古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhone 8――10年目を締めくくる初期iPhoneの完成形

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/09/19 20:00
iPhone 8――10年目を締めくくる初期iPhoneの完成形: iPhone 8 Plus。これまでのiPhoneの魅力がすべて最良の形で詰め込まれている © ITmedia PC USER 提供 iPhone 8 Plus。これまでのiPhoneの魅力がすべて最良の形で詰め込まれている

 Apple発表イベントに関する報道の多くは、次世代機「iPhone X」ばかりをクローズアップしている。iPhone Xには、iPhoneの次の10年を占うような、未来を感じるチャレンジが詰まっているが、価格的にはまだ少し割高で、ホームボタン割愛により操作方法も従来から大きく変わっている。

 そこまで積極的に新機能を追い求めないほとんどの人にとっては、iPhoneがこの10年で培ってきた魅力のすべてを、最高の形で凝縮した「iPhone 8」シリーズこそがおそらく本命のiPhoneになるのではないかと筆者は思っている。早速レビューしよう。

●ガラスの背面でエレガントさを増したiPhone 8

 米国のみ発売の初代iPhoneから数えて10年目。2017年に発表されたiPhone 8は、これまでのiPhoneの集大成、あるいは1つの完成形といった趣きだ。10年で培われてきたiPhoneのすべてが最良の形で凝縮されている。

 一方でiPhone 8は次世代製品、iPhone X時代のトレンドにもしっかりと対応している。見た目こそ旧モデルのiPhone 7に似ているが、コード接続不要で置くだけの快適ワイヤレス充電に対応しているし、iPhone Xと同じA11 bionicチップを搭載。これから来年にかけてはARや機械学習という技術を使ったアプリが急激に増えそうで、このA11 bionicを搭載しているか否かが、それらのアプリを快適に使えるかの分岐点になりそうだ。

 iPhone 8にするかiPhone Xを選ぶかの議論は、しばらくして面白い新世代アプリが増えるころには、より手ごろで従来の使い勝手のiPhone 8で使いたいか、やや高価だが新技術が満載で使い勝手も大きく変わる次世代のiPhone Xで使いたいかの議論に変わっていくのかもしれない。

 iPhone 8シリーズは、従来のiPhone 7シリーズと変わらないサイズなのに、タブレット製品であるiPadのプロ用高級モデル、iPad Proから自然な発色を実現するTrueTone技術や大音量のスピーカーも引き継いでおり、見た目だけiPhone 7シリーズに似ていても、中身はまったくの別物。まさに従来の形を引き継いだ新世代iPhoneと言えそうだ。

 ここでiPhone 7とそっくりな見た目に改めて目を向けてみよう。確かに正面から見ると両者の区別は難しいが、裏返して見るとすぐに大きな違いに気がつく。背面素材がアルミからガラスに変わっているのだ。

 ケースを付けずに手に持ったときのつるつるとした感触がなんとも心地よく、周囲の光を鏡のように反射するその背面は見とれるほど美しい。

 特にiPhone 7のゴールドの色調とローズゴールドの色調をうまく融合した新しいゴールドモデルはひときわ美しい。乳白色のガラスの内側からローズゴールドに塗られたアルミの輝きがのぞく。その見た目はまるで高級化粧品のボトルのようにどこか妖艶で、それでいて男性が手にしてもしっかりと馴染む。

 古くからiPhoneを見てきた人なら、背面ガラスは2010年のiPhone 4や翌年のiPhone 4sが採用していたことを思い出すだろう。一線を画すエレガントさを持った両モデルだったが、ガラス故の割れやすさが悩みの種だった。

 今回Appleは、新iPhoneのために従来のガラスよりも耐久性を50%以上増した新しいガラスを開発。iPhone 8の正面及び背面に採用している。

 ガラス採用の理由は見た目と肌触りだけではない。日々の生活を大きく変える新機能のワイヤレス充電は、電波を通しやすいガラスの採用で実現した。

 ワイヤレス充電をするには、本体とは別売りの「Qi」という仕様に対応した充電器を別途購入する必要がある。Apple公認の製品はbelkinの「BOOST↑UP Wireless Charging Pad」と、Mophieの「Charging Base」で、どちらもApple直営店やオンラインストアで販売されている。

 なお、Apple自身も来年に独自開発の「AirPower」というワイヤレス充電パッドを発売予定で、これを使えばiPhoneだけでなく、Apple Watchや、ワイヤレスヘッドフォンのAirPodsも同時に充電できる。

 もちろん、ワイヤレス充電パッドを買わなくても、これまで通りLightningケーブルをつないで充電することも可能で、わずか30分の充電で残量50%まで充電できる急速充電にも新たに対応したので、慌ててワイヤレス充電パッドを買う必要はない。

 ただ、いざ使い始めるとコード接続なしの充電はライフスタイルとしてエレガントだし、その快適さは病みつきになる。Appleは今後、空港やカフェなど公共施設への充電パッド普及に向けて働きかけるというので、2020年に向けて公共設備のサービス充実を図る日本の公共設備にも期待したい。

●美しさと忠実さが際立つ新センサー搭載カメラと液晶ディスプレイ

 iPhone 8シリーズのカメラは1200万画素。レンズは6枚構成で、暗いところでどれだけきれいに撮れるかの指標の1つであるレンズの明るさはf/1.8(iPhone 8 Plusの望遠はf/2.8)。実はこれ、iPhone 7シリーズの仕様そのままだ。iPhoneと言えば、新しいモデルが出るたびにカメラが大幅に進化するのを楽しみにしていたのに、今回は変わらなかったか、と思っていたが、写真を撮ってみると絵作りが明らかに違う。

 その秘密はiPhone 8のために新開発した画像センサーにあるようだ。従来よりも大型のセンサーで画像処理のスピードも速い。スローモーション撮影時の画質がこれまでの720pという解像度から1080pという高解像度に変わったことやビデオ撮影時の手ブレ補正の性能が上がったのもそのおかげのようだ(広角撮影時のみ、iPhone Xでは望遠も手ブレ補正する)。

 新しいセンサーとカラーフィルターの搭載でiPhone 8のカメラはより発色が鮮やかになり、ダイナミックレンジ(明るいところと暗いところの明暗差)も大きく目で見た印象に近い写真を撮れるように進化しており、暗いところの撮影でもノイズが乗りにくいという。

 実際にiPhone 8とiPhone 8 PlusそしてiPhone 7 Plusの3台でさまざまなシーンを撮影してみた(ここではいくつか主要なサンプルだけを紹介して、残りは最後のページにまとめる)。

 iPhone 8とiPhone 8 Plus(の広角側での撮影)はあまり差はないが、iPhone 7 Plusと比較すると、iPhone 7 Plusは少し暗くなってくるとディテールが潰れやすく、 夕日をバックにした風景など明暗差が広い場面でも暗い部分が潰れやすい。また明るいところの撮影でも微妙に肌の色や建物の色が異なりiPhone 8の方がより見た目に近い自然な色合いになっている。

 読者の方々は、この撮影写真の違いをパソコンやスマートフォン画面で横並びにして見比べることになるが、iPhone 8の画面に表示して見比べるとさらに差は大きくなる。

 というのもiPhone 8も液晶搭載スマートフォンの中でも最高峰の幅広い色表現が可能なRetina HDディスプレイを採用している上に、今回から新たに周りの光の色にあわせて表示色を微妙に調整するTrue Toneという技術にも対応しているからだ。

 全く同じ白い紙でも白熱灯の下におけばやや黄色く、蛍光灯の下におけば青白く見えるものだが、スマートフォンの液晶画面は発光しているため周囲の光の色に馴染まず色が浮き立ってしまう。True Toneは光のセンサーを使いまるで印刷物のようにスマートフォン画面の表示を周囲の光の色にあわせて馴染ませる技術だ。

 iPhoneは常にスマートフォンの中では圧倒的に高い色の再現性を誇ってきた。シャネルを始めとする高級ファッションブランドの多くが公式のスマートフォンアプリをiPhoneだけに提供しているのも、そうしたことが関係あるはずだ。

 iPhone 8はそのiPhoneの中でも、過去最高レベルの色表現と再現性を実現している(iPhone Xでは黒が際立つ有機ELというディスプレイ技術に移行するので、さらに飛躍しそうだ)。

●デジカメ新時代を感じるポートレートライティング機能

 ところで、2モデル中、画面サイズが大きいほうのiPhone 8 Plusは、iPhone 7 PlusやiPhone X同様にレンズを2つ搭載しており、ポートレートモードという特別な撮影モードを搭載している。

 ポートレートモードでは、撮影は望遠カメラを使って被写体を撮影する一方で、もう1つの目の広角カメラを使って像の遠近感を計測し、瞬時に被写体と背景を切り分ける。そして背景に自然なぼかしをかけることで、まるで高級カメラで撮ったようなハっとするようなドラマチックな写真に仕上げてくれるiPhone 7 Plusの人気機能だった。

 ところが、iPhone 8 Plusでは、この機能がさらに進化し「ポートレートライティング」という機能が追加される。なんと被写体と背景だけでなく、被写体が人間であれば目や鼻や頬といった顔の起伏形状まで記録して立体マップを作り、まるでスタジオ撮影したかのような擬似的な5種類の照明効果を加えられる。

 これはInstagramなどでよく使われるフィルタ機能ではない。フィルタ機能は平面の写真の色を後から加工しているだけに過ぎないが、「ポートレートライティング」では頬や鼻といった顔の起伏を理解し、その周囲にだけ影を作ったり、あるいはなくしたりできる。

 中でもドラマチックなのは背景だけを真っ暗にしてしまう「ステージ照明」という効果だ。これまでこうした被写体と背景の切り分けはPhotoshopなどの業務用アプリを使ってプロの人が職人技で行なっていることが多かったが、iPhone 8はそれがほぼ全自動でできてしまうのだ。ただし、 まだ完璧ではなくβ版(開発途上版)の技術として公開されている。

 デュアルレンズを使って捉えた被写体の起伏情報は写真の付加情報として写真ファイル内に保存されているようで、一度、このモードで(被写体をきちんと認識した状態で)撮影した写真は、後からでも照明効果を切り替えることができる。

 下の動画はこの機能を使って今回のモデル、原田奈津美さんを撮影したものだが、後半に出てくる2つ目のサンプルでは顔の左側の髪の毛や脇のあたりがうまく切り抜けていないことが分かる。

 なお、ポートレートライティングは人物以外の被写体に対しても利用できるが、どうもひとかたまりになっている被写体には強い半面、背景がのぞくような隙間があるとそこだけ切り抜き忘れてしまうようだ。

 この機能は機械学習という人工知能的な技術で実現しているが、今後、使う人が増え学習させるデータが増えることで、後になってさらに性能が改善することが期待できる。機械学習には膨大な処理能力が必要で、それに応えているのがA11 bionicと呼ばれるiPhone 8の頭脳だ。つまり、この機能は同じA11 bionicを搭載するiPhone Xでも利用できるが、搭載しないiPhone 7 Plusでは利用できない。まさにiPhone 8 Plusシリーズに乗り換えるべき大きな理由の1つとなる機能に成長しそうだ。

 中には大きな5.5型液晶のiPhone 8 Plusでは指が画面の端まで届かず文字入力が片手でできないからと敬遠している人もいるかもしれないが、iOS 11からはキーボード設定に「片手用キーボード」というオプションがつきこれまでと同じサイズの指が届くキーボードが表示可能になっている。ただし、もう片方の手を完全に離すとiPhoneを落とす原因になるので、指をひっかけるリング型アクセサリーなどを使って対応するとよいかもしれない。

●ARなど新時代の技術を支える「A11 bionic」

 同様にA11 bionic搭載のiPhone 8はARなどの利用においても理想のiPhoneとなっている。ARkitというiPhoneのAR基盤そのものは、2世代前のiPhone 6sで採用されたA9チップ以降を搭載しているiPhoneすべてで動作はするが、iPhone 8のほうがより快適な動作や高解像度な表示を楽しめる可能性が大きい。

 セカイカメラやポケモンGoなど、これらまでのARアプリは単純にコンパスやジャイロセンサーでiPhoneの向きを計測してコンピューターグラフィックスを表示する位置を決めていたが、ARkitでは部屋の大きさや机の天板の面をカメラを通して画像認識してその上で映像を重ねる。このためコンピューターグラフィックスとは言え、あたかも本当にそこに置いてあるかのようにしっかりと位置が固定されて見える。

 しかも、iPhoneを近づけると細部が大きく見えるといった特徴もあり、かなり精密なコンピューターグラフィックスも合成できる。ただし、これまでのiPhoneでは、処理が追いつかず間引いて表示されることもあるかもしれないので、ARKitのアプリを最良の状態で楽しみたいならA11 bionicを搭載したiPhone 8やiPhone Xが必要になる。

 ここからは少し難しいが、iPhone 8(とiPhone X)の頭脳となるA11 bionicについても解説したい。技術に興味がない人は「これだけでも乗り換える価値があるほど、圧倒的に高速で、」ということだけ覚えて、次の項まで読み飛ばしてもらってもかまわない。

 A11 bionicはiOSやアプリの実行を担うCPUと呼ばれる機能と、画像表示や機械学習を担うGPUと呼ばれる機能、iPhoneを持つ人の動きなどを検知するモーションプロセッサーと呼ばれる機能などを1つに統合した半導体チップだ。

 iPhone 7が採用していたA10 Fusionは、負荷の大きい処理をこなすコア(核)が2つ、負荷の小さい処理を少ない消費電力でこなす節電型のコアが2つの合計4コア構成だったが、A11 bionicでは高性能コアは2つのまま25%高速になっている。

 一方で、少ない消費電力で多くの仕事をこなす節電型のコアは倍の4個に増えており、しかも消費電力は低いまま70%も高速になっている。A11 bionicは、2種類のコアに仕事を振り分けるパフォーマンスコントローラも改善された第2世代のものに置き換わり、最大限の性能が必要なときには6つのコアを1つにまとめて処理に当てることもでき、これまでのA10 Fusionと比べて圧倒的な処理能力を発揮できるのだ。

 一方、高度なグラフィックスを多用するゲームなどはもちろん、画像認識など機械学習を用いるアプリでも重要なのがGPUのパフォーマンスだ。iPhoneのチップは、これまでImagination TechnologyのPowerVRという技術に基づいたGPUを搭載していたが、A11 bionicからはAppleが独自開発した、従来のものよりも30%高速な3コアのGPUを搭載している。

 またモーションプロセッサー更新のおかげかは不明だが、iPhoneに内蔵されたコンパスも正確さを増し、急激に向きを変えたときに(iPhone 7 Plusではしばらく方位が分かるまで針がふらつく)、iPhone 8のコンパスの針はピタリとすぐに向きが定まる。こうしたこともARなどを利用するときのパフォーマンスに大きな違いを生み出すだろう。

 コンパスの改善などについてAppleは公式に唱っていないが、A11 bionicやiPhone 8そのものには、このように表面では分からない繊細な調整もたくさん行われているのを感じる。その艶やかな表面仕上げと同様にソフトウェアの触り心地も艶を増している。

●iPhone登場から10年の集大成

 冒頭でも触れた通り、iPhone 8はiPhoneが生まれた最初の10年の集大成だと思う。故スティーブ・ジョブズが「時折、革命的な製品が出てきてすべてを変えてしまう」と語って発表した初代iPhoneだったが、この製品はやがて、まさにその言葉通りの存在になった。

 日本では発売されなかった最初のiPhoneは、ポケットから取り出してどこでも快適にいつも見ているWebページが閲覧できるデバイスとして人気を高めた。これはおそらく今でも最もポピュラーなiPhoneの使い方だろう。このWebブラウジングも、iPhone 8では色再現性の高い大きな画面と4つの節電型コアで快適に楽しめる。

 iPhoneは動画を楽しむデバイスとしても人気を高めたが、これも大型で高解像度なRetina HDディスプレイや大音量のスピーカーでさらに楽しくなっている。2008年以降はApp Storeが誕生し毎日増え続ける新しいアプリをApp Storeへ探しに行くことが楽しみだった。ここしばらくはアプリが増え続けて、新アプリ発掘を楽しむ習慣もなくなってしまったが、iOS 11の刷新されたApp Storeでは毎日雑誌のようにしてアプリの使いこなしなどの情報を提供しており、再びアプリ新発見の楽しみを呼び戻そうとしている。

 iPhoneは世界で最も人気のデジタルカメラにも進化した。最初は解像度も低くトイカメラなどのアプリを使ってむしろ低解像度を楽しんでいたが、やがて一気に高画質化を果たし、巨大ビルボード広告サイズまで引き伸ばしたiPhone撮影写真が世界中の名所を埋め始めた(Appleの広告キャンペーン)。最新のiPhone 8では、解像度はそのままにカメラがさらに進化を果たし、多くのデジタルカメラを軽く凌駕(りょうが)する性能を持つに至った。特に被写体の起伏を形状認識して照明効果を加えるポートレートライティングのような機能がデジタルカメラに追加されることは今後もしばらくないだろう。

 ちょっとした操作を快適にサポートしてくれるSiriもiOS 11でさらに進化しているし、スマートホーム系およびヘルスケア系IoTをメーカーの壁を超えて共通の操作で扱えるホームキットとヘルスキットも進化している。端子部分をいちいちゴム蓋でふさがなくても大丈夫な耐水性も引き継いでいれば、クレジットカードやSuicaを登録してお財布いらずで決済ができるApple Payにももちろん対応している。

 1つApple Payについてうれしい話題がある。iPhone 7では日本で購入したiPhoneしかFeliCaという日本生まれの技術が搭載されておらず、Suicaの利用はできなかったが、iPhone 8以降(iPhone Xを含む)では海外で発売されるモデルにもFeliCaが搭載された。つまり、増え続ける訪日外国人観光客も、iPhone 8以降であれば、Suicaを登録して日本の快適な交通系電子マネー決済の魅力を享受できるのだ。

 これだけの充実な機能を持ちながら、本体はこれまで通り信じられないほど薄く、手に持った感触も心地よい。このiPhone 8を使って、巨大なプロ用カメラも顔負けな品質の4Kビデオを撮影したりしていると、まるで魔法を手にしたかのような不思議な気持ちに包まれる。

 iPhone 8は、これまでのiPhoneの集大成であり、完成形だと思う。

 なお、次ページ以降では、iPhone 8の驚くべき画質のカメラで撮影したさまざまなシーンでの写真サンプルを掲載している。そちらも是非参照してほしい。

●iPhone 8で撮影した写真サンプル

●カメラマン:林信行(筆者)+保井崇志

 夕景など晴れた日の街中ショットは筆者によるものだが、それ以外の写真は保井崇志さんに撮っていただいた。保井崇志さんはInstagramで一躍注目を集めその作品は3月に発表された第5世代iPadの製品メインビジュアルにも採用された。普段あまり製品写真は撮らないが、今回あえて挑戦をしてもらい、iPhone 8シリーズを使った原田奈津美さんの撮影でも自然な表情を引き出してもらった。Twitter:@_tuck4、Instagram:@_tuck4、http://takashiyasui.com/about

●モデル:原田奈津美

原田奈津美は下着会社の代表で自らモデルも務めている。 Twitter:@natsumi_0310、instagram:@natsumi_7.2.3)

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon