古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

N・ポートマン主演 × D・アロノフスキー製作 × P・ラライン監督、『ジャッキー』公開決定

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/25 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 第73回ヴェネツィア国際映画祭脚本賞、第41回トロント国際映画祭プラットフォーム賞を受賞したナタリー・ポートマン主演映画「JACKIE」が、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の邦題で2017年春に公開されることが決定した。  本作は、暗殺された第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディのファーストレディ、ジャクリーン・ケネディの伝記映画。ジョン・F・ケネディ大統領暗殺後、夫が築き上げてきたものを単なる過去にはさせないと決意した彼女の知られざる姿を描き出す。  『ブラック・スワン』で第83回アカデミー賞主演女優賞に輝いたポートマンが、外見だけでなく、話す英語のアクセントまで徹底的に役作りを行ってジャクリーン役に挑んだほか、『17歳の肖像』のピーター・サースガード、『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグ、『君が生きた証』のビリー・クラダップ、『裏切りのサーカス』のジョン・ハートらが共演に名を連ねる。『NO』のパブロ・ラライン監督が初の英語作品としてメガホンを取り、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキ―が製作を務めた。  あわせて公開されたビジュアルには、ポートマン扮するジャッキーが、真っ赤なセットアップに3連のパールネックレスを身に纏った姿が捉えられている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon