古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Kis-My-Ft2 北山宏光が“昭和っぽい告白”で大ブーイング? 三吉彩花「駄目ですね。重い」

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/01 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ)の10月31日放送回に、ゲストとして三吉彩花、敦士が登場し、「キュンとする告白デート~鎌倉・湘南カフェ編~」をテーマに、メンバーがかっこ良さを競い合った。 (参考:Kis-My-Ft2と『キスマイBUSAIKU!?』が持つ新しさと可能性 グループは今後どう変化していく?)  同番組は、Kis-My-Ft2のメンバーが“自分のカッコ良さが最も出る瞬間”をテーマに、各メンバーが本気で“かっこいい”と思うシーンを考え、自らが主演した映像を制作。そのセルフプロデュースした映像を、キスマイのことをよく知らない女性100人に審査してもらい、1位(=チョーカッコイイ)から7位(=BUSAIKU)まで順位付けされるという体当たりな企画。今回はメンバーの北山宏光、玉森裕太、横尾渉、二階堂高嗣の4人とゲストチャレンジャーとして敦士が競い合った。  今回は「最新&人気カフェで告白対決」という設定のもと、鎌倉や湘南のカフェを舞台にスタート。まず3位に選ばれたのは玉森。玉森は、告白する瞬間に電車が脇を通過し、肝心のセリフを相手が聞き逃してしまう、ちょっとした意地悪を仕掛ける。その後に、改めて述べた告白のフレーズも評価され、3位にランクインした。2位の横尾は、カフェの隣にあるジュエリーショップで購入したアクセサリーをサプライズでプレゼント。VTRを見ていた三吉は、横尾が渡したアクセサリーを褒めるも、「もうちょっと笑顔でやってほしかった」と指摘し、スタジオが笑いに包まれる場面もあった。  BUSAIKUゾーンとなる4位に発表されたのは、二階堂。二階堂は、個室でBBQができるカフェを選択。食べ物を口に入れたまま会話をする二階堂に対して「食べながらしゃべるな」とコメントも入り、最終的に「フツウの告白」と評価された。また、VTRを見ていた三吉も同意見だったようで「1回落ち着いてから喋って欲しいなと思いました」とコメントした。  BUSAIKUとなる最下位に発表されたのは、北山。体に良い食材を使った料理が自慢のカフェでは、北山がメニューの説明をしすぎる場面があり、「しゃべりすぎ」と批判が。その後、北山がデート中に電話を取り、退席すると、カフェの窓の向こうにある浜辺に移動している姿が。北山の足元には、砂浜の上に木を使って「LOVE」と書かれており、その古い告白の仕方に、「昭和かよ」と指摘が殺到。「独りよがりの湘南ボーイ」とキャッチコピーをつけられ、三吉は「駄目ですね。重い」と述べた。  見事1位に輝いたのはゲストチャレンジャーである敦士。敦士は着物で鎌倉を楽しめるカフェでのデートを提案し、三吉は「本当に群を抜いて大人でした」と賞賛し、番組が終了した。  次週は、ゲストに小栗旬を迎え、「彼女をキュンとさせる秋の公園お弁当デート」がテーマとなる予定だ。 (宮澤紀)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon