古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

NECと日本マイクロソフト、Windows 10導入・運用支援サービスを開始

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/08/03
NECと日本マイクロソフト、Windows 10導入・運用支援サービスを開始: 「スマートクライアント標準PCサービスG2」の概要 © ITmedia エンタープライズ 提供 「スマートクライアント標準PCサービスG2」の概要

 NECは、日本マイクロソフトと協力し、「Windows 10」を搭載したPCの調達、キッティング、導入から返却までのライフサイクルにおけるPC運用サービス「スマートクライアント標準PCサービスG2」を8月2日より開始した。

 同サービスは、NECグループのPC約12万台を対象にした8年間の運用により蓄積されたノウハウをもとにBPOサービス化したPC運用サービス「スマートクライアント標準PCサービス」をWindows 10向けにしたもの。

 Windows 10の展開、運用に関するPCライフサイクルをBPOサービスとして提供することで、IT担当者の負担を最小限に抑えられるとともに、Windows 10の新機能を常に利用できる環境を提供することでエンドユーザーの生産性向上とPCのセキュリティ強化を支援するとしている。

 同サービスでは、Windows 10におけるOS環境設定やアップデート展開計画、アップデート更新手法、セキュリティ設定など、運用において必要性が高く、専門的な知識を必要とする工程を、汎用的な運用テンプレートとして提供する。顧客それぞれの環境に適した運用パターンを利用することで、Windows 10の導入に関する検討工数の省力化とスムーズな展開ができるという。

 運用テンプレートに加えて、Windows 10の運用を標準プロセスとして提供。標準化された手続きに基づいて作業をすることで、PC運用の効率化を図れるうえ、NECからの定期的な情報提供によってPCのアップデート、資産情報、利用期間などの一元管理も可能になるとのこと。

 さらに、PC管理のための各種のマイクロソフトソリューション(Active Directory、Windows Server Update Services、Microsoft System Center Configuration Managerなど)を活用することで、WaaSにおける柔軟なアップデート更新やアップデート後の現地作業の省力化が可能になるという。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon