古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

LEDテープ1発でキレイに光が回る!Aura Sync対応ケース 『303 RGB』をライトアップする

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/31
LEDテープ1発でキレイに光が回る!Aura Sync対応ケース 『303 RGB』をライトアップする © KADOKAWA CORPORATION 提供 LEDテープ1発でキレイに光が回る!Aura Sync対応ケース 『303 RGB』をライトアップする

 ライトアップPCを組み上げることを考えた場合、基本的に中身が見えないとあまり意味がないため、PCケースの側面パネルはガラスやアクリルであると都合がいい。ASUSのLED制御機能『Aura Sync』が登場する以前から中身が見えるPCケースは多くあったが、今回紹介するIn Winの『303 RGB』は、ケース自体もAura Syncによるライティングコントロールに対応したものだ。 In Winの『303 RGB』。実売価格は1万9000円前後。カラバリはブラックとホワイトの2色で、この記事で紹介するのはホワイトモデル In Winの『303 RGB』。実売価格は1万9000円前後。カラバリはブラックとホワイトの2色で、この記事で紹介するのはホワイトモデル  ミドルタワーケースとなる『303 RGB』は、PCを“魅せる”ことを重視しているだけあり、側面に強化ガラス(3mm厚)のサイドパネルを採用している部分がもっとも分かりやすい特長だろう。ケース内部のレイアウトはスッキリしており、3.5インチシャドウベイ、2.5インチシャドウベイはマザーボードと同じ面に固定する方式で、どういったストレージを使用しているのかがよく見える。またフロントには5インチベイやファンがなく、光学ドライブの類いを増設することはできないが、そのぶんラジエータースペースが多く取られており、大型ラジエーターの内部設置も容易。中身がよく見えるだけでなく、内部での作業性も良好なケースであると言える。 中がよく見える仕様。サイドパネルは強化ガラスで、上部のハンドル操作で楽に外すことが可能。ガラスに模様ナシのバージョンも別売りで欲しい 中がよく見える仕様。サイドパネルは強化ガラスで、上部のハンドル操作で楽に外すことが可能。ガラスに模様ナシのバージョンも別売りで欲しい  『303』の派生モデルはいくつかリリースされているが、『303 RGB』はサイドパネルに発光するロゴおよびデザインが施されているのも面白いところ。サイドパネル自体が発光するケースは珍しく、他にライトアップ系のパーツがなくとも結構きれいに光ってくれるので、少ないLEDパーツでコンパクトに組みたい場合にいいだろう。逆に内部の主張の強いパーツをしっかり見せたい場合だと、デザインとバッティングして目立たなくなる可能性があるため注意が必要だ。  本体カラーはブラックとホワイトの2色をラインアップしており、今回撮影に使用したのはホワイト。ASCII.jpではライトアップPC関連のあれやこれやを広く取り上げているが、ケース内側が白い場合でのライトアップ状況を紹介していなかったためだ。 ビジュアル重視のケースに思いがちだが、作業性もいい ビジュアル重視のケースに思いがちだが、作業性もいい 背面にはとくに光源はないが、内側が白色であるのもあって、よく光が漏れていた 背面にはとくに光源はないが、内側が白色であるのもあって、よく光が漏れていた ケース正面。サイドパネルだけでなく、フロントもAura Sync対応になっている ケース正面。サイドパネルだけでなく、フロントもAura Sync対応になっている  さて、ライトアップに役立ちそうな特性を考えてみると、ホワイトモデルはケース内側が白いことで光が思った以上に回りやすい。ということで、LEDテープひとつで十分にライトアップできるのではないかとテストしてみた。用意したのは、3M製の長さ1メートルテープだ。  実際に取り付けてみると、単純にケース内側にペタペタと貼り付けただけで存在感が大きく増した。ちなみにテープを取り付けたのは天板部と背面部の2辺のみ。写真を見ても分かるが、しっかりと光が回っており、これはこれで分かりやすくていい雰囲気になった。 ラジエーターのスペースがある関係で、影が落ちてしまうが、気になるようであれば、4辺にLEDテープを配置するといいだろう ラジエーターのスペースがある関係で、影が落ちてしまうが、気になるようであれば、4辺にLEDテープを配置するといいだろう サイドパネルを閉じてみた状態。空冷よりは、水冷向けのケースかもしれない。パイピングを分かりやすくしつつ、ライトアップがやりやすそうだ サイドパネルを閉じてみた状態。空冷よりは、水冷向けのケースかもしれない。パイピングを分かりやすくしつつ、ライトアップがやりやすそうだ  というように、内側が白色だと、LEDテープ1本でお手軽にケース内を明るくできるため、最近のパーツ単位のライトアップとは、少し異なる路線になる。間接照明効果は高いため、派手なCPUクーラーやメモリなどを入れていくだけでも、様になるライトアップを楽しめるだろう。またケースとしてはレイアウトが若干特殊なものの内部での作業がしやすく、初心者向けでもあるので、自作PCを覚えつつ拡張もしていくのであればチェックしておきたい。なお、ケース前方に自由に遊べるスペースがあるため、フィギュアをディスプレイするようなエクストリーム運用を考える場合にもオススメだ。 【ライトアップPCコンテスト開催!】  ASUS×ASCII.jp特別企画として、Aura Sync機能を搭載したライトアップPCのコンテストを開催中! 最優秀賞者には、日本三大夜景のうち一都市を選べる旅行をプレゼントとのこと(ライトアップPCだけに)!! 詳細はこちらのページをチェック! ■関連サイト ライトアップPCコンテスト特設サイト ASUS AURA SYNC

LEDテープ1発でキレイに光が回る!Aura Sync対応ケース 『303 RGB』をライトアップする

LEDテープ1発でキレイに光が回る!Aura Sync対応ケース 『303 RGB』をライトアップする
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon