古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Keishi Tanaka、音楽番組『MUTOMA』とコラボMV制作 タワレコ横浜店でイベント開催も

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/09 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 Keishi Tanakaが、音楽番組『MUTOMA』(テレビ神奈川(tvk))と11月9日にリリースしたアルバム『What's A Trunk? 』収録曲のコラボMVを制作することが決定した。

(関連:Keishi Tanakaが考える“歌を届ける意味” 「ポップな音楽で、ポップな言葉を言うのは面白くない」)

 同番組は、毎回ゲストが登場してトークやMV、ライブ映像などを紹介するという内容。番組プロデューサー・落合氏がKeishiのMVを見て、「横浜の街並みに溶け込む心地よい楽曲で、番組内の幕間(※MCパート)の高速道路を走行する車載映像とマッチングしそうだ」と提案、番組ディレクター・マコトノフが「色々と面白い事をやってみようか」と話したことから、今回のコラボに至ったという。同番組にゲスト出演したKeishiは、コラボMVのメイキング映像と共に「運転しましたね、オープンな車を」と、MVの一部内容を明かした。同MVは、11月30日放送の『MUTOMA』で公開するとのこと。

 また、12月3日にはタワーレコード横浜ビブレ店でコラボイベントを開催することも分かった。イベントの詳細はMVと同様、11月30日放送の番組で発表される。なお、Keishi TanakaのオフィシャルHPや番組HPでは、11月30日放送の番組予告映像を公開中だ。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon