古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Medium、ライターにコンテンツ料を支払う「Partner Program」スタート

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/08/23
Medium、ライターにコンテンツ料を支払う「Partner Program」スタート: 投稿ごとに設定を選べる © ITmedia NEWS 提供 投稿ごとに設定を選べる

 米Mediumは8月22日(現地時間)、一部のライターにコンテンツ料を支払うプログラム「Partenr Program」を開始したと発表した。

 同社は3月、それまで無料でのみ提供してきたMediumのサービスに、広告を表示しない月額5ドルの会員制プランを追加した際、このプログラムについても予告していた。

 まずは招待した一部のユーザーのみがプログラムに参加できる。また、支払いは米Stripeのオンライン決済サービスを使い、個人ユーザーの場合は米国の銀行に口座を持っている必要がある。企業の場合は、Stripeが直接サービスを提供してる国に拠点を置いている必要がある。

 プログラムに参加したユーザーは、投稿を従来通りの公開方法に加え、基本的に有料会員にのみ読ませるクローズドな方法で投稿できる。

 クローズドな投稿にしても、無料ユーザーのフォロワーや検索結果にも表示される。無料ユーザーでも月に3本まではクローズドな投稿を読める。

 コンテンツ料は毎月の月末に支払われる。金額は、その月の「エンゲージメント」の高さで決まる。主に「クラップ」(Facebookの「いいね!」に当たる手を叩くアイコン)の獲得数が基準で、他の要素も考慮するとしている。つまりクローズドな投稿に誰もクラップしてくれないと、無料ユーザーに読まれない上に収入につながらないことになるようだ。

 コンテンツ料は有料会員の会費でまかなう。会員からの5ドルを、その会員のクラップした投稿で分配する。例えば会員が1カ月に5本の投稿にクラップしたら、各投稿のライターが1ドルずつ(すべて同じライターの投稿であれば5ドル)獲得する。クラップ数に制限はないので、500本に投稿したら1本0.1セントだ。有料会員が増えないと、コンテンツ料も増えない構造だ。

 Mediumは少なくともスタート段階では会費からの収入の100%を同プログラムでのライターへの支払いに充てるとしている。

 現在は米国に銀行口座を持っていないと個人では申し込めないが、専用ページから参加を申し込むことはできる。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon