古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneを振り返る:マニア向けから一般ユーザー向けに変貌を遂げた「iPhone 3GS」

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/15 06:00
iPhoneを振り返る:マニア向けから一般ユーザー向けに変貌を遂げた「iPhone 3GS」 © ITmedia Mobile 提供 「iPhone 3GS」

 3代目のiPhone「iPhone 3GS」は、2009年6月8日(現地時間)、Appleの年次開発者会議「Worldwide Developer Conference 2009(WWDC 2009)」の基調講演で発表された。同時に発表されたOSの新バージョン「iPhone OS 3.0」を搭載し、前モデルの「iPhone 3G」から動作が大幅に高速化され、快適に操作できるようになった。新たにモデル名に付加された「S」は「Speed」から取ったものだ。なお、発表当初は「iPhone 3G S」というように「G」と「S」の間にスペースがあったが、間もなくこのスペースはなくなってしまった。グローバルでは6月19日に、日本では6月26日にソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)から発売された。

 デザインはiPhone 3Gと変わらず、背面を滑らかな曲面で覆った樹脂製。サイズも同じだが、重さは135gとiPhone 3Gよりも2グラム重くなった。カラーはブラックとホワイトで、それぞれ16GBモデルと32GBモデルが用意された。発売直後の価格は一括で16GBが6万9120円、32GBモデルが8万640円だったが、ソフトバンクは端末価格やパケット定額制プランの上限額を引き下げる「iPhone for everybody」というキャンペーンを展開し、2009年12月から16GBモデルの実質価格が0円になった。

 カメラは300万画素に画素数がアップし、それまでパンフォーカスだったものがオートフォーカスに。動画撮影やマクロ撮影にも対応した。電子コンパスを内蔵し、地図が進んでいる方向に合わせて回転するようになり、より使いやすくなった。

 iPhone OS 3.0ではさまざまな新機能が加えられ、使い勝手が向上した。カット、コピー、ペーストに対応し、写真や動画、位置情報などを添付できるMMSが利用できるようになった。MMSはソフトバンクの「S!メール」と同様のサービスで、「@softbank.ne.jp」のアドレスを継続して使えるようになった点が大きい。

 これまでも、専用メールアドレス「@i.softbank.jp」を使ってメールを送受信できるようにはなっていたが、従来のソフトバンクのメールアドレスを継続できるMMSに対応したことで、比較的抵抗なくiPhoneに移行できるようになった。

 なお、絵文字はiPhone 2.2から対応していたが、iPhone OS 3.0では全てのアプリで利用可能になった。また同じ頃、他キャリアからの絵文字をiPhoneで表示できるようになるなど、メール環境が大きく改善。iPhone人気が急激に高まるきっかけにもなった。

 このほか、メール、カレンダー、メディア、メモなどを横断して検索できる「Spotlight」や、話しかけることで電話やiPodの再生操作ができる音声コントロール、音声を録音できる「ボイスメモ」などが加わった。ただし、音声コントロールは日本語の認識精度があまり高くなく、Siriの登場までそれほど注目されることはなかった。有料のクラウドサービス「MobileMe(後にiCloudに移行)」のユーザー向けに「iPhoneを探す」サービスも開始された。なお、テザリング機能もiPhone OS 3.0で加わったが、このときのソフトバンク版は残念ながら非対応だった。

 iPhone 3Gとデザインが同じで、見た目の変化はなかったが、使ってみると大きな違いを感じたiPhone 3GS。CPUが強化されてレスポンスが格段にアップしたため、非常に快適に使えるようになった。キャリアメールを継続して使えるようになったことから移行に抵抗がなくなり、マニア向け、2台目用だったiPhoneが、一気に一般ユーザーの1台目端末として広がった。企業が業務用端末としてiPhone 3GSを導入する事例も多くなった。App Storeに登録されるアプリは5万本(WWDC2009の基調講演より)を超え、iPhone OS 3.0ではアプリ内課金や月額課金にも対応。iPhone経済圏を支える強固な下地が確立され始めた時期だった。

「iPhone 3GS」の主な仕様

・発表日(日本時間):2009年6月9日

・発売日:2009年6月26日

・キャリア:ソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)

・容量:16GB、32GB

・サイズ:約62.1(幅)×115.5(高さ)×12.3(厚さ)mm

・重量:約135g

・ディスプレイ:3.5型(320×480ピクセル)液晶

・プロセッサ:Samsung S5PC100

・アウトカメラ:有効約300万画素

・インカメラ:なし

・ネットワーク:3G

・ボディーカラー:ブラック、ホワイト

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon