古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Kis-My-Ft2、ハロウィンコスプレに賛否両論! 『キスマイBUSAIKU!?』で見せた強烈な個性

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/10/29 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 日本でも、イベントとしてすっかり定着してきたハロウィン。10月24日放送の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、Kis-My-Ft2のメンバーが、彼女と楽しむハロウィンコスプレをテーマに挑戦し、個性が爆発するオンエアとなった。  番組は通常通り、女性視聴者の評価に伴ってランキング形式で発表。スタジオには、毎年ハロウィンコスプレに力を入れている藤田ニコルが登場し、歯に衣着せぬ痛快コメントでスタジオを盛り上げていく。 (関連:Kis-My-Ft2と『キスマイBUSAIKU!?』が持つ新しさと可能性 グループは今後どう変化していく?) ■ちょいエロな一面がチラ見え! の横尾渉  第3位は横尾。テーマは「ふたりが離れないコスプレ」として、彼女が婦警、横尾が囚人に変装。「セクシーな姿が見たい」と、ネクタイを外し、胸元のボタンを大胆に外す横尾。「鎖骨キレイだから」とジャックオーランタンのボディシールをデコルテに貼り付ける。さらに「離れないように」とパーティー会場では手錠をガチャリ。  「ハロウィンは日本の文化じゃない」とオープニングで否定的なコメントをしたにも関わらず、VTRでは積極的に楽しむ横尾の姿に、メンバーは「触るね-」「囚人が何してるの!」と野次り倒す。しかし、藤田は「手錠はいい」と高評価。ちょいエロ&ちょい束縛で女性たちの心をつかまえた横尾なのだった。 ■企画力で勝負! な北山宏光  第2位は北山。「誰ともかぶらないゾンビコスプレ」というテーマで、彼女がナース、北山が力士のゾンビカップルに。  「(力士のソンビ)見たことないでしょ?」とドヤ顔の北山に「たしかに目立ってるね。よく思いついたな~」と藤田も感心。頭にナイフが刺さったようなカチューシャを披露するなど、アイデアマンな部分が存分に披露された。  パーティー会場では、他のゲストと即興で取り組み、わざと負けてみせる。そこで、ナースの彼女に「いたいのいたいのとんでけー」をおねだりするという狙いだったよう。北山ならではのオチに、「彼女を立ててる感じがいい」と好感度も上々だった。 ■男子の妄想全開! ロマンチストな二階堂高嗣  BUSAIKU認定ラインの第4位は、二階堂。「運命的な出会い」をテーマにしたものの、彼女が原始人、二階堂は探検家という予想外な組み合わせ。探検家にした理由を、彼女との出会いを「やっと運命の人を見つけたと思えたから」と語り、しかも、彼女が原始人なのは、前世からの繋がりであると説明。  ふだんから少年ぽさが魅力の二階堂。ウブな男子のような妄想が、ひとり歩きした印象に。「ハロウィン感ゼロ」と女性視聴者からは厳しい声が次々と上がる。さらに「君の名は」と、大ヒット映画にかけた問いかけまで披露すると、「これはヤバい」とスタジオもドン引きしてしまっていた。 ■天然? おっぱい星人? 不思議ちゃん玉森裕太  議論を呼んだ第5位は玉森。「誰ともかぶらないニコイチコスプレ」というテーマだが、衣装に身を包んだ彼女と玉森が登場しても「何これ」と全員がハテナ顔に。  胸元にボールを入れたような大きな一つの膨らみ、そこに斜めにかかる赤い布…じつは、彼女と並ぶと、ふたりで一つのビキニ姿になるというものだった。  まるで二人三脚のように体を寄せないとわからないニコイチコスプレに「こんな恥ずかしいのありえない」「公開セクハラ」など、女性視聴者からは厳しい声が続出。  しかも、玉森は「うぇ~い」と言いながら、何度も彼女と一緒にジャンプして、たわわな偽おっぱいを揺らして遊ぶ。これには「アホ感すごい」「揺らすな」「何かの罰ゲーム?」と総ツッコミを受けることに。スタジオの玉森が「なんとか揺らさなきゃと思って」とコメント。不思議キャラが炸裂する結果となった。 ■美容キャラでも女心はわかってない? 千賀健永  第6位は千賀。「一心同体コスプレ」というテーマが発表されると、藤田も「なんか怖い」と警戒し始める。登場した彼女と千賀は、なんとパンのコスプレ。黒い全身タイツにパンのかぶりものというバラエティ番組の衣装のようなコスプレに、女性たちは「ダサッ!」とバッサリ。藤田も「パンにはなりたくないなー」と不安が的中した様子だ。  パーティー会場にも「どーもー、パンでーす」と謎のハイテンションで繰り出す千賀に「こんなの友だちに見せられない」 とガッカリ。さらに、彼女のパンにはチーズ、千賀のパンにはハムのイラストが描かれていることから「俺たちはサンドイッチなの」とハグをする胸キュン展開を狙うも、女性たちの気分は上がらないまま終了。  最近、美容関連の情報に詳しくオネエキャラとしても定着しつつある千賀だが、どうも女心までは理解できていない様子だった。 ■最恐コスプレに誰もが絶句の宮田俊哉  この日、もっともBUSAIKUと判定されたのは宮田だった。アニメ好きキャラが浸透していることから「コスプレって二次元! ってことは、(1位に選ばれるのは)俺でしょ」と自身満々な表情を見せていた宮田。「得意そう」とニコルからも大きな期待が寄せられるも、結果は第7位と惨敗。  VTRを見てみると、「彼女が甘えられるコスプレ」として、彼女に幼稚園児の衣装を着せ、自分はごく一般的なスーツに身を包み、お父さん役を喜々として演じてみせたのだ。  これには女性視聴者からは「犯罪のニオイ」「目が怖い」「気持ち悪い」と今にも悲鳴が聞こえてきそうなコメントが寄せられ、藤田も言葉が出ない様子。「甘えていいよ」と、彼女をおんぶするシーンも、キュンとはならず「悪趣味を押し付けないで」と痛烈な声が。  VTRを見終わったスタジオでも、低いトーンで横尾から「マジ、やべえよ」と注意され、北山からは「ネット荒れるよ」と心配される始末。しかし、当の本人は「マジで悔いない!やった!」と発言。宮田の強靭なハートと変態な一面にメンバーも絶句! ■さすがキング! 安定のオシャレ吸血鬼、藤ヶ谷太輔  見事1位に輝いたのは、藤ヶ谷だ。「目立ってオシャレで楽しむコスプレ」として、選んだのはおそろいヴァンパイアコスチューム。  ミニスカートに網タイツ…と、エロかわいさが絶妙で、藤ヶ谷とおそろいの光るツノにも好意的な声が集まる。 強烈な宮田の後だったこともあって、藤田も「いいね、安心感がある。統一感もある」と大絶賛。  さらに、女性たちを喜ばせたのが「これだけキレイでセクシーなヴァンイアがいたら血吸われたいなって思うよね。俺もヴァンパイアだけどね!」と照れながら言う藤ヶ谷の仕草だ。  「吸ってもいいよ」と彼女が誘うと、軽く首筋にキス。これには藤田も「キュンキュンする!」と思わずテンションが上がる。女性たちからも「100点満点」「ハロウィンだからこそ」と興奮の渦に。  「(ハロウィンコスプレで彼女と)距離を近づけられているのは、藤ヶ谷だけだった」と北山も感服するなど、メンバーも多いに学んだようだ。  意外なキスマイの本性が丸裸にされた今回のコスプレ企画。思い思いの仮装に身を包むことから、普段では見えないその人の好みやセンスが見られるのも、ハロウィンの楽しみの一つといえるだろう。年々盛り上がりを見せるハロウィンに、距離を縮めたい相手を誘ってみては? ハッピーハロウィン!(佐藤結衣)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon