いがちだろう。 NFCに対応したBluetooth機器とスマホなら、NFCマーク同士を近づけるだけでペアリングができる NFCに対応したBluetooth機器とスマホなら、NFCマーク同士を近づけるだけでペアリングができる  こうしたペアリングの面倒は、実はiPhone特有のものだ。Androidスマホは、その多くが非接触型ICである「NFC」に対応しており、Bluetooth機器側がNFCに対応していれば、ロゴマーク同士を近づけるだけでペアリング/切断の操作ができてしまうのだ。  もちろん、AndroidスマホとBluetooth機器の両方がNFCに対応していないと使えないので、その場合はやはり「設定」からBluetooth接続をすることになる。  iPhone 7もNFCに対応しているが、現状はNFCによるペアリングはできない。ただし、今秋登場予定のiOS 11では、NFCの仕様が一部変更されるとのことで、Bluetoothペアリングが可能になるかもしれない。 使い勝手は快適だが……充電と音質の問題がある 充電中も使えるクリエイティブメディアのBluetoothヘッドフォン「SoundBlaster JAM」。直販価格は3758円。NFCにも対応している 充電中も使えるクリエイティブメディアのBluetoothヘッドフォン「SoundBlaster JAM」。直販価格は3758円。NFCにも対応している  一度、Bluetoothのワイヤレス接続を体験してしまうと、その便利さは想像を超えるはずである。音質を考えると、Lightning端子でポタアンなどと接続し、ヘッドフォンとの接続も有線(アナログ接続)が至上と考える筆者のようなオーディオマニアでさえ、日常使いはBluetoothがいいかなと思うくらいだ。  音質的にも実用上は問題ないくらいなのだが、Bluetoothヘッドフォン/イヤフォンにもデメリットはある。  一番の問題は、バッテリー充電が必要なこと。バッテリーが切れてしまうと音が出なくなる。バッテリー切れでも有線接続で使えるモデルもあるが、iPhone 7ではオーディオ出力端子がないので有線接続できないので注意。  これを解決……はできないが、問題を緩和する方法としては、充電中でも通信可能なBluetoothヘッドフォンを選ぶという手がある。  結局のところ充電中は(ACアダプターとの)有線となってしまうのでワイヤレスではなくなるが、充電中はヘッドフォンがまったく使えないということはない。国内メーカーのBluetoothヘッドフォンはほとんどが充電中は電源オフになるが、海外メーカーの製品だといくつか存在するので、探してみるといいだろう。 Bluetoothではハイレゾ音源の再生はできない オーディオテクニカの「ATH-DSR9BT」。「apt-X HD」に対応する(現状では)数少ないヘッドフォンだ。実売価格は5万9000円前後 オーディオテクニカの「ATH-DSR9BT」。「apt-X HD」に対応する(現状では)数少ないヘッドフォンだ。実売価格は5万9000円前後  もう1つ問題があるとすれば、iPhoneでハイレゾ再生をしようと思うとBluetoothでは難しいこと。  Bluetoothヘッドフォンは音質についても、着々と進化してきた。前述のSBCによる音質劣化や圧縮にともなう音声の遅延については、低遅延と高音質を実現した「apt-X」という圧縮方式がサポートされ、オーディオプレーヤーや高音質なBluetoothヘッドフォンなどが採用しはじめた。  また、「LDAC」(最大96kHz/24bitで伝送可能)や「apt-X HD」(最大48kHz/24bitで伝送可能)などのBluetooth用高音質コーデックが登場してきており、これらはハイレゾ相当の音質で再生できる。ただ、一部のAndroidスマホはこれらを利用できるが、iPhoneがサポートしているのは、SBCとAACのみ。 オンキヨーの「HF Player」など、iPhoneでハイレゾ音源の再生に対応できるアプリはあるが、別途外付けのUSB DACが必要となる オンキヨーの「HF Player」など、iPhoneでハイレゾ音源の再生に対応できるアプリはあるが、別途外付けのUSB DACが必要となる  AACファイルの音源ならば再変換なしかというとそうではなく、一度PCMに戻してから再度AAC変換されて伝送となるので、コーデックとしての音質は優れるが再変換による音質劣化の懸念はある。  とはいえ、これはワイヤレスをとるか、絶対的な音質をとるかの選択なので、絶対的な高音質を求めるならば、有線接続が優位となる。日常使いはBluetooth、真面目に音楽を聴くときは有線と使い分ける必要があるだろう。 次回はBluetooth対応のヘッドフォン/イヤフォンをタイプ別に紹介!  今回はBluetoothのお勉強が中心になってしまったが、何気なく使っているワイヤレス技術のことを改めてよく理解できたと思う。  Bluetoothのオーディオ機器はヘッドフォン/イヤフォンに限らず、カジュアルなオーディオでは欠かせないものとなっている。その気軽な音楽リスニングを一度試してみてほしい。  次回は、そんなBluetoothヘッドフォン/イヤフォンを紹介。単なるワイヤレスというだけでなく、実はさまざまなスタイルもある。そんなモデルの違いについても紹介していく。 iPhone 7で有線ヘッドフォン/イヤフォンを楽しむ!  iPhone7ではそもそも有線接続ができない、と思われがちだが、ここでBluetooth以外の選択肢を紹介しよう。1つはLightning接続タイプのイヤフォンだ。  パイオニアの「RAYZ Plus」(SE-LTC5R、同2万円前後)と「RAYZ」(SE-LTC3R、実売価格 1万5000円前後)は、48kHz/16bitのデジタル接続が可能なイヤフォン。音質的には優位と言っていい。  しかも、Lightning接続タイプのモデルは今までにない高機能も大きな特徴となる。まず、電力はiPhoneから供給されるので充電などは不要。Siriを呼び出して音声操作ができるといったスマート機能もある。  RAYZの場合は、ノイズキャンセル機能を持ち、好みのアプリを起動できるスマートボタンなどの機能もある。専用アプリを使ってこれらの機能をカスタマイズすることも可能だ。  このほか、イヤフォンが外れたら自動で音楽再生を停止するといった便利な機能まで盛り込まれている。単なるヘッドセットというよりもかなり高機能を実現できるのだ。  スタイルとしては、今までの有線接続に近いものだし、高機能もなかなか注目だ。問題点があるとすれば、完全にiPhone専用でほかの機器では使えない点くらいだ。 OPPOのポータブルヘッドフォンアンプ「HA-2SE」(実売価格 4万4000円前後) OPPOのポータブルヘッドフォンアンプ「HA-2SE」(実売価格 4万4000円前後)  もう1つの選択肢は、音質を最優先したもの。ポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)を追加して音楽再生をするスタイルだ。  ポタアンの種類にもよるがデジタル接続によるハイレゾ再生も実現できるし、今まで使っていたヘッドフォンやイヤフォンがそのまま使えるというメリットもある。  持ち歩く機器が2台になってかさばりやすい点や、ポタアンの充電が必要など、決していいことばかりではないが、音の良さにこだわる人のためのスタイルだ。  こちらの方は、今までのノウハウがそのまま使えるので、再生用アプリの選択や優れたポタアン、ヘッドフォン/イヤフォンの選択など、自由に音質を追求してもらいたい。

iPhoneで音楽を聞くなら絶対Bluetoothヘッドフォン! その理由を解説!

iPhoneで音楽を聞くなら絶対Bluetoothヘッドフォン! その理由を解説!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon