古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

P9との違いは?――「HUAWEI Mate 9」はココが進化した

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/12/14
P9との違いは?――「HUAWEI Mate 9」はココが進化した: 「HUAWEI Mate 9」。カラーはムーンライトシルバーとシャンパンゴールドの2色 © ITmedia Mobile 提供 「HUAWEI Mate 9」。カラーはムーンライトシルバーとシャンパンゴールドの2色

 Huaweiの最新スマートフォン「HUAWEI Mate 9」が、12月16日に日本で発売される。

 最新のプロセッサや大容量バッテリー、ライカと共同開発した第2世代のカメラを搭載するなど、「フラグシップモデル」と呼ぶにふさわしい仕上がりになっている。一方、Huaweiのフラグシップ機といえば、6月に発売された「HUAWEI P9」も当てはまる。

 Mateシリーズは従来「大画面」を特徴としており、どちらかというと「ファブレット」といえるものだった。しかしここ最近は5.5型〜6型のスマートフォンも増えてきており、HuaweiもMate 9をファブレットとは呼んでいない。

 Huawei担当者によると、「Pシリーズがフラグシップの根本だが、毎年Mateが出る12〜1月には、最新のチップセットが搭載されることが多い」とのことで、新技術を積んだ上位モデルがMateという位置付けになっている。一方でライカのカメラはP9から継承しており、今回のMate 9はP9の正当進化版とも考えられる。

 では、Mate 9とP9は何が違うのか? あらためてまとめてみた。

●画面サイズ

 Mate 9の画面サイズは、5.2型のP9よりも一回り大きい5.9型。数字だけを見るとさすがにデカすぎるのでは……と思えるが、ディスプレイのフチがギリギリまで狭められているため、手にすると思ったほど大きいとは感じない。幅は78.9mmで、5.5型のiPhone 7 Plus(77.9mm)より1mm太いだけ。筆者がiPhone 7 Plusを使っていることもあるが、違和感なく片手で操作できた。

 また大画面を生かし、上下に異なるアプリを表示させる「ダブルウィンドウ」にも対応した。

●パフォーマンスとバッテリー

 プロセッサは最新の「Kirin960」を採用。ARMの最新CPU「Cortex-A73」(4コア+4コア)が使われており、従来比でCPUのパフォーマンスは18%、電力効率は15%アップした。

 バッテリー容量はP9の3000mAhから4000mAhにアップ。連続待受時間は約150時間、連続通話時間や約3時間伸びている。Huaweiの調査によると、Mate 9は標準的な利用で2日以上の連続使用が可能だという。

●カメラ

 ライカと共同開発したデュアルカメラはP9で初めて搭載したが、Mate 9では第2世代へと進化している。具体的な内容は以下の通り。なおインカメラの画素数(800万)や機能はP9から変更されていない。

モノクロセンサーが2000万画素に

 P9ではRGBセンサーとモノクロセンサーのいずれも1200万画素だったが、Mate 9ではモノクロセンサーが2000万画素にアップ。これにより、ディテールの描写力が50%向上したという。Huawei担当者によると、花など色鮮やかな被写体で、その違いを実感できるという。

光学式手ブレ補正に対応

 静止画と動画、どちらも光学式手ブレ補正に対応している。なお、光学式手ブレ補正はレンズを動かすことでブレを補正するため、その分のスペースが必要になる。そのため、Mate 9(厚さ7.9mm)はP9(厚さ6.95mm)より厚くなったにもかかわらず、カメラレンズがわずかに出っ張っており、フラットなボディーではなくなっている。

像面位相差AFに対応

 AF(オートフォーカス)は、「レーザーAF」「デプスフォーカス」「コントラストフォーカス」に加え、画素をピント合わせに使う「像面位相差フォーカス」を新たに採用した。より素早くピント合わせができるようになったほか、「ワイドアパーチャ」の設定時に、より正確に背景をぼかせるようになる。

 新チップセット「Kirin960」に内蔵した深度計算プロセッサの性能も増しており、より高速なピント合わせや、美しいボケ味の表現が可能になった。

ハイブリッドズーム

 2000万画素のモノクロセンサーでとらえた情報を1200万画素に切り出すことで、2倍まで画質劣化を抑えてズームできる。レンズを動かす光学ズームとも、iPhone 7 Plusに搭載されている望遠カメラとも仕組みは違うが、Huaweiは「光学ズーム効果を得られる」と説明している。

4K動画の撮影

 動画撮影は4Kまでサポートする。4K動画の撮影時にも、光学式手ブレ補正が有効になる。

●DSDSへの対応

 Mate 9は、Huawei端末としては初めて、LTEと3Gの同時待受(DSDS)に対応している。電話(3G)はビジネス用に、データ(LTE)はプライベート用に、といった使い分けが可能。海外滞在中に、データ通信は現地SIM、電話は国内SIMを使えるのも便利。

●90日の画面破損サポート

 Mate 9ならではのVIPサービスとして、購入日から90日以内に画面が破損した場合、1回に限り、無償で修理をしてくれる。画面サイズが大きいほどスマホを落とすリスクも高まるので、うれしい特典だ。

●スペック比較

●ココはちょっと残念

 Mate 9はVoLTEには対応しておらず、KDDI回線のSIMカードは利用できない。Huaweiは「HUAWEI P9 lite PREMIUM」のように、KDDI回線に対応したモデルも投入していただけに、Mate 9でも対応してほしかったところ。なおHuawei担当者によると、Kirin960はチップセットとしてはVoLTEに対応しているが、現時点でMate 9のVoLTE対応は予定していないとのこと。

 SIMスロットの片方はmicroSDスロットにもなっているため、2枚のSIMカードとmicroSDは同時に利用できない。

 海外ではスペースグレイ、モカブラウン、セラミックホワイトの3色もラインアップしているが、日本版はムーンライトシルバーとシャンパンゴールドのみ。

 5.5型(2560×1440ピクセル)液晶、6GBメモリ、256GBストレージを搭載し、米GoogleのVRヘッドセット「Daydream View」に対応する、さらにハイスペックな「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 9」は、日本では発表されなかった。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon