古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

JUMP 有岡&中島、再現VTRで主演と監督に? 『いただきハイジャンプ』土曜昼に移動で新企画

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/10/03 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 Hey! Say! JUMP初の単独冠レギュラー番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ)が、今秋より水曜深夜から土曜昼に放送時間を移動。枠移動後初の放送となる10月7日放送では、新企画「まぶたに浮かぶヒストリー」に有岡大貴と中島裕翔が挑戦する。(関連:『キスマイBUSAIKU!?』&『いただきハイジャンプ』、ジャニーズ番組の放送枠移動は何を意味する?) 「まぶたに浮かぶヒストリー」は、両親がどうしても新婦に伝えたい思いをJUMPのメンバーが再現VTRとして表現し、実際に結婚式に流すという企画。有岡と中島は、今回の依頼人の再現VTRを制作するにあたり、お互いの役割をクジで決定。結果、有岡が主演でお父さん役、中島が監督を務めることに。再現VTRではあるものの、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』での好演が記憶に新しい有岡にとっては初の単独主演作、これまで数々の話題作に出演してきた俳優・中島にとっては初の監督作となる。 細かいセリフや芝居を話し合いで決めながら、再現VTRを制作する2人。どんなことにでも直向きに向き合う中島は「人生にかかわるところだから、とにかく真面目にやらなきゃ」と細部までこだわり、予定していた終了時間を大幅に越えるなか、撮影に臨んだという。いつも謙虚に、そして誰より真摯に物事に取り組む有岡は、新婦の両親の気持ちに思いをはせ、芝居で家族に寄り添おうとする。「間違いなく僕の代表作になるんじゃないかな。確かな手応えを感じております」と、有岡は撮影終了時に笑顔で感想を述べたとのこと。 なお、同企画以外にも、枠移動とともに新企画が続々スタート。Hey! Say! JUMPが一人の平成生まれの男子として、これまでにない等身大の姿で視聴者に向き合い、一大事を解決し笑顔にしていく、ハートウォーミングな企画を予定している。(リアルサウンド編集部)※Hey! Say! JUMPの「a」はセンチュリーゴシックが正式表記

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon