古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

iPhone 8は本当に保守的すぎるのか Apple Watch Series 3と使って得た結論

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/09/27
iPhone 8は本当に保守的すぎるのか Apple Watch Series 3と使って得た結論: 筆者が使っている「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「Apple Watch Series 3」 © ITmedia PC USER 提供 筆者が使っている「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「Apple Watch Series 3」

 2017年のiPhone……「iPhone 8」も、米カリフォルニア州クパチーノにおける発表会、それに22日の発売を経て、一通りのレビューが出尽くした感がある。

 商品そのものは完成度をさらに高めたiPhoneであり、そこに奇をてらった要素はない。事前に流出したiOS 11のゴールデンマスターを違法にリバースエンジニアリングした結果が、ニュースで流れてしまったこともあり、満を持した発表会が情報をどうつなぎ合わせるかの答え合わせとなった感もあった。

 出そろったレビューの多くはカメラ画質に関しての絶賛がその基本にあり、ワイヤレス充電を採用するために背面をガラスに戻した全体の仕上げ・質感とともに、「過去最高のiPhoneである」というトーンが基本となっている。

 筆者もカメラに関しては大いにフィーチャーした記事を書いたが、当然、他のレビュアーと相談したわけではなく、誰もが分かりやすいiPhone 8の改善点として目立っていたというだけにすぎない。

 そんな中、友人が「携帯電話とモバイルPCの融合した製品をスマートフォンとするならば、その基本とする部分が大幅に改善する、例えば電波を捕まえる能力が2倍になるとか、バッテリー駆動時間が2倍になるなどの改良もないのに、補助的な機能であるカメラや製品の性能・機能に全く寄与しないガラスの背面仕上げにばかり訴求するAppleは本質を外しているのではないか」と発言するのを見た。

 なるほどという面もないわけではない。この視点、議論のポイントはなかなか面白い。iPhoneは「おかず」とも言える通信機器やコンピュータとしての機能以外だけでなく、「主食」である基本機能についてもトップクラスだからだ。さらに、この視点そのものが今回Appleが発表した一連の商品……「Apple Watch Series 3」や「Apple TV 4K」へと広がる世界観をも含んでいる。

●携帯電話としての基本機能は充実

 本題に入る前に申し上げておきたいのは、iPhoneシリーズは携帯電話端末として、常に最新の技術に対応しようと努力してきたことだ。以前はそうではない部分もあったが、少なくともここ数世代は究極マルチバンド機とも言える。

 思い起こせば10年前の初代iPhoneは、世の中が第3世代(3G)ネットワークに移行している中、EDGEという第2世代の技術を拡張したデータ通信方式にしか対応していなかった。その後、LTE時代に入ると年を追うごとにマルチバンド化を進め、ほぼグローバルのどこでもローミングに関する心配が必要ない端末になっている。

 2017年の注目は、北米で割り当てが進んでいるAWSバンドを拡張するBand 66(AWS-3)、中国最大の携帯電話事業者であるチャイナモバイルが展開するBand 34に対応したことと、日本および世界各国で対応の進むBand 42が日本向けiPhoneのみに追加されたことだ。

 Band 42は3.5GHz帯と高い周波数帯を使う(つまりカバー範囲は狭い)が、携帯電話事業3社にそれぞれ20MHz幅×2が割り当てられており、都市部などの利用可能範囲では回線パフォーマンスを大きく向上できる。日本向け端末でのみ対応しているのは、各社とも実効帯域拡大のためBand 42への投資を進めているからだ。Band 42の整備に関してはNTTドコモが先行している感はあるが、iPhone 8が対応したことで各社とも今後の投資が加速すると思われる。

 パフォーマンス面では、単純な速度向上は半導体技術の上昇に伴う処理能力向上という点もさることながら、「スマートフォンの使われ方」を強く意識した改良が施されている点に着目したい。

 例によってAppleは「A11 Bionic」チップの細かな仕様やアーキテクチャを公開していないが、非対称型のマルチコアはパフォーマンス型コアが2個、高効率型コアが4個という構成で、とりわけ高効率型コアのパフォーマンス向上に力を入れたという。高効率型コアの適応範囲を広げることで、実用上の電力効率を高めるためと想像される。

 またPower VR系コアの設計を購入していたGPUだけでなく、写真や動画の処理を担うイメージシグナルプロセッサ(ISP)も自前設計となった。Appleの設計になったことで、どの程度内容が変化しているかは想像するしかないが、Appleは端末を使うほどに賢い動作をするための機械学習機能をiOSに盛り込み、そこでGPUを積極的に使っている。

 またISPも(おかずと言われればそれまでだが)、今回β版として「iPhone 8 Plus」に組み込まれたポートレートライティング機能に加え、被写体の背景をぼかすポートレートモードの動作精度向上などに使われている。

 バッテリーに関しては、Appleは以前も、そして他カテゴリーの製品でも、一定のバッテリー駆動時間を確保しながら、機能や機構デザインとのバランスを取る設計方針を貫いてきた。今回もバッテリー容量が微減しつつも、同等の駆動時間を実現しており、そうした意味では従来の方針を踏襲した形だ(「iPhone X」に関しては「iPhone 7 Plus」より1時間延びていると発表している)。

 この点は不満を持つものもいるだろうが、かといってフォームファクターを大幅に変えてバッテリーサイズを大きくすることを望まないユーザーが大半ではないだろうか。ここは推測になるが、AppleはiPhone 8以降の製品を無線給電規格「Qi(チー)」対応にするとともに、空港や駅、あるいはカフェなど人が集まる場所へのQiチャージャー配置を考えているのではないだろうか。

 Appleは複数デバイスの同時充電に対応するQiチャージャー「AirPower」を2018年に発売すると予告するとともに、Qiの規格拡張案を提出している。そうした準備を整えたうえ、ワイヤレス充電のインフラ立ち上げを推進することで、バッテリー駆動時間ニーズに対する回答としようとしているのかもしれない。

 初代iPhoneの発売から10年以上が経過し、「iPhone」という成熟が進んだ製品カテゴリーの中で、しかも1年というタイムスパンでの改良という意味では、いわゆる「主食」部分もかなり充実させてきた。目立たない部分であり、製品インプレッションとしては最初に出てきにくい要素にも気配りの利いた設計になっていると思う。

 ただ、それだけで終わっているわけではない。

●(アプリ以外)完全な垂直統合による利用者体験の管理

 例えば、iPhone 8シリーズのカメラには「HDR」という設定項目がなくなった。もちろん、HDR撮影が行えないわけではない。設定する必要がなくなったのだ。iPhone 7シリーズ以前のiPhoneでは、iOS 11でもHDRの項目が残っている。これは新機種だけを優遇しているのではなく、適切なシーン判別を瞬間的に行い、部分ごとに適切なコントラストで絵全体を仕上げる処理をiPhone 8のISPとGPUで実現してるからだ。

 実際、太陽をバックに逆光の建物を撮影するといった、かなり極端にコントラスト差が大きなシーンでも、空の雰囲気、建物のディテールともに残しながら、全体の絵のバランスが取られる。

 こうした映像は「絵作り調整」の範囲では行えない。シーンを判別したうえで、個々に適した処理を部分ごと、シーンごとに行う必要がある。そしてシーンを判別する映像処理能力を独自プロセッサを盛り込むことで実現している。

 HDRの例はかなり極端なのだが、上記のように映像を分析する能力によってiPhone 8シリーズのカメラ画質が向上してるように思える。思える……という言葉はあまり使いたくないが、単純な画質調整では難しい映像処理が行われている一方、その背景にある技術についてAppleはほとんど話さない。

 iPhone 8シリーズとiPhone 7シリーズのカメラ画質の差は、よりS/N比のよいイメージセンサーを用い、A/D変換時の精度(色深度)も深くなり、カラーフィルターの色度も変えたことが影響している(2倍の速度で読み出せるようにしたことでローリングシャッターゆがみも抑えられている)。またイメージセンサーのノイズ処理もA11 Bionicに内蔵された新しいISPに依存しているようだ。

 が、それだけでは説明できない……例えば名所における細かな明暗トーンやオートホワイトバランスの違いが見られる。

 A11 Bionicに組み込まれているプロセッサとiOS 11、それにiPhone 8シリーズに採用された新センサーの組み合わせで、レタッチしなくとも納得感のある絵を出すのは、イメージ処理のパイプラインを改善しただけでなく、(HDRと同じく)そもそも映像処理の前段階として、iPhoneのカメラが数世代前から導入していると言われる機械学習による賢い画質補正の能力が大幅に向上したからではないだろうか。

 背景を明るく写しながらも、被写体をLEDフラッシュで明るく写すスローシンクロ機能に対応しているが、こちらもLEDフラッシュの「AUTO、オン、オフ」という選択肢はあるものの、どのような状況でスローシンクロとなるかは、iPhone 8シリーズが自動判別してくれる。

 ただし、AUTOに設定しておくことで、かなり賢く光ってくれる印象だが、必ずしもベストとは言えない。被写体や被写体との距離などの情報から適切に判断できるようになれば、そのうちAUTO以外に設定する必要がなくなり、設定項目も消えていくかもしれない。

 「カメラ」という製品ジャンルの常識からすれば、あり得ない話ではあるが、スマートフォンという商品軸で考えれば十分に考えられるだろう。もし利用者自身が「使いこなし」を望むならば、マニュアル機能を重視したアプリを使えばいい。

 「iPad Pro」で導入された「True Tone」(周囲の状況に合わせてディスプレイのホワイトバランスを最適化する機能)も、オン/オフの選択肢をユーザーに与えてはいるが、基本的には「おまかせ」で適した色合いを表示するために搭載されている。

 鮮やかさばかりを求め、正しい色再現について考えていない製品が多い中、数年かけて広色域を正しく扱うために「Display-P3」のカラープロファイルをAppleの各種製品に浸透させ、パネルの色調整を行ったうえで製品を出荷。さらに4つの環境光を用いて色温度まで調整している。

 iOS、端末、デバイス(プロセッサ)について、全て1社で管理しているからできるとも言えるが、異なるジャンルの技術を統合することは、たとえ1社でもなかなか難しい。それぞれ開発から製品化までのリードタイムが違うからだ。しかし、最終的に垂直統合による利点が随所に見られる。

 機能そのものよりも、垂直統合ならではの、カタログスペック以上に納得感ある利用者体験の磨き込みこそが、iPhone 8シリーズの完成度の高さ表している。

●「iPhone」の世界をさらに進化させる道2つ

 一方でiPhone 8シリーズに対し、「つまらない」「大して変わっていない」という声があることも理解できる。主食とおかずという話を持ちだしたが、iPhoneをコンピュータと携帯電話の融合と捉えるならば、その基本形は「iPhone 5s」である程度は完成していた。現在も「iPhone SE」が現役で通用するどころか、日本のSIMロックフリー端末市場ではベストセラー製品になっていることが、それを証明している。

 Appleはユーザー層の拡大から、iPhoneに2つの異なるディスプレイサイズを与えるようになったが、iPhoneという商品カテゴリーを積極的に変えようとはしていない。従って視点や着目点によっては「大して変わっていない」という指摘も、それほど間違っていない。iPhone 8は、「2017年の技術で再構築した、今までで最もよいiPhone」だからだ。そんなiPhoneを積極的に変えないことは(買い替えスパンはともかく)、繰り返しiPhoneを使っているユーザーにとってはむしろ歓迎すべきことだろう。

 ただ、それでは10年前のコンセプトをひたすら研ぎ澄まし、熟成させていくだけでしかない。「刷新(イノベーション)」からは程遠いと批判されることになろう。iPhone自身がそれまでの常識を刷新し、それが社会に定着したのだから、ある意味当たり前のことなのだが。

 そんなiPhoneの世界観を、2017年のAppleは2つの方向で拡張していくことを、製品をもって示したのではないだろうか。1つは「iPhone X」。全面を覆う有機ELディスプレイや深度情報を検出してモノの形を認識するセンサーを搭載するなど、新たなアプローチを盛り込んでいるが、この製品は従来のiPhoneとは異なる軸での進化を目指す、いわばiPhoneから枝分かれした新シリーズと捉える方がいい。

 解像度が高まったことに加え、画面のアスペクト比が変わり、ボタンの役割変更などで基本的な作法……ユーザーインタフェースも少しばかり変わっている。解像度やアスペクト比の変化はこれまでもあったが、Appleはかなり注意深く移行させてきた。しかし、今回の変更はアプリ開発者にとって、それなりに負担の大きい部分もある。

 2018年以降、iPhone Xがどういう形でアップデートされるのかは分からない。しかし、個人的には次の世代に向けてiPhoneの新しいカタチを模索するのがiPhone X、その年ごと「ど真ん中ストライク」を狙う完成度の高さを狙うのがiPhoneシリーズという区分けになると考えている。

 既存の互換性やアプリケーション開発プラットフォーム、コミュニティーを引き継ぎながら、一方で本当の意味でイノベーティブ(ということは既存製品の在り方に対する否定も含まれよう)な商品を作れるのか。今後、数年をかけて見る必要はあるが、Appleにとって新しいチャレンジの場となっていくだろう。

 そしてもう1つの道として示されているのが、同時に発表されたApple Watch Series 3だ。iPhoneという「スマートフォンによって刷新されたデジタル社会」のど真ん中を狙った商品を中心に、適応範囲を広げていくことで間接的にiPhoneのフィールドを広げていくというやり方である。この見方のスコープを拡大していくと、Apple TV 4Kをはじめとする他Apple製品も、そうした戦略の一部と言えるだろう。

●watchOS 4で化けたApple Watch

 「丸形ケースじゃないと嫌だ」「Android Wearなら色んなメーカーから選べる」など、さまざまな声はあったが、少なくともスマートウォッチというジャンルで「Apple Watch」に肉薄している製品はない。

 それどころか、一般的な腕時計市場全体において、売り上げの金額ベースでAppleがROLEXを抜いて1位(3位は30近いのブランドのファッションウォッチを企画・製造・販売するFOSSIL、4位はOMEGA)になるというのだから、独走していると言ってもいい。

 そのApple Watchは、watchOS 4の世代になって完成度が大幅に上がっている。

 このタイミングでハードウェアもデュアルコア化によって70%の高速化を図り、さらにはLTE通信機能を内蔵させるなどハードウェアスペックが強化され、さらにBluetoothおよびWi-Fiの通信効率を専用チップで向上させて消費電力を抑えたうえ、Wi-Fi時の通信パフォーマンスが85%向上するなど完成度も大きく向上させた。

 これだけ小型のデバイスなのだから、技術的にハードウェアが大きくジャンプアップするのは驚きではないが、通信機能を内蔵したことで従来のApple Watchとは位置付けが変化した。

 Apple WatchはペアリングしたiPhoneが接続したことがある(ログイン不要な)Wi-Fiに自動接続し、iPhone経由とWi-Fi経由の両方で通信が行えるようになっていた。とはいうものの、基本的にApple WatchはiPhoneのコンパニオンデバイスであり、「iPhoneを通じて情報にアクセスするためのiPhoneとは別の窓」だった。

 しかし、「Apple Watch Series 2」とwatchOS 3の組み合わせでは、Apple PayとGPSに対応。製品単独で機能する要素が増え、さらにスポーツやフィットネス向けの機能が充実した。

 そしてApple Watch Series 3ではLTEが内蔵され、ペアリングされたiPhoneと接続できないときにはWi-Fiで、さらにLTEのエリア内なら内蔵LTEでネットとつながる。watchOS 4に標準搭載されるiMessageやメールなど各種機能も、ペアリングされたiPhoneがない状態でもきっちり機能するように作られている。

 サードパーティー製アプリに関しては、ペアリングされたiPhoneがなければ機能しないものもある(例えばLINEアプリは通知は届くものの、LTE経由ではメッセージ内容は読めなかった)が、これは時間が解決するだろう。

 現状、Apple Watchに対応するアプリは限られているが、処理能力が増え単体で使われるケースも増えてくるとなれば、アプリのジャンルや数が拡大することも期待できる。

 またフィットネス系の機能に関しても完成度が非常に高くなった。筆者はLife Fitnessが展開しているインドアバイクブランドであるICGの「IC7」というバイクでトレーニングしているが、このバイクは電気的にペダルからの出力を読み取り、1%以内の誤差で出力エネルギーを計測できる。

 watchOS 3では、実際の出力とApple Watchの消費カロリー推定結果に大きな乖離(かいり)があったが、今回の製品で数回のエクササイズを行ったところ、推定アクティブカロリーと実際の出力との差が大幅に小さくなっている(筆者の場合、45分のエクササイズで500〜570kcal程のエネルギー出力を計測するが、従来は380kcal程度で計測されていた。それがApple Watch Series 3とwatchOS 4の場合は480〜530kcalで測定される。ちなみに他社製品も380kcal程度で計測されることがほとんど)。

 日本のプールでは腕時計の装着が禁止されているところが多い(ちなみにこのルール、すれ違う際にけがを防ぐためという名目だが、他国では実施されているという話を聞いたことがない)ため、残念ながら水泳の計測機能改善は試せていないが、加速度センサーとジャイロを用いて泳法判定を行うだけでなく、ラップ数も計測できるようになっているという。

 プールでのApple Watchの装着を疑問視する世論は必要だが、長距離を泳ぐスイマーには朗報だろう。とりわけ25mプールが多い日本では長時間のスイミングでラップカウントすることが困難なため、使用が許可さえされれば喜ぶ水泳ファンは多いはずだ。

 他にも高強度の運動を短時間のインターバルで繰り返すHIITに対応するなどの改良が行われているが、watchOS 4では心拍の計測頻度や精度が高くなっているそうで、それが全体的なフィットネス機能の向上につながっているという。

 そしてこれらの機能は、iPhoneの機能ともタイトに統合されていた。

 例えばwatchOS 4には「心拍」アプリが追加されている。このアプリで常時心拍を計測するようにしておくと、トレーニングをしていない時間帯も定期的に心拍を計測。さらに安静時、歩行時、あるいはトレーニング時、深呼吸時など、そのときのシチュエーションごとに心拍の幅や動きを記録。トレーニング時は、トレーニング終了後の心拍数回復のペースまで記録する。

 この情報はApple Watchの中で、トレーニングを記録するなどしておけば、自動的に心拍アプリやアクティビティアプリに反映されて閲覧可能だ。そして、iOS 11のヘルスケアやアクティビティといったアプリの情報ソースにもなっており、トレーニング結果とは別の角度からも確認できる。ふとiPhoneの画面で振り返り、先週よりも今週の方がワークアウト時の最大心拍が上がったようだ……とチェックできる。

 さらに日常の中での心拍の動きも管理してくれる。「心拍変動(心拍間隔のゆらぎ)」を毎日記録してくれる機能や、ワークアウトしていない時間帯に、突然、心拍が上がった時のアラートなどの機能も提供されている。心拍変動は糖尿病の診断にも有効とのことで、スタンフォード大学と共同で研究が進められているものだ。

 日常的な使い勝手も、連携するiPhone側の改良とともに改善が進んでいる。例えばパーソナルアシスタントのSiriは、音声で呼び出さなくともApple Watchの盤面から呼べるようになった。今後の予定や時間、今いる場所などに応じて盤面にさまざまな情報を表示してくれる。

 このSiri文字盤から予定を参照し、行き先を確認して経路を検索。電車の乗り換え案内も含めてApple Watchがナビゲートしてくれる機能は期待以上のものだった。Appleの地図サービスは、立ち上げ期に品質の悪さが目立っていたが近年は大幅に挽回してきている。行き先の店名をタップするか音声で「銀座○○への経路」などとしゃべれば、乗り継ぎ方法はもちろん駅の出口(地下鉄なら出口番号)を指示し、徒歩区間は地図までApple Watchに表示してくれる。

 watchOS 3から対応しているApple PayとWalletも、当たり前のようにiOSとの連動がきっちり取られているが、Apple WatchがiPhoneの機能、使用フィールドを確実に広げる作用をもたらしていると感じた。

 LTE内蔵で携帯電話の機能が時計だけで完結する(通話もiMessageも使え、アプリ次第では他メッセンジャーサービスも使える)ことと併せ、もはや「腕時計」という概念は越えてiPhoneの世界観を、さらに押し広げる製品になってきた。

 筆者はこれまでスマートウォッチに対して、あまり肯定的な印象を持ってこなかった。もちろんスポーツやフィットネスなど特定の用途では素晴らしい体験を得られる部分もあるが、パフォーマンスが低く、連動するサービスの応答を待つ間に「これならiPhoneを取りだした方がいいんじゃないか」と思うことも多かったからだ。

 現時点においては、サードパーティー製アプリの品質がAppleの用意する標準アプリの域に達していないものが多いという問題はある。しかし、今回のwatchOS 4とLTE内蔵モデルの登場およびパフォーマンス向上が開発者のモチベーションを上げれば、問題は自ずと解決するだろう。

●iPhoneという基盤の上に積み上げるイノベーション

 もちろん、Apple WatchがSeries 3とwatchOS 4の組み合わせで究極の製品になったとは言わない。しかし、iPhoneというOS、端末、デバイス全てをコントロールし、デベロッパーコミュニティーとの関係も密に構築しているAppleならではのやり方とも言える。

 もちろん「プラットフォーム」として成長する余地は与えられており、Apple Watch以外の活動量計やヘルスケアデバイスも、iOS 11の情報ソースになるよう設計されている。導入された当初は、あまり使いものになりそうになかったヘルスケアアプリだが、Apple Watchの機能強化とiOS自身の強化で改善してきており、今後ヘルスケア系デバイスとアプリケーションが発展する新たな基盤になるかもしれない。

 日本では開始がアナウンスされないが、Apple TVも(ネットを通じた)テレビ配信やスポーツ中継サービスなどが4K/HDRに対応したApple TV 4Kで始まろうとしている。こちらもiPhone、iPad、Mac(iTunes)との連動が極めて密に取られている。

 さて、Appleは保守的すぎるのだろうか。

 確かに日本のガラケーや一時流行したNetbookを一気に過去のものとした、1つの製品で現在を過去に追いやっていた時代と異なることは確かだ。しかしiPhoneを、今後のイノベーションを起こすための基盤として考えるならば、それも1つの道だろうと考える。

 iPhone Xという選択肢も示したうえでの製品ラインアップを見渡したとき、筆者はiPhone 8が保守的すぎるとは思わない。確かに「iPhoneの世界」を踏み外して前に進む製品ではなく、その意味では陳腐化の始まりとみる人もいるだろう。しかし、筆者の目には新たに前進していく方向が明確になった結果、2017年の製品が生まれたのではないか。そのように見えた。

[本田雅一,ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon