古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhoneを振り返る:3D Touchに対応した「iPhone 6s/6s Plus」、4型の新モデル「iPhone SE」

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/29
iPhoneを振り返る:3D Touchに対応した「iPhone 6s/6s Plus」、4型の新モデル「iPhone SE」: 「iPhone 6s」 © ITmedia Mobile 提供 「iPhone 6s」

 「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は、第9世代目のiPhone。2015年9月9日(現地時間)、Appleが米サンフランシスコで開催したイベントで正式に発表され、日本では9月12日16時1分に予約開始、9月25日に発売された。ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクから販売され、Apple StoreではSIMロックフリー版も販売された。ストレージは両モデルとも16GB、64GB、128GBの3種類ずつ提供されたが、iPhone 7が発売された際に32GBと128GBモデルの2種類となった。

 画面サイズと解像度はiPhone 6/6 Plusと同じで、本体デザインも踏襲したが、iPhone 6s/6s Plusには航空宇宙産業で使われているアルミニウム7000シリーズが採用され、強度がアップ。本体はともに0.2mm厚くなり、重さもiPhone 6sは14g、iPhone 6s Plusは20g重くなった。カラーバリエーションは従来のスペースグレイ、ゴールド、シルバーに、ローズゴールドが加わった。

 最も変わったのが、新たな操作法として画面を押し込んで各種情報を閲覧できる「3D Touch」を搭載したことだ。ディスプレイ下に圧力を検出するセンサーが組み込まれ、内蔵されたTaptic Engineが押し込んだことを振動でユーザーに伝える。これによって、「Peek」と「Pop」の操作も可能になった。例えば、メールの一覧で画面を押し込む(Peek)とプレビューを表示し、さらに押し込む(Pop)と全文を表示する。

 プロセッサは「A9」、モーションコプロセッサは「M9」になって性能が向上。M9によってバッテリーの効率化が図られると同時に、Siriが常時オンになり、端末に「Hey Siri」と話しかけるだけでSiriが起動するようになった。

 アウトカメラは800万画素から1200万画素にアップ。シャッターを切った前後の映像と音を記録し、3D Touchで写真を長押しすると被写体が動く「Live Photos」が新たに加わったほか、4Kムービーが撮れるようになった。インカメラは120万画素から500万画素に。撮影時にディスプレイを光らせてライトのように使える「Retina Flash」が追加された。なお、光学式手ブレ補正機能は、iPhone 6 Plusと同じくiPhone 6s Plusのみが搭載した。

 通信規格は下り最大300MbpsのLTE-Advancedをサポートし、23のLTEバンドに対応。Wi-Fiは複数のアンテナを組み合わせる「MIMO」をサポートし、866Mbpsにまで速度が拡張された。

 OSはiOS 9を搭載。iOS 9は主にiPad向けの機能が強化されたが、iPhoneでもより賢くなったSiriや検索機能が使えるようになった。

 なお、日本で2015年5月1日から始まった携帯電話のSIMロック解除義務化によって、iPhone 6s/6s PlusはSIMロック解除に対応した初めてのiPhoneとなった。

●4型ディスプレイの「iPhone SE」も登場

 iPhone 6s/6s Plusの発売から約半年後の2016年3月21日(現地時間)、iPhoneの新モデル「iPhone SE」が発表された。日本では3月24日から予約を開始し、3月31日にドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクから発売。Apple StoreではSIMロックフリー版も販売されている。

 iPhone SEは4型(640×1136ピクセル)のRetinaディスプレイを搭載した小型のiPhoneで、2013年に発売された「iPhone 5s」とほぼ同じデザインを採用。サイズ・重さもほぼ同じだが、機能はiPhone 6s相当まで引き上げられた。OSはiOS 9.3をプリインストールしていた。なお、当初は16GBと64GBモデルが用意されたが、後に32GBと128GBモデルに置き換わった。

 指紋認証ができるTouch IDは搭載するが、iPhone 6s/6s Plusの第2世代ではなく、iPhone 5sと同じ第1世代のもの。気圧計と3D Touchの搭載は見送られた。アウトカメラは1200万画素で、Live Photosや4K動画の撮影が可能。インカメラは120万画素だが、Retina Flashには対応した。

 通信規格はLTEが下り最大150Mbpsで、「VoLTE」も利用可能。Wi-Fiは最大433Mbpsの通信速度を実現する。

 iPhone SEは、2017年3月25日からY!mobileとUQ mobileでも販売を開始した。格安の料金でMVNOと競争する両者にとって、iPhone SEは他のMVNOと差別化する大きな武器となっている。

「iPhone 6s」の主な仕様

・発表日(日本時間):2015年9月10日

・発売日:2015年9月25日

・キャリア:ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク

・容量:16GB、32GB、64GB、128GB

・サイズ:約67.1(幅)×138.3(高さ)×7.1(厚さ)mm

・重量:約143g

・ディスプレイ:4.7型(750×1334ピクセル)液晶

・プロセッサ:A9

・アウトカメラ:有効約1200万画素CMOS

・インカメラ:有効約500万画素CMOS

・ネットワーク:LTE、3G

・ボディーカラー:スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド

「iPhone 6s Plus」の主な仕様

・発表日(日本時間):2015年9月10日

・発売日:2015年9月25日

・キャリア:ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク

・容量:16GB、32GB、64GB、128GB

・サイズ:約77.9(幅)×158.2(高さ)×7.3(厚さ)mm

・重量:約192g

・ディスプレイ:5.5型(1080×1920ピクセル)液晶

・プロセッサ:A9

・アウトカメラ:有効約1200万画素CMOS

・インカメラ:有効約500万画素CMOS

・ネットワーク:LTE、3G

・ボディーカラー:スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド

「iPhone SE」の主な仕様

・発表日(日本時間):2016年3月22日

・発売日:2016年3月31日

・キャリア:ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、Y!mobile、UQ mobile

・容量:16GB、32GB、64GB、128GB

・サイズ:約58.6(幅)×123.8(高さ)×7.6(厚さ)mm

・重量:約113g

・ディスプレイ:4型(640×1136ピクセル)液晶

・プロセッサ:A9

・アウトカメラ:有効約1200万画素CMOS

・インカメラ:有効約120万画素CMOS

・ネットワーク:LTE、3G

・ボディーカラー:スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon