古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneの良きパートナーになるか? NTTドコモ「TV BOX」でできるコト

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/14 ITMedia
iPhoneの良きパートナーになるか? NTTドコモ「TV BOX」でできるコト: 「TV BOX」。ボディーは黄色と黒のツートンカラー © ITMedia 提供 「TV BOX」。ボディーは黄色と黒のツートンカラー

 NTTドコモが5月14日に発表した「TV BOX」は、iPhoneのようにテレビチューナーを搭載していない端末のユーザーには最適なアクセサリーになるかもしれない。発表会のタッチ&トライコーナーで触ることができたのでリポートしよう。

 既報の通り、「TV BOX」には主に4つの機能がある。

モバイルバッテリーとして使う

 「TV BOX」は3560mAhのバッテリーを内蔵し、外出先でiPhoneなどを充電するモバイルバッテリーとして利用できる。iPhone 5sの場合、1.5回ほど満充電にできる。

XiのモバイルWi-Fiルーターとして使う

 「TV BOX」にドコモUIMカードを挿せば、LTE(Xi)のモバイルWi-Fiルーターとして活用できる。スマートフォンやタブレット、ゲーム機など最大8台を同時にインターネットに接続可能だ。

Android搭載のスマートテレビになる

 「TV BOX」をHDMIケーブルでPCディスプレイなどに接続すれば、Android 4.1が動くスマートテレビとして利用できる。Youtubeなどのプリインストールアプリはもちろん、GooglePlayストアにも対応しているため、好みのアプリをダウンロード。ドコモの動画配信サービス「dビデオ」や「dアニメストア」も視聴できる(別途契約が必要)。

 本体のUSB端子にマウスを接続して操作できるほか、前述の専用アプリ「TV BOX」のメニューから「TV BOXリモコン」を選択するとiPhoneやAndroidスマートフォンがタッチパッドリモコンに早変わり。

 TV BOXは、後述のLTE(Xi)に加え、Wi-FiのAP/クライアントのどちらでも使えるため、ドコモのUSMカードを入れない場合でも自宅の無線LANに加えてインターネットに接続することは可能だ。ただし、この場合はNOTTVは視聴できない(NOTTVはドコモ回線契約とNOTTV契約が必要)。

iPhoneをワイヤレステレビにする

 TV BOXを使えば、iPhoneでもフルセグ、ワンセグ、NOTTVのワイヤレス視聴が可能になる。TV BOXのチューナーで受信したデジタル放送をWi-Fi伝送し、専用アプリ「TV BOX」で視聴する仕組みだ。

 ただし、地デジのフルセグは17〜18Mbpsと容量が大きいため、内蔵のトランスコーダーで720×480ピクセルにダウンコンバートして転送する仕組みになっている。ビットレートは2M〜5Mbpsまで下がるが、会場のiPhone 5sの画面で映像を見る限り、精細感、動画表示ともに問題は感じられなかった。

 もちろんTV BOXのHDMI出力を使って大画面テレビに映し出す場合は画面が粗くなる可能性も高いが、「テレビなら自前のチューナーを搭載しているため、映像の出力先は主にPC用ディスプレイを想定している。メインになる20インチクラスまでなら解像度に問題ないと考えている」(NTTドコモ)。なお、同時に視聴できる端末は1台まで。

 TV BOXは、単体でテレビ番組の録画も可能だ。本体にSDHCの32Gバイトまで対応するmicroSDカードスロットを備え、ワンセグやNOTTVは放送ストリームをそのまま記録する。一方のフルセグは前述のトランスコードしたデータを保存する仕組みだ。「フルセグをそのまま記録すると1時間番組で8Gバイトも消費してしまう。トランスコードすれば32Gバイトのメディアに14時間前後は録画できる」(同社)。なお、NOTTVの場合は32Gバイトのメディアに約60時間の録画が行えるという。

 「TV BOX」は、7月中にドコモショップおよびドコモオンラインショップで発売する予定。端末価格は1万円台前半になる見込みだ。ドコモ回線の契約は必須ではないものの、すべての機能を使いたいのであれば、月額500円の「デバイスプラス500」および月額300円の「SPモード」、そして月額400円のNOTTV視聴料が必要になる(既にドコモユーザーの場合)。

[芹澤隆徳,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon