古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

KAT-TUN、「充電中」のいまだからこそ3人に注目したい理由

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/23 株式会社サイゾー

 現在「充電」期間に入っているKAT-TUNのメンバー、中丸雄一に先日大きなニュースが相次いだ。  まず、今年4月スタートのドラマ『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京系)で主演を務めることが発表された。  この作品、テレビ東京・土曜深夜の「土曜ドラマ24」枠での放送で、ジャニーズタレントの同枠主演は初になる。中丸は出張マッサージ師の矢吹原丈に扮し、毎回その技術を生かして殺人事件を解決するという役どころ。深夜ドラマらしく、笑いやお色気の要素も盛り込んだいかにもテレ東らしいユニークなドラマになりそうだ。主題歌も役のジョー名義で中丸自ら歌うことが発表されている。  続いて、同じく4月から始まる『世界ルーツ探検隊』(テレビ朝日系)のMC就任も決定した。同番組は、身近にあるさまざまな物のルーツを探して世界中でロケを敢行するという知的エンターテインメントで、中丸はゴールデンタイム初MCの大役を担うことになった。2月14日にはそのMC就任発表を兼ねて、中丸が朝から一日テレビ朝日の番組に出演し、最後は深夜の特番『緊急生放送! 中丸雄一スペシャル』で締めくくった。  こうした抜擢は、レギュラー出演中の『シューイチ』(日本テレビ系)でも伝わってくる、中丸雄一ならではの「癒し系」の魅力によるところが大きい。ドラマのマッサージ師という役柄はまさにそのあたりを見込まれたものだし、ファミリー層が見るゴールデンタイムのバラエティでのMC起用についても同じことが言えるだろう。彼の肩ひじ張らない自然体な姿、そこから発散されるマイナスイオン的な魅力は、現在のジャニーズタレントのなかでも貴重なものだ。  そして、他のメンバーの活動も中丸に劣らず順調だ。  上田竜也は、その運動能力を生かした活躍が印象的。メンバーが3人になった直後の昨年4月放送『オールスター感謝祭‘16』(TBS系)の恒例企画「赤坂5丁目ミニマラソン」では、箱根駅伝で活躍した青山学院大の神野大地とデッドヒートの末に優勝、さらに『炎の体育会TV』(TBS系)では「ジャニーズ陸上部」を結成し、監督としてジャニーズJr.たちを率いて奮闘している。そこには、クールな外見のなかに秘めた彼の熱さや純粋さがしばしば垣間見える。  それに加えて、俳優としての仕事も増えてきた。現在放送中の連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)に博多から上京したチンピラ・鶴田亀吉役で出演、直情径行だがどこか憎めない愛すべきキャラクターを好演している。また続く4月からは、根本宗子作・演出による舞台『新世界ロマンオーケストラ』で、約3年ぶりに主演を務めることも決まった。こちらはインディーズバンドのボーカルでモテモテの男性役、しかもコメディへの挑戦ということで新たな一面を見せてくれるはずだ。  亀梨和也は、『Going! Sports&News』(日本テレビ系)などでスポーツキャスターとしての仕事に相変わらず熱心に取り組んでいる。とりわけ野球関連では、自らが挑戦する「ホームランプロジェクト」や「剛速球プロジェクト」で経験者としての強みを大いに生かしている。  とは言え、やはり注目すべきは、充実期を迎えつつあるように見える俳優業だ。「充電」に入る前ではあったが、昨年主演したドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)でも派手なアクションを見事にこなすかっこよさはもちろんのこと、間の取り方やセリフ回しに成長の跡がうかがえる魅力的な演技を披露していた。  今年は2本の新作映画の公開が間近に迫っている。同名漫画が原作の『PとJK』では初の恋愛映画に主演、女子高生と結婚する警察官役を演じる。また三島由紀夫の同名小説が原作の『美しい星』はSF映画。亀梨は、大学卒業後も定職につかないフリーターがUFOと出会い覚醒するという役だ。二つの映画でまったく異なる役柄を演じることになるわけだが、それだけ彼の俳優としての幅が広がっていることの証しでもあるだろう。  さらに、4月スタートの日本テレビの連続ドラマ『ボク、運命の人です。』に主演することも発表された。同作品では、『野ブタ。をプロデュース』以来約12年ぶりに山下智久とドラマ共演、主題歌も「修二と彰」を思い起こさせるスペシャルユニット「亀と山P」として二人が担当する。  こうしてみると、グループの「充電」というジャニーズの歴史でも前例のないような選択が、彼ら全員にポジティブなものをもたらしているのがわかる。「充電」と言うと欠乏したエネルギーを補充するためじっとしているようなイメージだが、彼ら3人の場合、それぞれの個性を生かしながらいままで以上に精力的に活動しているのがわかる。  そうした個々の活動の充実は、メンバー同士の関係性の純度もより高めているように見える。  たとえば、先ほどふれた『緊急生放送! 中丸雄一スペシャル』では、中丸が上田竜也と亀梨和也の元をそれぞれ訪れ、報告がてらアドバイスを求めるという場面があった。上田はMC就任を「おめでとう!」「やったじゃん!」と祝福した後、番組予算を抑えるため“リーズナブル”な中丸に決めたと聞いて「ちょっと中丸いじめんなよ!」「オレ出てくっかんな!」とネタに乗っかりながらもメンバー愛をほとばしらせた。亀梨も亀梨で、“リーズナブル”の話を聞き「充電中だし」「僕らセール中なんで」と自虐しながらも「人は良いのでみなさん応援してくれると思います」と中丸を後押しする温かいエールを送っていた。  こうした絡みを見ていると、昨年3月まで放送されていた『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』(TBSテレビ系)(以下、『タメ旅』と表記)が思い出される。この番組でも彼らは番組スタッフからいじられ、それを笑いに昇華させていた。番組放送期間中に田口淳之介の脱退発表というとても大きな出来事があったが、そのこともタブーにせずネタにしていたところは、それまでのジャニーズのバラエティにはおよそ見られないものだった。いま思えば『タメ旅』という番組は、バラエティのスキルを磨くだけでなく彼らを精神的にタフにする効用もあった。  当然、彼ら3人のなかにいま共通してあるのは、個人活動の充実をステップにしたグループ活動再開への思いだろう。『PとJK』の話題で『PON!』(日本テレビ系)に出演した亀梨和也は、「いま守りたいものは?」という質問に「まあ普通にグループもそうですし、そこはそうかもしれないですね」と真剣な面持ちで答えていた。  「KAT-TUN」というグループ名がメンバーの名前のアルファベットを組み合わせたものであるという話は有名だが、漫画の「cartoon」にかけて「1ページ読むとまた次のページが読みたくなる」という意味合いも込められている。そのことになぞらえるなら、「充電」は、KAT-TUNというグループの物語の中断ではなく、むしろこれから描かれる新たなページへの期待感を高める1ページになっている。『タメ旅』の最終回、400人のファンがボードで彼らに送った「放電するなよ!!」というメッセージは、しっかりと3人に受け止められたと言うべきだろう。 ■太田省一

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon